ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

民主党の中枢部はカマラ・ハリスが2024年大統領選に出馬することに恐怖——左派メディアAxiosが報道

Photo credit: Gage Skidmore

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/Om9Oh (『https://』は省略可能です)

バイデン政権高官や民主党の中枢部の人間たちは、もしジョー・バイデンが再選を目指さない場合、カマラ・ハリスが2024年の大統領選挙に出馬する可能性があることを恐れていると、左派メディアのAxiosが7月2日(金曜)に報じた。

 

2020年の大統領選挙で行われた民主党の予備選で、カマラ・ハリスは1人の代議員も獲得できなかった。そのため、文字通りどんな候補者が共和党から出馬しても、カマラ・ハリスに勝つことができるだろうと、民主党の関係者たちはAxiosに語っている

 

Axiosはさらに次のように報じている:

2024年というのは『部屋の中にいる象』(*)のようなものだ。バイデンの側近たちは、彼が民主党の候補者になると考えている人が圧倒的に多いが、再選を目指す場合、彼は81歳になることも彼らは知っている。・・・

 

バイデンが立候補しなければ、ハリスが仮の候補者となる。政権筋は、黒人女性初の副大統領を(民主党の予備選で)追いやるのはほぼ不可能だと考えている。

(*『部屋の中にいる象(elephant in the room)』とは、誰の目にも明らかだが、誰もそれについて話したがらず無視している重要な問題という意味。)

 

しかし、カマラ・ハリスがほぼ自動的に2024年大統領選の候補になる可能性が高いことに、民主党の中枢にいる人物たちは懸念しているという。

しかし、現政権の高官を含む多くの民主党関係者は、共和党が誰を擁立しても——それがたとえそれがドナルド・トランプであっても——彼女は共和党の候補者を打ち負かすことができないのではないかと懸念している。

 

民主党の1人の作戦員は、他の民主党関係者が口にしない本音をAxiosのアレイナ・トゥリーン記者に次のように語っている:

「オーなんてこった。私たちの二代目(確実な後継者)はヘマをやらかしてしまっている。私たちはどうすればいい?」というよりも、(民主党中枢の)人々はこういう風に考えている:「オー、彼女はヘマをやらかしている。多分彼女は二代目(確実な後継者)になるべきではない」ってね。

 

ホワイトハウスのウエストウイング(大統領執務室がある西棟)は、カマラ・ハリスの副大統領室との緊張関係が高まっているともAxiosは報じている。

数人の政権担当者が、ハリスの副大統領室を表現する際に「shitshow(汚物の見せ物)」という表現を使い、統制が取れ情報リークを行っていないバイデンの側近と、ハリスの職場運営とを比較している。

 

バイデン側の高官の中には、ハリスのオフィス運営は管理が行き届いておらず、彼女と長期的な関係を築けていない人たちが配置されていると見ている人たちがいる。彼らは、ハリスがプレスやコミュニケーションの担当者から間違ったアドバイスを受けていると感じており、すでに2人の「アドバンス・チーム(先遣隊)」の補佐官とデジタル・ディレクターを失ったことがそれを物語っていると考えている。

 

Axiosがこの報道を行う数日前、左派メディアのPoliticoがハリス副大統領室の職場環境は「虐待的」で「機能不全」と報じ、パワハラ環境であると告発する内部スタッフたちのコメントを紹介していた。

 

バイデン政権の高官が、カマラ・ハリスの副大統領室はパワハラが横行するひどい職場であるという情報をリークし、そして左派メディアにそのことを報道させている理由は、彼女の評判を落とすことで2024年大統領選挙に彼女を出馬させないための布石なのかもしれない。

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。