ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

米CDCは職員に対してワクチン接種を義務化せず——連邦政府職員全員にワクチン接種を義務付けると発表したバイデン政権の政策と矛盾

米CDCは職員に対してワクチン接種を義務化せずーー連邦政府職員全員にワクチン接種を義務付けると発表したバイデン政権の政策と矛盾

ジョージア州アトランタにあるCDC本部ビル(Photo via pxfuel)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/aRDF7 (『https://』は省略可能です)

米国連邦政府機関の一部であるアメリカ疾病管理予防センター(CDC)は、CDC職員に対して新型コロナワクチンの接種を義務付けていないと、CD mediaが8月7日(土曜)に報じた。

 

CDCに直撃インタビューした際の音声の一部を公開しながら、CD mediaは次のように伝えている:

ある懸念を抱いた市民が、昨日、ジョージア州アトランタにある疾病管理予防センター(CDC)に連絡を取り、複数の職員と話をした。中共(CCP)ウイルスに対する「ワクチン」と呼ばれる実験段階にある遺伝子治療を、CDCは自らの職員たちに接種することを義務付けているのかと尋ねたところ、彼らは押し黙り、守りの体勢になり、そして最終的には「いいえ」と答え、CDCの職員に動物実験もされていない、まだ実験的な、そして緊急使用許可しか降りていないCovid-19の「ワクチン」接種を義務付けていないと答えた。

 

以下の映像では、その時の会話の一部を聞くことができる。その偽善ぶりには驚かされる。

 

この市民は、(CDC内部の)管理職の人物たちとも話をしたが、これら管理職の人間たちはこの電話に「迅速に対応するため」と言いながらどこにもつながらないどこかに電話を転送し、それ以上の質問には答えなかった。

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。