ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

バイデン政権は1億人の連邦政府職員や民間企業社員にワクチン接種を義務化する大統領令を発表——しかし郵便局員60万人はワクチン接種義務化を免除するという矛盾/LAは12歳以上の学生60万人にワクチン接種を義務化

ジョー・バイデンとアンソニー・ファウチ|2021年7月16日撮影|Official White House Photo by Adam Schultz

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/PKDtE (『https://』は省略可能です)

ジョー・バイデンは、9月9日(木曜)、連邦政府職員とその下請け民間職員に対して、「ワクチン接種を受けなければ解雇する」という大統領令を発表した。約1億人の国民が、このワクチン接種義務化の対象となるとAP通信は報じている

 

しかしバイデンによるこの大規模なワクチン接種義務化の命令は、何千万人ものアメリカ国民が、すでにワクチンによる抗体よりも効果が高い自然免疫を持っているという科学的データを完全に無視している。また、バイデンは「全ての」連邦職員にワクチン接種を義務付けると発表しているが、これは虚偽発言であり、なぜか60万人いる米国郵政公社(USPS)職員はこのワクチン接種義務を免除されている

 

ジョー・バイデンは、今回の大統領令の対象となるのは、全ての連邦政府職員および、100人以上の社員がいる全ての民間企業社員と述べているが、民主党にとって重要な組織票である大規模な労働組合に対してはワクチン接種義務を免除している。(100人以上の社員がいる企業の社員は、週に1度の検査を受ける代替選択肢が用意されている。)

 

ホワイトハウスの関係者は、「米国郵政公社(USPS)は独立した設置法を持っており、伝統的に連邦政府の人事措置から独立している」と語っていると報じられている。しかしワシントンポスト紙はこのホワイトハウス関係者の説明は現実と矛盾していると指摘しており、郵政公社は行政府の独立機関であるが、連邦政府職員の労働条件に適用される大統領令には、郵政公社を明記することが必須となっている報じている

 

https://twitter.com/DailyCaller/status/1436076670839033859

【訳】バイデンがワクチン接種を受けていない人たちに関して発言:

 

「私たちは我慢してきたが、我慢も限界に来ている。あなた方が(ワクチン接種を)拒否することが、私たち全員を犠牲にしている」。

 

この発表に対して、共和党全国委員会(RNC)のロナ・マクダニエル会長はバイデンが嘘をついたと投稿し、このワクチン義務化が実際に施行されることになればバイデン政権を訴えるとツイートしている:

https://twitter.com/GOPChairwoman/status/1436118614504050692

【訳】ジョー・バイデンは、当選した際アメリカ国民に「ワクチンの義務化はしない」と言っていた。彼は嘘をついた。

 

彼の命令が施行されたら、RNCはアメリカ国民とその自由を守るために政権を訴えます。

 

ベン・サス上院議員(ネブラスカ州・共和党選出)は、一歩踏み込んだ次のような分析コメントを保守系メディアのDaily Callerに語っている

バイデン大統領は、恥ずべき無能ぶりをさらしたアフガニスタン撤退から目をそらすのに必死なあまり、クレイジーなことを言ったり、憲法上欠陥のある大統領令を推し進めたりしている。これは喧嘩を売ろうとする不誠実な試みであり、9・11の20周年にアメリカ人をタリバンの戦線に置き去りにしたという、大統領による倫理的に不名誉な決定から人々の目をそらそうとする不誠実な試みである。

(太字強調はBonaFidr)

 

そして木曜に発表されたバイデンによる「脅迫メッセージ」を受けて、全米の共和党州知事たちは、一斉に政権を訴える、もしくはワクチン接種義務化の命令に反対するという声明を発表している

 

この日、ジョー・バイデンは(共和党の)州知事たちを名指しした次の「脅迫メッセージ」を発表している:

率直に言う。私の(ワクチン接種義務化)計画は、このような命を守るための活動を阻害している州の、選挙で選ばれた公職者たちにも挑戦する。今、地元の学校関係者は、パンデミックの中で子どもたちの安全を守ろうとしているが、その一方で知事は彼らに喧嘩を売り、給料や仕事を盾に彼らを脅迫さえしている。学校でのいじめと言っても過言ではない。

 

もし、これらの知事たちがパンデミックに打ち勝つのを支援しないのであれば、私は大統領としての権力を行使して、彼らを排除する

 

バイデンがこの発言を行っている動画:

 

 

全米の共和党州知事たちの反応:

https://twitter.com/HarmlessYardDog/status/1436157775550324739

【訳】ウエスト(ベストな)バージニアが反乱に加わる

 

3度目の正直

 

(引用ツイート)

ウエストバージニア州を含む各州の司法長官は、米国大統領(@POTUS)によるこのような露骨かつ違法な連邦政府の越権行為を許さないだろう。

 

アメリカ国民よ、シートベルトを締めよーー今のアメリカの大統領は、国を団結させる最高司令官というのとは正反対だ。

 

バイデンの無謀なワクチン(義務化命令の)提案の詳細をさらに見るのを楽しみにしている。私たちはウエストバージニア州とアメリカを守る。

 

Becker Newsは次のように伝えている:

共和党の州知事たちは、連邦政府の行き過ぎた行為や大統領の脅しに対する対応策を発表し始めた。

 

サウスダコタ州のノーム知事は、「ジョー・バイデンよ、法廷で会おう」と投稿している:

https://twitter.com/govkristinoem/status/1436060414970892288

【訳】サウスダコタは自由を守るために立ち上がる。

 

ジョー・バイデンよ、法廷で会おう。

 

悪名高いジョージア州のブライアン・ケンプ知事も、バイデンの発表に次のように反応している:

https://twitter.com/GovKemp/status/1436078242574868486

【訳】私は、バイデン政権によるこの露骨な違法行為を阻止するために、ジョージア州が活用できるあらゆる法的手段を追求するつもりだ。

 

オクラホマ州のケビン・スティット知事:

https://twitter.com/joshdcaplan/status/1436108200902893569

【訳】オクラホマ州のケビン・スティット知事は、「私が知事である限り、州内では政府によるワクチンの義務化はない」と語っている。

 

テキサス州のグレッグ・アボット知事:

https://twitter.com/ElectionWiz/status/1436112655643668491

【訳】速報:テキサス州グレッグ・アボット知事は、バイデンのワクチン義務化という「権力奪取」を阻止するために、すでに州が取り組んでいることを発表した。

 

アラバマ州のキー・アイビー知事は声明を発表している:

https://twitter.com/GovernorKayIvey/status/1436091604704665607

【訳】またしても、米国大統領(@POTUS)は的外れな発言をしてしまった。彼の理不尽で行き過ぎた義務化は、間違いなく裁判所で争われるだろう。以下に私の声明の全文を掲載する。

 

テネシー州のビル・リー知事:

https://twitter.com/GovBillLee/status/1436110063509417987

【訳】「これは自由についての問題ではない」というフレーズは、アメリカ大統領の口から決して出てきてはならない言葉だ。

 

+++

 

今日ホワイトハウスからは、協力し合うことが必要な戦いに対して、ワクチン接種済みの人と未接種の人、企業と社員、そして連邦政府と州政府を対立させるような、不誠実で分断を深める命令が多く出された。

 

17人の州知事が発表した声明についてはここで詳細が報じられている

 

* * *

 

ジョー・バイデンがこの大統領令を発表したのと同じ日、それに便乗するかのように、全米で2番目に大きい学区「ロサンゼルス統一学校区」があるロサンゼルスの教育委員会は、対面式の授業を受けるために12歳以上の生徒にコロナウイルスのワクチン接種を義務付けることを決議している。同学区には、60万人以上の生徒がおり、そのほとんどがラティーノ系となっている。

 

* * *

 

一方、米軍の全軍人に対しても新型コロナワクチンの強制接種命令が下されたことに対して、陸軍と海兵隊の2人の二等軍曹が、3つの連邦機関を相手に異議を唱えて訴訟を起こした報じられている

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。