ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

仏150都市で約20万人が再びワクチン・パスポートに反対する抗議デモ——パリでは10万人が「マクロン辞めろ!」

8月7日(土曜)パリで行われた抗議デモの様子(Screenshot via RT France/Twitter)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/qyosf (『https://』は省略可能です)

ここ数週間、連続して発生しているフランス国内の反ワクチン・パスポート抗議デモは、勢いを増している。8月7日(土曜)、4週連続となるこの週末、フランス全土の複数の都市で、自由を侵害するワクチン・パスポートやその他の新型コロナウイルス関連規制に反対する数万人が街頭に立った。(これまでの抗議デモについてはここここで紹介した。)

 

エマニュエル・マクロン大統領が提唱したこの新しい「ヘルス・パス」は、レストランやバー、公共交通機関などの公共スペースに入る際に必須となっている。(しかし、ワクチン接種が進む各国では、重症化し入院する新規感染者のほとんどがワクチン接種済みであるというデータが発表されており、ワクチンの効果に大きな疑念が生じている。)

 

AFPニュースによると、この日はフランス150の都市で抗議活動が行われ、約20万人が参加すると予想されている。

 

パリのダウンタウンでは、ヘルス・パスポートによって自由が失われることに反対する数千人がデモ行進する様子が放送されている。

【訳】NOW – ワクチン・パスポートやワクチン接種の義務化に反対する大規模な抗議活動が、#パリをはじめとするフランスの多くの都市で行われています。

#manif7aout

 

【訳】パリが再びデモ行進。ワクチン義務化&ワクチン・パスポートに反対

マクロンが自国民に対して送り込んだ警護兵。

「人々は自国の政府を恐れるべきではない。政府が自国民を恐れるべきだ」。

#Noワクチン・パスポート #パリ

 

【訳】パリで10万人のレジスタンスが「マクロン辞めろ!」と叫ぶ!

驚異的な抵抗の高まり! 🇫🇷🇫🇷

#Manifs7aout #manif7aout

 

スペインとの国境に近い、フランス南部オクシタニー地方の都市トゥールーズでは、デモ活動が激化している。

【訳】フランス共和国機動隊(CRS)がデモ隊に催涙ガスを浴びせることをためらわなかったトゥールーズで、戦いが継続中。 #PassSanitaires(ヘルス・パス)

 

【訳】💥‼️👇🏻 本日2021年8月7日、フランスで大規模な抗議活動。

フランスの#トゥールーズ

#ヘルス・パス #Impfパス #グリーンパス #ワクチンパスに対する抗議活動

 

【訳】またしても #トゥールーズ の対犯罪旅団が登場し、いつもの手口を使ってランダムに手入れをしていく #manif7aout

 

フレンチ・リビエラに位置する都市ニースでは、数千人がデモ行進を行った。

【訳】ニースで、#ヘルス・パスに反対するデモが行われた。(購読者からの動画) #Manifs7aout #manifestation7aout

 

フランス北部の都市リールでも抗議活動が行われた。

【訳】リール!!!!

 

今回の抗議デモは、フランスの最高裁判所が新たなウイルス関連規制や「ヘルス・パス」を合憲と判断したことに端を発している。もしフランス政府が国民の怒りを抑える方法を見つけられなければ、フランスの抗議デモはさらに激しさを増し、社会不安が国中に蔓延する瀬戸際に立たされている。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。