ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

Apple社は児童虐待防止のためにiPhoneに保存された写真をモニタリングする計画を延期——FBIは児童性犯罪捜査責任者の特別捜査官を児童に対する性犯罪で逮捕

「プライバシー。それはiPhone」と謳う広告(Photo courtesy of Apple, Inc.)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/yxsCM (『https://』は省略可能です)

Apple社は、米国内の全てのiPhoneに対して「児童性的虐待資料(CSAM)」の監視を行う新プログラムの開始を延期すると発表した。フォーチュン誌など複数メディアが9月3日(金曜)に報じた。

 

児童への性的虐待を示す画像がiPhoneに保存されていないかをモニタリングする目的の同プログラムであるが、技術専門家たちは、iCloudに保存されている画像ではなく、iPhoneやiPadの個別端末を対象としたApple社のモニタリング行為は、エンド・ツー・エンドの暗号化を回避してユーザーのプライバシーを侵害する「バックドア」監視システムの下地を整えることになると警告していた

 

今年8月、Apple社の発表とそれに対する専門家たちの批判について紹介した記事:

Apple社は今週から米国内の全iPhoneの写真をモニタリング開始

 

今月新たに発表した声明の中で、Apple社は次のように述べている:

先月、我々は、コミュニケーションツールを利用して子どもたちを勧誘・搾取する犯罪者から子どもたちを保護し、『児童性的虐待資料』の拡散を制限するための機能の計画を発表しました。

 

顧客、権利擁護団体、研究者などからのフィードバックに基づき、これら極めて重要な子供の安全を守るための機能をリリースする前に、意見を収集し、改善するために、今後数ヶ月間さらに時間を取ることにしました

 

Apple社は、これまで長年「プライバシー優先」を前面に押し出したマーケティング・キャンペーンを行なってきた。そして児童を犯罪者の魔の手から守るためという大義名分で発表した今回のモニタリング機能が、実質的に同社の「プライバシー重視ブランド」を傷つけることになると判断したようだ。

 

フェースブック社やDeliveroo社の元社員で、セキュリティ研究者のアレック・マフェット氏は、先月のApple社の発表は「地殻変動を引き起こすもの」であり、「個人のプライバシーを大きく後退させるもの」であると述べていた。そして「Apple社はプライバシーを後退させ、『1984』の世界を可能にしようとしている」と大きく批判していた。

 

さらに、ここで紹介したこともあるエリック・ワインスタイン氏もまた、Apple社が、ジェフリー・エプスティーンによる大規模な未成年者の性的人身売買や彼が諜報機関とつながっていたことを完全に無視している一方で、一般ユーザのプライベート写真をモニタリングするということは欺瞞だと批判していた:

https://twitter.com/EricRWeinstein/status/1424241558556057603

【訳】Appleのようなところはどこも信用するな。Appleはあなた方の「プライベートな」写真をスキャンすることには賛成するが、ジェフリー・エプスティーンの数十億ドルにのぼる架空為替取引ヘッジファンドについては公聴会を要求せず、彼の諜報機関とのつながりをどの一流専門ニュース編集部も調査しない理由を問わない。

 

+++

 

話は簡単だ:諜報機関につながっているエリート小児性愛者には**全く**興味がない人たちが、小児性愛者ではない普通の人たちが大多数を占める全人口に対しては諜報活動を望んでいるということだ。もしあなたがこれ(Apple社による建前の説明)を信じるほど愚かなら、私はあなたを助けることはできない。

 

これは(人口を)コントロールするためであって、子供のためではない。

 

そして9月4日(土曜)、児童に対する犯罪捜査を統括するFBI特別捜査官が、自ら児童に対する性的虐待の容疑で逮捕・起訴されたと報じられている

FBI監督特別捜査官のデビッド・ハリス(51歳)は、逮捕される前、児童ポルノとして知られる児童性的虐待物を含む、児童に対する犯罪を捜査する任務を担っていた。そして現在、多くの人たちは、彼が子どもをさらに搾取するためにこの(警察)権力の職を求めたのではないかと考えている。ハリスは、児童に対する公然わいせつ、性的倒錯、性的暴行など、複数の罪で起訴されている。

 

ルイジアナ州プレーリービルに住んでいたデビッド・ハリスは、この夏、2016年までさかのぼって多数の被害者に対する性的暴行などを行なった容疑で逮捕された。今回、さらに児童が関わる犯罪で起訴された。

 

児童に対する性犯罪を取り締まっているFBIが、自ら大規模な児童画像サイトを運営しておとり捜査を行なっていることは以前から報じられている。Apple社は無実の一般ユーザを監視するよりも、FBIを監視するプログラムを開発すべきなのかもしれない。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。