ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

テキサス州マッカレン空港で現金の詰まった同じ茶封筒を手にした不法移民グループが飛行機に搭乗・・・彼らに現金を支給しているのは誰?

テキサス州マッカレン空港で現金の詰まった同じ茶封筒を手にした不法移民グループが飛行機に搭乗・・・彼らに現金を支給しているのは誰?

現金の入った茶封筒を持って飛行機に搭乗する不法移民親子(Photo credit: James Klüg)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/ygKWP (『https://』は省略可能です)

Newsmaxのジェームズ・クルッグ氏は、茶封筒を持ったメキシコ人女性と彼女の赤ん坊が写った写真を3月27日(土曜)ツイッターに投稿した。

 

クルッグ氏が投稿したツイート:

【訳】テキサス州マッカレン空港から出発するフライト——80%が不法移民によって埋まっている:この女性は、スペイン語を話す私の情報提供者に対して、彼女は裁判所への出頭日が言い渡されなかったと語った。

 

彼女には、「どうか私を助けてください。私は英語が話せません」と印刷された封筒と、2500ドル(約26万円)が渡された。

 

彼女は、友人が彼女たちの航空チケットを払ってくれたと言うよう厳格な指示を受けていた

 

慈善団体または教会がお金を払ってくれたのかと質問すると、彼女はNoと答えた。

(太字強調はBonaFidr)

 

不法移民たちに現金や航空チケットを支給し、しかもその事実を隠蔽するために「友人が払ってくれた」と言うよう彼女たちに指示している黒幕は誰なのか?

 

一方、調査報道を行っているプロジェクト・ベリタスは、「新型コロナ・パンデミックの最中にあって、(米国内で)性犯罪の履歴がある外国人犯罪者たちが米国への再入国を試みる件数が最高を記録している」と記す政府文書を入手した。米税関・国境警備局(CBP)の内部告発者が、このリークされた政府文書は本物であるとプロジェクト・ベリタスに認めている。

 

このことについて報じるプロジェクト・ベリタスの告発動画:

 

リークされた政府文書には次のように記されている:

このこと(性犯罪者との遭遇件数)は2021年会計年度に入って増加を続けている。2020年10月〜2021年2月までで214件の遭遇件数。これら5カ月間は、過去5年と比べてすでに最大の遭遇件数を記録している。

 

プロジェクト・ベリタスに証言した米税関・国境警備局(CBP)の職員は、次のように語っている:

国境で、何件かの性的暴行事件の直後に私たちは遭遇した・・・そして犯人を逮捕、または性的暴行の被害者である(不法)移民を救助した。・・・

 

1人の男は、少女に対して彼が行った全ての性的行為を記録しているノートを持っているところを逮捕された・・・(犠牲者の)少女たちが何をしたか、彼女たちが誰なのか、彼女たちの名前や年齢・・・

 

私は(不法移民が)死亡するところも目撃した・・・19歳の少女がフェンスから落下し、頭を打った。彼女は、私が応急処置をしている最中、私の腕の中で亡くなった。

 

3月30日(火曜)、共和党の上院議員たちは、テキサス州の国境で撮影された未公開動画を公表している。(バイデン政権の政府関係者は、南部国境を訪問した共和党の上院議員たちに対して、移民収容施設で議員たちが撮影した写真を削除するよう要請したことが3月27日に報じられている。)

 

上院共和党議員連盟公式ツイートが投稿した動画:

【訳】独占の未公開動画。

 

米国上院議員たちのリアルタイムの反応。

 

上院共和党議員連盟フィルムは、真実を明らかにするために米国・メキシコ国境に現地入りした。

 

国境危機 // エピソード1

 

ストリーミング中

 

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。