ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ウィリアム・バー前司法長官が不正選挙の調査を中止するよう電話をかけてきた——米国陸軍予備役の元中佐が暴露

ウィリアム・バー前司法長官が不正選挙の調査を中止するよう電話をかけてきたーー米国陸軍予備役の元中佐が暴露

トニー・シェイファー氏|2010年11月17日撮影|Photo via Flickr

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/s76JI (『https://』は省略可能です)

元アメリカ陸軍予備役中佐で諜報機関職員という経歴を持つトニー・シェイファー氏は、One Americanのネット番組に5月28日(金曜)に出演した際、ウィリアム・バー司法長官(当時)から直接電話があり、不正選挙の調査を止めるよう要請を受けたと語った。

 

この電話があってから、調査はFBIに委ねられたが、それから何も起きなかったとシェイファー氏は語っている。

 

One Americaのチェイス・ガイザー氏による投稿:

【訳】トニー・シェイファーは、ウィリアム・バーが彼に個人的に電話をかけてきて、2020年選挙の不正を調べるのを止めるよう彼に要請したと私に語った。

 

司法長官が一市民に電話をかけ、何らかの調査を止めるよう要請するなど、これまでに聞いたことなどあるだろうか?!

 

以下はこの動画の完全版 👇

 

シェイファー氏は、ウィリアム・バー司法長官(当時)から電話があったことを、今年2月にも明かしていた:

【訳】ウィリアム・バーから私にかかってきた似た電話の中で、彼は(不正選挙があったという)この主張を裏付ける証拠を調べることは彼の第一優先事項ではないということを明確にした。

 

(引用ツイート)電話の中で、ウィリアム・バーは、(ピーター・)ナバロの主張は「荒唐無稽だ」と私に言った。

 

(添付記事タイトル——ナバロ:司法省はバイデンの大統領令は迅速に対応する一方、トランプの大統領令は遅らせた)

https://www.theepochtimes.com/navarro-doj-slow-walked-trumps-executive-orders-while-fast-tracking-bidens_3688225.html

 

シェイファー氏は、バー前司法長官からかかってきた電話について、最近、バージニア州の元州司法長官であるケン・クッチネリ氏に相談したと語っている。「バー司法長官からの電話により脅威を感じましたか?」とのガイザー氏からの質問に、シェイファー氏は「はい」と答えている。

 

さらに、シェイファー氏は、彼が行った調査により不正選挙の証拠が明らかになったとも語っている。

 

The Election Wizardは、シェイファー氏のことを次のように紹介している:

元米陸軍予備役中佐で、諜報機関の元職員であるシェイファー氏は、9・11のテロ攻撃以前に存在したインテリジェンス情報について、その取り扱いに誤りがあったと主張したことで有名になった人物。

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。