ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ウォーレン・バフェット氏、ゲイツ財団の理事から辞任——同時に41億ドル分のバークシャー・ハサウェイ株を5つの財団に寄付すると発表

ウォーレン・バフェット氏(左)とゲイツ夫妻(当時)2006年6月25日撮影(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/UU2U3 (『https://』は省略可能です)

投資家のウォーレン・バフェット氏(90歳)が、ゲイツ財団の理事から辞任すると、米国現地時間で6月23日(水曜)に発表した。同氏の声明を入手した金融系ケーブル局CNBCが同日報じた。

 

ウォーレン・バフェット氏がビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の理事を辞任するということは、ビル・ゲイツ氏が元妻のメリンダ・ゲイツ氏と離婚することを公表して以来、世論がますますビル・ゲイツ氏にとって不利になっていることを示す新たな指標となっている。バフェット氏が理事に就任したことは、世界最大の慈善事業を行っている同財団にとって、大きなPR効果があった。

 

CNBCと共有された声明の中で、バフェット氏は「バークシャー以外のすべての企業の取締役会で行ってきたことと同様に」ゲイツ財団の理事から辞任すると語った:

私は、長年にわたり、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団という、私の資金を受け取っている受領組織の一つの理事——全く活動していない理事——を務めてきました。バークシャー以外のすべての企業の取締役会でそうしてきたように、私は今、そのポストから辞任をします。BMG(ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団)のCEOであるマーク・スズマンは、最近選ばれた優秀な人物であり、私は彼を全面的にサポートしています。私の目標は、同財団の目標と100%一致しており、これらの目標を達成するために私が物理的に参加する必要は全くありません。

 

バフェット氏が何年も前から徐々にバークシャー以外の活動から手を引いてきたのは事実であるが、同氏がゲイツ財団の理事を辞めるタイミングは実に絶妙であり、興味深いものである。バフェット氏自身が認めているように、彼は理事会の「全く活動していない」メンバーだった。同財団の理事会には、他にビル・ゲイツ氏とメリンダ氏の2人しかメンバーはいない。バフェット氏は単純に、「理事会」での気まずい空気に耐えられなかったのかもしれない。

 

メリンダ・ゲイツ氏が離婚を決断した理由は、ビル・ゲイツ氏がジェフリー・エプスティーン(エプスタイン)と交友関係があったことが一つの理由と報じられているが、バフェット氏はこのことについては口を閉ざしたままである。アメリカの金融界、財界、政界の多くの大物たちがジェフリー・エプスティーンとつながりを持っていたが、ネブラスカ州オマハで慎ましい生活を送るウォーレン・バフェット氏にはエプスティーンとつながりがあったという報道は一つもない。

 

バフェット氏は、過去15年間にわたってゲイツ財団に270億ドルを寄付している。同財団のマーク・スズマンCEOは先月、財団職員たちに対し、「財団の長期的な持続可能性と安定性」を強化するために協議していると述べていた。

 

スズマン氏は、ビル・ゲイツ氏とメリンダ・ゲイツ氏の二人が離婚後も財団にコミットすることを要求している。

 

バフェット氏は、過去16回の年次寄付で、5つの財団に合計410億ドル分の寄付を行ってきたと語った。そしてこれら5つの財団に、さらに41億ドル分のバークシャー・ハサウェイ株を寄付する。以下はこれら5つの財団:

 

  • Bill & Melinda Gates Foundation
  • Susan Thompson Buffett Foundation
  • Sherwood Foundation
  • Howard G. Buffett Foundation
  • NoVo Foundation

 

バフェット氏はこの日の声明の中で次のように語っている:

今日は私にとって節目の日です。2006年、私はバークシャー・ハサウェイの全株式(私の純資産の99%以上)を慈善活動に寄付することを誓いました。本日の41億ドルの分配で、私はその半分を達成したことになります。

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。