ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【リーク動画】マーク・ザッカーバーグ氏:「新型コロナ・ワクチンは人のDNAとRNAを書き換える」と語り長期的な健康リスクを警告

【リーク動画】マーク・ザッカーバーグ氏:「新型コロナ・ワクチンは人のDNAとRNAを書き換えるため長期的なリスクがある」と語る

プロジェクト・ベリタスの代表者ジェームズ・オキーフ氏(右)(Screenshot via Project Veritas)

この記事をシェアする

プロジェクト・ベリタスは、2月16日(火曜)、フェースブックのマーク・ザッカーバーグCEOが新型コロナ・ワクチンについて懐疑的な意見を語る動画を公開した。この動画は「勇敢なフェースブック内部の人間が提供した」とプロジェクト・ベリタスは報じている。新型コロナ・ワクチンについてその効果や安全性を疑う意見を投稿することは、フェースブックの利用規約違反である

 

プロジェクト・ベリタスは、企業や政府組織内部に潜伏取材を行ったり内部告発者たちから情報を入手して報じるジャーナリスト集団。先月、ツイッターのジャック・ドーシーCEOや幹部たちが参加した社内会議の動画をリークしていた他、フェースブックのザッカーバーグCEOやその他の上級幹部たちが行っていた社内会議の動画もリークしていた。

 

そして今回新たにプロジェクト・ベリタスが公開した動画が以下である:

 

ミラー動画:

 

 

この動画でザッカーバーグ氏が語っている発言の要旨を、プロジェクト・ベリタスは次のように報じている:

・フェースブックのCEOであるマーク・ザッカーバーグが2020年7月に行った発言:「しかし、私はこれ(ワクチン)についてある程度の警告を共有しておきたい。なぜなら、基本的に人々のDNAやRNAを変更させることの長期的な副作用について・・・基本的にこれら抗体を生成する能力や、それが他の変異や将来的なその他のリスクを引き起こすかについて、私たちは分からないからだ。つまり、ワクチン開発の両方の道筋において、やらなければいけない作業がある」。

 

・2020年11月にDr.ファウチと行った公開ライブ配信の中で、ザッカーバーグは異なる見解を述べた:「一つの点を明確にしておきたい。これらワクチンは、みなさんのDNAもRNAも変更しないというのが私の理解です。これは明確にしておくべき重要なポイントです」。

 

・フェースブックは、先週、「フェースブックとインスタグラム上で、パンデミック中にCOVID-19、COVID-19ワクチン、そしてワクチン一般についての誤った主張を削除する活動を拡大する」と発表した。

 

フェースブックは、ワクチンが人々のDNAを変化させるという主張を削除すると発表した。

 

・フェースブックは、人々に今のパンデミックに関係する「個人的な体験、意見、そして視点を議論し共有」して欲しいと語ってはいるが、彼ら自らのCEOが表明したワクチンに対する懸念は、同社プラットフォーム上から削除するつもりである。

(下線はBonaFidr)

 

プロジェクト・ベリタスの代表、ジェームズ・オキーフ氏は、この動画の中で次のように語っている:

ザッカーバーグは、これ(リークされた動画の中で語っていること)を投稿すれば、フェースブックから利用禁止にされるだろう。

 

実際、フェースブックのCEOが語っている様子(この動画)を私が投稿したら、私がバンされる可能性がある。なぜなら、彼は(動画の中で)フェースブックのポリシーに違反しているからだ。これはちょっと偽善的な現行不一致だと思わないか?

 

* * *

 

そして実際、このザッカーバーグCEOのリーク動画を早速インスタグラムに投稿したピート・エバンス氏は、アカウントが凍結された。

 

有名シェフであるピート・エバンス氏は、自身のインスタグラムで27万7000人以上のフォロワーがいた。エバンス氏はこれまでにも新型コロナ(武漢ウイルス)について懐疑的な意見を投稿しており、マスク着用を強制する政策や、ロックダウン、人々にワクチン接種を強要する政策を厳しく批判していた。

 

エバンス氏によると、プロジェクト・ベリタスが報じたこのザッカーバーグCEOのリーク動画を自身のインスタグラムに再投稿したところ、アカウントが凍結されたという。

 

以下はエバンス氏がテレグラムに投稿したインスタグラムの画像。アカウントが利用停止になったと表示されている:

 

フェースブックは、有名シェフであるエバンス氏のインスタグラム・アカウントを凍結したことを認めた上で、次のように声明の中で記している:

我々は、ピート・エバンスがコロナウイルスやワクチンについて虚偽であることがすでに暴かれている主張を繰り返し共有したために、彼のアカウントを排除した。我々は誰であろうとも、差し迫った身体的危害を引き起こす可能性があるCOVID-19についてのデマ情報や、公衆衛生の専門家たちによりすでに虚偽であることが暴かれているCOVID-19ワクチンに関するデマ情報を共有する行為を許さない。

 

フェースブックは、今回ピート・エバンス氏のインスタグラム・アカウントを凍結したが、彼のフェースブック・ページについては昨年12月にすでに削除している。その時の削除理由も、コロナウイルスに関するデマ情報ポリシーに違反したというものだった。

 

先週、フェースブックは世界保健機関(WHO)と相談した結果、新型コロナワクチンには効果がないであるや、COVID-19(武漢ウイルス)は人工的に作られたという主張を投稿することを禁止する新たなデマ情報対策ルールを導入したばかり。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。