ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【動画】バイデン政権が発足1ヶ月もたたずに私たち家族にしたこと・・・

【動画】バイデン政権が発足1ヶ月もたたずに私たち家族にしたこと・・・

動画を投稿した母親(Screenshot via Rumble)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/ge5lL (『https://』は省略可能です)

勇気ある1人の母親が、バイデン政権を批判する動画をネットに投稿し話題となっている。

 

この動画には、「バイデン政権が発足1ヶ月もたたずに私たち家族にしたこと・・・」というタイトルが付けられており、2月11日(木曜)にネット上に投稿された。保守系ニュース・サイトも早速この動画を取り上げている。

 

以下はその動画:

 

 

1型糖尿病の息子を持つ母親が、バイデン政権になって初めて薬局でインスリンを購入した直後にこの動画は撮影されている。彼女の息子は、血糖値を抑えるために毎月1箱、インスリンを使わなければ生きていけないという。彼女の家族はなるべく炭水化物を食べないようにしているため、彼女の息子は大体1ヶ月に1箱で足りている。しかしこうしたインスリンを必要とする生活が一生続くという。人によっては、このインスリンを1ヶ月に何箱も必要とするとも彼女は語っている。

 

この日、彼女がいつもの薬局にインスリンを購入するためにやってくると、薬剤師から「この薬は本当に高価になったから(あなたが本当に買うのか分からなくて)、購入予約を無効にしておいたんです」と言われたという。

 

そしてこの母親は次のように状況を説明している(動画開始後1:30から4:53あたりまで):

2020年、トランプ政権の時、我が家のインスリン支出は、1箱60ドル(約6000円)になった。この箱よ。

 

そして今回、バイデン政権が発足してから初めて、処方されたインスリンを購入したのだけれど、もしあなたがバイデンに投票したのなら、私は今日、あなたたちに怒りを覚えるわ。

 

薬局の窓口に行ったら、「この薬は本当に高価になったから、購入予約を無効にしておいたんです」と言われたわ。私はこの薬剤師はとてもいい人だと思っているけど、私たちにどうしろって言うの?(苦笑い)今回は買うの止めとくわ、とでも言って欲しいわけ?私たちにとってインスリンの購入をパスするなんて選択肢はないのよ!私たち家族は逃げ場がないのよ・・・(中略)・・・

 

私が今日、この一箱のインスリンにいくら払ったと思う?328ドルよ!(約3万3000円)このたった一箱のために。息子にとって1ヶ月分でしかないこの一箱に。しかもこれは製薬会社からのクーポンを使って値引きしてもらった値段なのよ。クーポンがなかったら、私はいくら払わないといけないと思う?500ドルよ!私の息子の命を救うためのこのインスリン1箱を購入するのに、私たち家族は500ドルを払わないといけなくなった。製薬会社にとって製造コストは数セントしかかかっていないのに!

 

みなさんが、「かわいそうに」、って同情の言葉を言うのが想像できるわ。だけど「かわいそうに」だけじゃどうにもならないのよ。

 

もしあなたたちが、これがバイデンが行った政策で単に私たち家族にだけ起こった出来事だと思ってるとしたら、あなたたちは相当、目が見えてないわ。なんにも見えてない!彼は腐敗まみれよ!何万人もの人々の暮らしを犠牲にしている!

 

こんなのは私の大統領じゃない。

 

彼は邪悪な男。邪悪、邪悪な男よ。

 

あなたたちに私の手を取って一緒に泣いて欲しくなんかない。私はあなたたちにも一緒に腹を立てて欲しい。このことに怒って欲しい。

 

(残り省略)

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。