ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ジョン・ケリー気候特使、国務長官時代にイスラエルによる攻撃に関する機密情報をイランに漏洩か?——音声データがリークされるも本人は疑惑を完全否定

ジョン・ケリー気候特使、国務長官時代にイスラエルによる攻撃情報をイランに漏洩か?——音声データがリークされるも本人は疑惑を完全否定

ケリー国務長官(当時)とザリフ外相|2015年10月29日オーストリアで撮影|Photo: State Department Photo/Public Domain

この記事をシェアする

オバマ政権で国務長官だったジョン・ケリー氏が、イランの標的に対してイスラエルが何件の攻撃を行っていたかをイランのモハンマドジャバド・ザリフ外相に伝えている様子を録音した音声データがメディアにリークされた。この報道を受け、4月26日(月曜)、ジョン・ケリー気候特使は疑惑を完全否定するツイートを投稿した。

 

【訳】(ジョン・ケリー氏のツイート)

この報道、及びこれらの疑惑は、明らかに虚偽であると私は断言できる。私が国務長官だった時も、それ以降も、このようなことは一度もない。

 

(引用ツイート:ワシントンポスト紙のレポーターの投稿)多くの保守派たちは、リークされた音声データを根拠に、シリアにある200箇所のイランの標的に対してイスラエルが隠密攻撃を行ったことについてジョン・ケリーがイランと議論したことを非難している。国務省の報道官は、これらの攻撃は同地域における政府(つまりイスラエル)によってすでに情報公開されていたと指摘している。

(太字強調はBonaFidr。)

 

ジョン・ケリー気候特使がツイートで引用したこのワシントンポスト紙のレポーター、ジョン・ハドソン氏は、イスラエルがシリアにあるイランの標的200箇所に対して攻撃を行ったことを、イスラエルの政府関係者が語っていることを報じる2018年9月のロイター通信の報道を引用している。

 

しかし、ケリー国務長官(当時)がイランのザリフ外相に情報公開したのが、イスラエル政府による情報公開の前に行われたのか、それとも後に行われたのかは不明であるとエポックタイムズ(英語版)は報じている

 

共和党の有力議員たちは、ケリー国務長官(当時)の音声データがリークされたことを受けて、現在の気候特使を辞任もしくは解任されるべきであると声明を発表している。

 

フロリダ州選出のリック・スコット上院議員による声明:

【訳】ジョン・ケリーが関与するこれらの疑惑は、深く憂慮すべきものである。もしこれが真実であれば、彼は辞任しなければいけない。私の声明全文は次の通り:

 

(添付された声明)

私は、イランは信頼できないとはっきり言ってきました。イランが世界有数のテロ支援国家であることを忘れてはいけません。しかし、ジョン・ケリーが関与した今回の疑惑は深く憂慮すべきものであり、直ちに説明されなければいけません。真実が明らかになるまで、バイデン大統領はジョン・ケリーを国家安全保障情報へのアクセスやブリーフィングから排除しなければいけません。もしこれらの疑惑が真実であれば、彼は辞任しなければいけない。何よりも、失敗に終わったイラン核取引に米国が再参入することが1秒たりとも許されない理由がはっきりと示されています。私たちは、偉大な同盟国であるイスラエルを支持し、イラン政府に対する厳しい制裁を維持しなければいけない。

 

ダン・サリバン上院議員(アラスカ州選出・共和党)による投稿:

【訳】ニューヨークタイムズ紙他は、ジョン・ケリーがイスラエルによるイランに対する隠密作戦情報を開示したと報じている。イランは最大のテロ支援国家であり、その手は何千人もの米兵の血で染められている。

 

もしこれが真実なら、それは売国行為であり、ケリーは辞める必要がある

(太字強調はBonaFidr。)

 

エリス・ステファニック下院議員(ニューヨーク州選出・共和党)による投稿:

【訳】これは犯罪行為であり、ジョン・ケリーは直ちに調査され、訴追されなければならない。

 

バイデン大統領は、ジョン・ケリー氏をいかなる政府や顧問の地位から直ちに排除しなければいけない。

(原文の大文字強調を太字強調で表示。)

 

ジョン・ケリー気候特使もイランの外務報道官も、リークされた音声データの真偽についてはコメントしていない。イランの外務報道官は、4月26日(月曜)、各社報道機関は同国外務大臣と行われた7時間にも及ぶインタビューを一部抜粋したものだけを報道していると語っている

 

リークされた音声はここで聞くことができる:

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。