ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

スタンフォード大学の177人の教授らが、学術界でチャイナのスパイを探すのを止めるよう司法省に請願書を提出——「人種プロファイリング」につながる

スタンフォード大学の上級副学部長ピーター・マイケルソン氏(Photo courtesy of Stanford University)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/C3A6f (『https://』は省略可能です)

スタンフォード大学の教授グループは、米国の大学でチャイナのスパイを探すのをやめるよう要請する9月8日付けの書簡をアメリカ司法省に提出した。ロイター通信が9月13日(月曜)に報じた。

 

この教授グループは、このようなプログラムが「人種プロファイリング」を引き起こすと主張し、米国からの技術盗用を防ぐために設置された「チャイナ・イニシアティブ」が「米国の研究・技術競争力を損ない、偏見を助長している」と主張している。

 

司法省は「チャイナ・イニシアティブ」の取り組みの結果、27件の案件を提訴している。そのうちのいくつかは取り下げられたが、その他の訴訟は現在も進行中である。スタンフォード大学の自然科学部の上級副学部長であるピーター・マイケルソン氏はロイター通信に次のように語っている:

ほとんどの場合、FBIが行ってきたことは、人々を怖がらせることだと思います。それはつまり、人々を調査し、彼らを尋問することです。そして、それはこの国にとって有害です。

 

チャイナのスパイが米国の国益に対してどれほど有害かについては、マイケルソン氏は言及していない。

 

スタンフォード大学の40以上の学部から177名の教員が署名したこの書簡は、「Winds of Freedom」というサイトに掲載されている。

 

同サイトには次のように記されている:

私たちスタンフォード大学の40以上の学部から集まった177名の教員は、メリック・B・ガーランド米国司法長官に以下の公開書簡を送り、司法省の「チャイナ・イニシアチブ」を終了させることを要請しました。「チャイナ・イニシアチブ」は、2018年にジェフ・セッションズ司法長官(当時)が導入したもので、チャイナ政府に関連する経済スパイや知的財産権の窃盗などの脅威に対抗することを目的としています。しかし、「チャイナ・イニシアチブ」は人種差別の懸念があり、米国の研究・技術競争力を損なっていると考えています。このイニシアティブにより、学術界の研究者に対する調査や起訴が大幅に増加しており、そのほとんどが知的財産権の窃盗や科学的/経済的スパイ活動とは無関係なものとなっています。調査の対象は、チャイナ出身の研究者に偏っています。「チャイナ・イニシアチブ」の影響で、多くの学者が米国への渡航や滞在を断念しています。私たちは、「チャイナ・イニシアチブ」を終了すべきだと考えています。複製された書簡と署名者は以下の通りで、こちらからもアクセスできます。このトピックに関する詳しい情報は、背景情報のページをご覧ください。

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。