最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

FBIが圧倒的に腐敗していることを示す証拠が機密解除される——「恐ろしくゾッとする」とデビン・ニューネス下院議員がFOXに語る

FBIが圧倒的に腐敗していることを示す証拠が機密解除される——「恐ろしくゾッとする」とデビン・ニューネス下院議員がFOXに語る

デビン・ニューネス下院議員(Screenshot via FOX News)

この記事をシェアする

新たに機密が解除されたFBIの文書は、2016年のロシアゲート疑惑捜査の初期において、FBIの情報源の人物がマイケル・フリン国家安全保障担当補佐官(当時)について虚偽のでっちあげを行っていたことを明らかにした。また、FBIがトランプ陣営に対して行っていたスパイ行為が、当初考えられていたよりもずっと広範囲に渡ることも明らかにした。米下院情報特別委員会で共和党の最有力議員であるデビン・ニューネス下院議員(カリフォルニア州選出)が、2月28日(日曜)FOXニュースに出演して語った。

 

ニューネス下院議員が出演したFOXニュースの番組動画はここで視聴できる

 

ニューネス議員は次のように語っている:

これ(機密解除された資料)を読むと、恐ろしくてゾッとする。こう想像してみてください。自国の政府にスパイされ、そしてそのスパイが、誰かれかまわず山ほど嘘をでっちあげるのです。・・・

 

彼らはフリン(退役)中将を罠にはめた。

 

FBIが腐敗していることを証明するこれらの圧倒的証拠は、トランプ前大統領がホワイトハウスを去る1週間前に機密解除されていたが、一般にはまだ公開されていなかった。しかしその資料を独自に入手し、その内容をまとめた記事を、有名ジャーナリストのジョン・ソロモン氏が、2月25日に自身が運営するニュースサイトJust The Newsに掲載している。ニューネス下院議員も、ソロモン記者の報道により機密解除されたFBI資料の内容を知ったようだ。(調査報道を行うジョン・ソロモン記者については、本サイトでもこれまでたびたび紹介してきた。)

 

ゲートウェー・パンディットは、ジョン・ソロモン氏が報じたこの記事について次のように紹介している

支持政党に関係なく、アメリカ国民であれば、FBIの腐敗を示す新たな証拠(圧倒的な証拠)を鑑みて、怒りの叫び声を上げるべきだ。ドナルド・トランプがワシントンDCを去る1週間前に機密解除されたFBI文書の内容について、もしあなたがジョン・ソロモン氏による最新の暴露記事を読んでいないのであれば、時間を割いて読む必要がある。

 

2016年の大統領選挙で民主党からの候補者だったヒラリー・クリントンを助けるという目的のためだけに行われた、このトランプ陣営に対するスパイ作戦、通称「クロスファイヤー・ハリケーン」で、鍵を握る重要スパイの役を果たしたのはステファン・ハルパーであるとジョン・ソロモン記者は記している。(ステファン・ハルパーの義理の父親は、1970年代にCIAの高官だった人物でありスパイ一家):

ハルパーは、アメリカ人の外交政策研究者であり、ケンブリッジ大学でシニア・フェローだった(現在は引退)。同大学で、彼はマグダレン・カレッジの終身フェローである。彼は、ニクソン政権、フォード政権、そしてレーガン政権でホワイトハウス高官を務めた。そして、「ディベート・ゲート」として知られる、1980年にロナルド・レーガン大統領選挙陣営が行ったスパイ工作を担当したと報じられている。何十年間にもわたるCIAでの勤務を通して、ハルパーはブッシュ一族と深いつながりを持っている。リチャード・ビリング・ディアラブ卿と共に仕事をしたことを通じて、彼は英国の諜報サービス機関であるMI6ともつながりを持っている

(太字強調はBonaFidr)

 

そして冒頭で紹介したデビン・ニューネス下院議員は、次のようにインタビューを締めくくっている:

アメリカ国民は、いずれ真実を知ることになるだろう。そして(この違法なスパイ工作に関与したFBIの)誰かが起訴されることを望む。

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。