ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

バイデン政権関係者、アリゾナ州の選挙監査に介入するよう求める司法省への働きかけに直接関与——トランプ前大統領はミシガン州とウィスコンシン州の州議会上院が選挙監査をしないことに怒りの投稿

バイデン政権関係者、司法省にアリゾナ州の選挙監査に介入するよう要請する働きかけに直接関与ートランプ前大統領はミシガン州とウィスコンシン州の州議会上院が選挙監査をしないことに怒りの投稿

オバマ政権でエボラ対応コーディネーターを務めたロン・クライン氏(左)。現在、バイデン政権で大統領首席補佐官を務める| 2014年10月24日撮影|Official White House Photo by Pete Souza

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/FyF0O (『https://』は省略可能です)

ジョー・バイデンと彼の政権関係者たちは、アリゾナ州マリコパ郡で行われている2020年大統領選挙の監査を停止させようとする動きに直接加わっていることが明らかとなった。ジョー・バイデンの右腕であるホワイトハウスのロン・クライン首席補佐官、その娘であるハンナ・クライン氏が、アリゾナ州で行われている選挙監査に連邦政府の監視員を派遣するよう司法省に働きかける書簡に共同署名していたと、保守系ニュースサイトのブライトバート・ニュースが5月7日(金曜)に報じた

 

この書簡は、先週、司法省に監査作業に介入するよう、3つの民主党系の非営利組織から送付されていたもの(詳細はここで報じた)。

 

この書簡に、バイデン政権の首席補佐官の娘が共同署名を行っていたことが判明した。ハンナ・クライン氏は、民主党の「ローフェア・グループ」(法律を悪用して敵と戦う組織)と言われるこれら3つの非営利組織の1つ、ブレナン・センターを代表して署名していた。

 

ブライトバート・ニュースは次のように報じている

ジョー・バイデン大統領の強力な参謀であるロン・クライン氏、彼の娘であるハンナ・クライン氏は、最近、マリコパ郡で行われているアリゾナ州上院による2020年大統領選挙の監査を監視するために、連邦監視員を派遣するよう司法省に求める書簡に署名した。

 

「ブレナン・センター・フォー・ジャスティス」、「リーダーシップ・カンファレンス・エデュケーション・ファンド」、「プロテクト・デモクラシー」の3つの組織が送付したこの書簡は、先週司法省に送られたものであり、監査員たちが 「連邦の投票法や選挙法に対して継続的かつ差し迫った違反行為を行っている」と懸念を表明している。

 

一方、アリゾナ州議会上院の召喚状を無視して、選挙で使われたルーター機器を監査チームに提出することを拒否しているマリコパ郡関係者たちであるが、もし彼らが州議会上院に提出しなければ、マリコパ郡の選管責任者たちに生の証言をさせるための召喚状を発行すると、上院が5月7日(金曜)に伝えた。州議会上院の代理を務める弁護士が、マリコパ郡関係者に送信したeメールの中で、次のように伝えている:

(州議会)上院は、ルーターとパスワードの問題に関する郡の説明が不十分であり、間違っている可能性があると考えている。我々はそのことを伝えるように言われている。

 

このようにアリゾナ州マリコパ郡では、2020年大統領選挙の監査が妨害工作を受けながらも進められているが、同じように昨年の選挙で接戦州となったミシガン州やウィスコンシン州では、州議会上院がアリゾナ州のような監査を行っていないことに対して、5月7日(金曜)、トランプ前大統領が「ドナルド・トランプの机から」上で不満のメッセージを投稿している。

【訳】11月4日の朝6時31分、ミシガン州に14万9,772票もの票が一気に持ち込まれた。バイデンはそのうちの96%の票を獲得し、同州ではバイデンが奇跡的に勝利した。ミシガン州上院は、2020年不正大統領選挙の検証をまだ始めていないのか?あるいは彼らはこれから始めようとしているところなのか?もしそうでなければ、彼らはオフィスから追い出されるべきだ。同様に、午前3時42分、ウィスコンシン州では14万3,379票もの票が一気に持ち込まれ、ここでも奇跡的にバイデンが勝利した。これらの「票」はどこから来たのか?これらはどちらも州の選挙を変える出来事であり、他の汚職に加えて起こったことだ。さらにはこれら両州は、(選挙プロセスの変更に)合衆国憲法で定められている立法府(州議会)の承認を得ていないという事実もある。

(原文の大文字強調を太字で表示。)

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。