ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

タイ政府の諜報機関が武漢での「生物学的異常」をいち早くキャッチし米CDCとファウチ所長に連絡していた=FOXニュース——ジョー・バイデンは90日以内に報告書を提出するよう諜報機関に要請

タイ政府の諜報機関が武漢での「生物学的異常」をいち早くキャッチし米CDCとファウチ所長に連絡していた=FOXニュースーージョー・バイデンは90日以内に報告書を提出するよう諜報機関に要請

タッカー・カールソン氏(Screenshot via FOX News)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/CvjxJ (『https://』は省略可能です)

FOXニュースの人気ホストであるタッカー・カールソン氏は、5月24日(月曜)に放送された自身の番組内で、タイ政府の諜報機関が武漢ウイルス研究所の近くで「生物学的異常」が発生していることをいち早くキャッチし、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)とアンソニー・ファウチ所長に連絡を取っていたと語った。

 

この夜の番組で、カールソン氏は、新型コロナウイルス(武漢ウイルス)が研究所から漏洩した可能性があることについて、トニー・ファウチ所長、世界保健機関(WHO)、そして主流メディアが1年以上にもわたって嘘をつき続けてきたと糾弾した。(「トニー」は「アンソニー」の略称。)

 

この番組動画:

 

 

ウォールストリートジャーナル紙が5月23日(日曜)に報じた最新の米国インテリジェンス報告書では、2019年11月に、すでに武漢ウイルス研究所の3人の研究者たちが入院を要する深刻な病に陥っていたことを把握している。この報道に触れながら、カールソン氏は次のように語っている:

チャイナ政府が人類史上最悪の人災を引き起こした可能性が高いことは、今の時点でほとんどすべてのまともな人が認めている。・・・

 

ファウチ自身の雇用主である米国政府は、彼が人生をかけて闘っているウイルスが食品から発生したものではなく、トニー・ファウチがアメリカ国民の税金を投入してきたまさにその生物研究所から逃げ出したものであるという有力な証拠を公表した

 

しかし、なぜかトニー・フォーチはこのことを知らなかった・・・そんなことを私たちは本当に信じられるだろうか?これらのチャイニーズの研究者たちが世界初のコロナ患者となったちょうどその頃、タイ政府からCDCとトニー・ファウチのオフィスに連絡が入り、タイの諜報機関が武漢の研究所周辺で『生物学的な異常』を発見したと告げていたのだ。つまり、(研究所からの)漏洩があったのだ。

 

フランスやオーストラリアをはじめとする複数の同盟国政府が、チャイナの研究所からウイルスが流出したことを示す証拠を集めている。それなのに、全体を取り仕切るトニー・ファウチはこれについて何も知らなかったのか?そんなわけないだろ!もちろん彼は知っていた!

 

ファウチは最初から、ウイルスがその研究所から出現した可能性が高いことを知っていた。多くの人がそれを知っていた。ファウチはこれについて1年以上も嘘をついていたのだ

 

この日、別のFOXニュースの番組に出演したマイク・ポンペオ前国務長官も、米国政府の科学官僚たちが、新型コロナウイルスは研究所が発生源である可能性について1年以上にわたって却下してきたことを非難しており、ファウチ所長を次のように名指ししている:

私が見たのと同じ情報を、彼ら(米国政府の科学官僚たち)も確実に見ていたはずだ。その中には、確実にファウチ博士も含まれている

 

さらにカールソン氏は、武漢ウイルスのアウトブレークや中共政府について、ファウチ所長が公に行ってきた発言は注目に値すると続ける:

トニー・ファウチは、チャイナがこのウイルスを作った可能性があることを完全に認識しており、チャイナ政府が嘘をつき、痕跡を隠し、世界保健機関(WHO)にも同じことをさせようとしていることを事実として知っていた

 

そして「最も腹立たしいこと」は、ファウチ所長や様々な衛生当局者が嘘をついていた一方で、「武漢で起こったことについて真実を語った数少ないジャーナリストや科学者たちが、真実を語ったために罰せられたことだ」とカールソン氏は語気を強めている:

彼らはCNNに攻撃され、フェースブックに検閲され、同僚たちに非難された。いくつかのケースでは、彼らは破滅に追い込まれた。(攻撃や非難をした)人たちからの謝罪はどこにある?誰が彼ら(犠牲者)へ賠償金を払っている?もちろん誰も払ってなどいない

 

そして最後に、カールソン氏は次のように警鐘を鳴らしている:

チャイナの指示に従って「COVIDは空気感染しない」と世界に発信したWHOは、現在、バイデン政権の全面的な支援を受けている。

 

アメリカの諜報機関がWHOの嘘を証明し、その嘘の結果、人々が亡くなったにもかかわらず、である。現在ですら、アメリカ政府は、コロナウイルスがどこから来たのかについて、広範かつ本格的な調査を開始していない。

 

* * *

 

この番組が放送された翌日となる5月25日(火曜)、バイデン政権は、武漢ウイルス研究所がCOVID-19ウイルスの発生源である可能性を究明するため、トランプ政権の国務省が開始した調査を中止したCNNが報じた

 

匿名の3人の情報源によると、ジョー・バイデンはこの国務省の調査で得られた発見事項について2月と3月にブリーフィングを受けた際、調査を中止したという。そして代わりにWHOが今年初めに行った現地調査の結果を信じる方を選んだとCNNは報じている。

 

さらにその翌日となる5月26日(水曜)、ジョー・バイデンはCNNの報道を否定するかのように声明を発表し、米国の諜報機関に対してコロナウイルスの発生源に関する彼らの調査活動を「倍増」し、90日以内に「決定的な結論に近づくことができる」報告書を提出するよう要請した

 

ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)が、公式ツイッターでこの声明を公表している:

【訳】COVID-19の発生源についての調査に関して、ジョー・バイデン大統領による声明の全文:

(添付された声明文の訳は省略)

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。