ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

トランプ前大統領が新たなコミュニケーション・プラットフォームを立ち上げる——フェースブックは明日トランプ前大統領による同社プラットフォームの利用再開を許可するかを判断

トランプ前大統領が新たなコミュニケーション・プラットフォームを開始—フェースブックは明日トランプ前大統領による同社プラットフォームの再利用を許可するかを判断

Screenshot via DonaldJTrump.com/desk

この記事をシェアする

トランプ前大統領は、米国時間の5月4日(火曜)、新たなコミュニケーション・プラットフォームを立ち上げた。FOXニュースが同日、独占ニュースとして報じた。

 

約4ヶ月前にツイッターやフェースブックなどの大手SNS企業に利用禁止にされて以来、トランプ前大統領は恣意的なSNS運営企業のリスクにさらされることなく、ようやく彼の支持者たちと直接コミュニケーションを取ることができる手段を手に入れることになる。

 

「ドナルド・J・トランプの机から(From the Desk of Donald J. Trump)」と呼ばれるこの新たなコミュニケーション・プラットフォームは、ここでアクセスすることができる:www.DonaldJTrump.com/desk 

 

このプラットフォーム上でトランプ前大統領はコメントや静止画像、そして動画を投稿することができる。

 

この日、トランプ前大統領が投稿した動画には、次のメッセージが表示されている:

沈黙・・・

 

そして嘘の時代に

 

自由のためのビーコン(道しるべ)が登場。

 

自由にそして安心して発言できる場所

 

ドナルド・J・トランプの机から直接

(赤字強調は原文のまま。)

 

FOXニュースはさらに次のように報じている:

この技術は、トランプ氏の元キャンペーンマネージャーであるブラッド・パースケール氏が開発した「Campaign Nucleus(キャンペーンの核)」——「政治キャンペーンやその組織を効率的に管理するために作られたデジタルエコシステム」——を利用しているようだ。

 

このプラットフォーム上でトランプ氏は投稿を行うことができ、そしてフォロワーは元大統領の投稿をツイッターやフェースブックでシェアすることができる。しかし、この新たなプラットフォームには、ユーザーがトランプ氏の投稿に「返信」したり、交流したりする機能はついていない。

 

「これはただ一方通行のコミュニケーションです。このシステムは、トランプ氏が自分のフォロワーたちとコミュニケーションをとるためのものです」と、このプラットフォームに詳しい1人の関係者はFoxニュースに語っている。

 

トランプ氏の新しいプラットフォームが表面化したのは火曜日であるが、以前から、トランプ前大統領は自身のSNSを立ち上げることを「前に進める」予定であるとアドバイザーたちがFOXニュースに対して語っていた。トランプ前大統領は、国会議事堂で暴動が発生した後、フェースブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブ、スナップチャットから利用禁止にされている。

 

奇遇にも、トランプ前大統領がこの新たなプラットフォームを立ち上げた翌日の5月5日(水曜)には、フェースブックの監督委員会が、トランプ氏をフェースブックおよびインスタグラム上で無期限の利用停止にするかどうかの決断を発表する予定となっている。左派メディアのCNNは、5月4日(火曜)に「フェースブックによるトランプを再許可することに関する決断は、人々を激怒させることになるだろう」というクリストファー・ベイル氏のオピニオン 記事を掲載している。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。