ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ジョージ・ソロス氏、破綻したアルケゴスの投資先関連株を大量に購入——ブルームバーグ通信

ジョージ・ソロス氏、破綻したアルケゴスの投資先関連株を購入=ブルームバーグ通信

左からビル・グラハム氏、ジョージ・ソロス氏、ブレイク・ゴールドリング氏、ジェレミー・フリードマン氏 |2010年11月23日撮影|Photo via Flickr

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/wBpHc (『https://』は省略可能です)

ジョージ・ソロス氏のファンドであるソロス・ファンド・マネジメントは、バイアコムCBS【VIAC.O】、ディスカバリー【DISCA.O】、そしてバイドゥ【9888.HK】などの株式を大量に購入した。これらの株は、ビル・ホワン氏が管理するアルケゴス・キャピタル・マネジメントの破綻により大量に売り浴びせられていた。ブルームバーグ通信が米国時間の5月15日(土曜)に報じた

 

ソロス・ファンド・マネジメントは、1億9400万ドル分のバイアコムCBS株、7700万ドル分のバイドゥ株、4600万ドル分のVipshop Holdings Ltd.株【VIPS.N】、そして3400万ドル分のテンセント・ミュージック・エンターテイメント・グループ株【TME.N】を第1四半期に購入したとブルームバーグは報じている。情報源は、5月14日(金曜)に公開された規制当局へのファイリング。

 

アルケゴスが破綻する前、ソロス・ファンド・マネジメントは、アルケゴスが投資するこれら株式は保有していなかったと、ソロス・ファンドの取引を知る人物はブルームバーグに語っている。

 

【関連記事】

破綻したアルケゴスはなぜ詐欺疑惑のあるチャイナ企業に次々と多額の投資をしていたのか?

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。