ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

カリフォルニア州のレストランが入店には「ワクチン未接種の証拠」が必要と張り紙——オーストラリア では完全にワクチン接種を終えた男性が少なくとも60人にデルタ変異株を感染させる

「ワクチン未接種の証拠が必要」と書かれた張り紙(Screenshot via NBC LA)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/bK3Bs (『https://』は省略可能です)

カリフォルニア州ロサンゼルスの南に位置するハンチントンビーチ市のレストラン「Basilico’s Pasta e Vino」が、サービス提供を受けるためには「ワクチン未接種であることの証拠が必要」と書かれた張り紙を掲示していると、NBC系列の地元テレビ局NBC LAが7月28日(火曜)に報じた。

 

ハンチントンビーチがあるオレンジ郡は、民主党が優勢なカリフォルニア州の中では例外的に共和党支持者が多い地域。

 

このイタリア料理レストランのオーナーであるトニー・ローマンさんは、NBC LAの取材に対して次のように語っている:

私たちのアメリカらしい生き方が攻撃されています。そして、自由を守るためのこの戦いの最前線に立っていることに、私は祝福されていると感じています。私はそのためにすべてを危険にさらすことを厭いません。2020年3月19日のロックダウンの初日から、私たちの店を「憲法上の戦場」とすることを誓いました。

 

それ以来、私たちはいかなる(ロックダウンの)制限にも従ったことはなく、ちっぽけな暴君たちが新たな義務を課して攻撃に出れば、私たちは反抗のために新しい「ミサイル」を発射して反撃します。そして、私たちが抵抗できない、新しい強引なワクチン接種政策を義務化しようとする動きに対して、私たちは独自のメッセージを発信しているのです。

 

願わくば、ほとんどの人が賢明であり行間を読み取ってくれることを願っています。そうでない場合は、私たちはただ座ってリラックスして、彼らがこれ(このメッセージ)について考えすぎて頭がイカレルのを見るのを楽しむだけです。

 

インタビューの内容から、ローマンさんは実際に客の「ワクチン未接種の証拠」を確認するつもりはなさそうだ。ローマンさんは、2020年3月にロックダウン が宣言され、他の全てのレストランが閉店していた時も、彼のレストランは「マスクなしゾーン」であると宣言し営業を続けていた。

 

一方、フロリダ州の私立校は、実際に新型コロナ・ワクチンの接種を受けた教職員は雇用しないと、今年4月に通知している。

 

そしてオーストラリアのビクトリアでは、民泊サイト大手Airbnbを通して部屋を貸している「スーパー・ホスト(高評価のホスト)」が、ワクチン接種済みのカップルに部屋を貸すことを拒否したため、Airbnbからアカウント凍結の処分を受けたと今月21日に報じられている

 

部屋を貸していたホストは、予約申し込みをしたカップルに対して次のように返信していた:

複数の副反応の報告が行われているため、ワクチン接種済みの人たちは一切、受け入れないことにしています。また、ワクチンは未接種者たちにも伝染し、健康悪化を引き起こしています。現段階では、これ(ワクチン)はあまりに実験的であると言わざるを得ません。私は他の宿泊客の健康を守る必要があります。ご不便をおかけして申し訳ありません。

 

これを報じたニューズウィーク(英語版)は、「この主張はワクチンのデマ情報として虚偽であることがすでに証明されている」と記している。

 

しかし、奇しくもマーロンさんのレストランの張り紙が報じられたのと同じ日、バイデン政権はワクチン接種済みの人たちも新型コロナウイルスに感染し、他人に伝染させることがあることを認め、ワクチン接種済みであっても屋内でのマスク着用を再び命じる発表を行っている。

 

オーストラリアでは、完全にワクチン接種を終えた1人の男性が、少なくとも60人に新型コロナウイルスのデルタ変異株を感染させたと、デイリー・メール紙が7月21日(水曜)に報じている。

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。