最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【オピニオン】ペルーの裁判所は、ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロス、ロックフェラー家がコロナ・パンデミックを「生み出した」という司法判断を下す

ビル・ゲイツ氏は、同氏が主張していたよりもジェフリー・エプスティーンとより親しい間柄だったことが判明−NYタイムズが報じる

ジェフリー・エプスティーン(中央)のNYの豪邸を訪問したビル・ゲイツ氏(Photo via NY Times)

この記事をシェアする

イーサン・ハッフ筆|2021年1月29日|Pandemic.News掲載

 

地球上で最も邪悪な存在の3人が、世界を支配するために武漢コロナウイルス(COVID-19)を生み出すために共謀したとして、先日、ペルーの裁判所で有罪判決を受けた

 

ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロス、そしてロックフェラー一族の数人のメンバーは、このチャイナ・ウイルスの発生と拡散に責任があるとみなされた。このウイルスは、何万もの中小企業を破綻に追い込み、この世界を最悪の状況に永遠に変えてしまった。

 

チチャおよびピスコ刑事控訴裁判所は、かつてないほど恐ろしいチャイナ・ウイルスが、「世界の犯罪者エリート層」——そのほとんどが世界の人口減少を頭に描いているビリオネアーたち——による産物であるという判断を下した。

 

これらの被告は不服申し立てをしようとしたが、ティト・ガイェゴ判事、ルイ・レヒア判事、そしてトニー・チャンガレイ判事は、この「パンデミック」が「予想不可能な」性質であるという理由から、(不服申し立ての受理を)延期していた。

 

しかし、武漢コロナウイルス(COVID-19)の創造主とされる彼ら——「その生成に関与し、彼らの置かれた状況で特別な秘匿性を持ってそれを管理し続けている彼ら——が全く影響を受けていないということは、一般の人々にとっても予想可能であった。

 

事実、ビル・ゲイツは、一度たりともマスクをつけているところを目撃されたことがなければ、彼はワクチン接種を受けるつもりもない。しかし彼は今、武漢カゼに対する「安全」と「防御」のために他の全員に対してワクチン接種を無理やり押し進めている。

 

「世界のどの政府も、個人も、法人組織、そして被告の弁護人も、このパンデミックが先を見通すことができる性質のものであると主張することはできない。しかし、ビル・ゲイツやジョージ・ソロス、ロックフェラー等の新世界秩序の創造主は例外である」と、判事たちはその判決文の中で記している。この判決文はLP Lawポータルに掲載された。

 

ビル・ゲイツ、ジョージ・ソロス、ロックフェラー一族を処罰する時だ

 

彼らペルーの裁判所判事たちの判決文について、誰も行間を読み解く必要がない(それほど明白だ)。この「プランデミック(計画されたパンデミック)」は、この世界にかつて登場した中で最悪の犯罪者たちによって生み出された詐欺行為以外の何物でもない。彼らの多くは、莫大な資金をもち、そして大量虐殺に執着心を持っている。

 

一点の疑いもなく、ゲイツたちが武漢コロナウイルス(COVID-19)を邪悪な目的のために出資し作り出した——または、裁判所の表現を引用するならば、チャイナ・ウイルスは「世界を支配する犯罪者エリートによって生み出された」。

 

この判決文は、ビリオネアーの資本家でグローバリストの煽動者ジョージ・ソロス、マイクロソフトの共同設立者ビル・ゲイツ、そして全ロックフェラー一族を具体的に名指しし、犯罪者としてその名前を挙げている。彼らは、「新世界秩序」にまっしぐらに向かうよう、このウイルスを「管理」し「継続して指示を出している」ことに有罪であると名指しされている。

 

もし我々米国の刑法制度が同様のアプローチをとっていたならば、我々はようやく全てのロックダウン、マスク着用、そして何百万人という我々国民たちを洗脳している迷信的な強迫観念に終わりを告げることができていただろう。さらに嬉しいことに、我々は、ついにゲイツ一味を彼らの人道に対する多くの犯罪行為で裁判にかけ、彼らをその罪に応じて処罰することができていただろう。

 

しかし正義の裁きを受けることなく、ゲイツはすでに次の「プランデミック」を計画しており、彼の発言をまともに信じている人たちに対して、これは戦争だと警告している。

 

「私たちはまた不意を突かれるわけにはいかない。昨年の困難な状況が再び起きるのを避けるために、私たちは戦争の脅威に対するのと同様の深刻さで、パンデミックへの準備体制を考えなければいけない」と、不機嫌な泣き言ばかりを言うオタク男は発言している。

 

ゲイツが問題なのは、この戦争における「敵」は彼だということだ。私たちは全員で、自分たち集団の利益のために、協力して彼を排除するべきである。

 

右であろうと、左であろうと、その間のどこにいようと、アメリカ国民は全員、ゲイツと彼の共謀者たちを少なくとも永遠に鍵をかけて動かなくすることに利害関係がある。しかし真実は、彼らはもっと深刻な処罰を受けるべきだということだ。遠くないいつの日か、彼らが報復を受けて収監されることを願う。

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。