ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【ラスムセン世論調査】米・有権者の54%がジョー・バイデンは左翼の「操り人形」と回答

【世論調査】米・有権者の54%がジョー・バイデンは左翼の「操り人形」と回答

2021年1月20日の大統領就任式で宣誓するジョー・バイデン(Photo via Official White House Photo by Chuck Kennedy)

この記事をシェアする

ジョー・バイデンが大統領に就任してから1ヶ月も経たず、全米の有権者の過半数がジョー・バイデンは「過激な左翼の操り人形」と考えているという世論調査結果を、ラスムセンが2月19日(金曜)に発表した

 

ラスムセン・レポートが新たに実施したこの世論調査は、2021年2月16・17日に、電話とオンラインで全米1000人の有権者たちに対して行われた。

 

その結果、全米の有権者たちの54%が、次の設問に同意すると回答した:

ジョー・バイデンは、彼ら(民主党やメディア)が言っていたような穏健派のナイスガイではない。彼は過激な左翼の操り人形である。

 

回答者たちの40%はこの設問に同意しないと回答した。サンプリング誤差は+/-3%。

(この世論調査の設問は、ここで閲覧できる。)

 

* * *

 

一方、オーストラリアのSky Newsの番組ホストであるコーリー・バーナーディ氏は、2月19日の番組内で、「自由世界のリーダーが、ここまで認知機能に障害があったことはかつて一度もない」と語った。この時の動画はここで視聴できる

 

さらに、「少なくとも米国大統領のジョー・バイデンは認知症を患っているというのは私には明らかだ。明らかに彼は自ら宣誓した職務を遂行できない」と語っている。

 

選挙キャンペーン中からすでにこのことは「歴然としたもの」であったが、「党派が偏り、有害な」主流メディアは、「バイデン勝利を妨害」することになりうるものは何も報じない選択を取ったともバーナーディ氏は語った。

 

「彼が就任を果たした現在ですら、彼らの多くはいまだにバイデンが遂行能力に欠如しているという真実について語ることを拒否している」。

 

最近、ジョー・バイデンが出演したCNNの「大統領との対話集会」についても、主流メディアは彼の数々の失言については報じず、「消毒された(=秘密にするべき情報を取り除いた)」映像だけを放送しているとバーナーディ氏は辛辣だ。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。