ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ノルウェー公衆衛生研究所は新型コロナを一般的な風邪やインフルエンザと同じ呼吸器疾患の一種に分類

ノルウェー公衆衛生研究所のゲイル・ブクホルム副所長(Photo courtesy of Stian Lysberg Solum / NTB)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/nsDan (『https://』は省略可能です)

ノルウェー公衆衛生研究所(NIPH)のゲイル・ブクホルム副所長は、(新型)コロナウイルスは季節的変動のあるいくつかの呼吸器疾患の一つに分類されるようになったと語った。地元紙VGが9月20日(月曜)に報じた。英語版の地元メディアThe Local Noも9月21日(火曜)にこの発言を報じた。

 

ゲイル・ブクホルム副所長がコロナウイルスはインフルエンザ、風邪、RSウイルスなどの病気と同じカテゴリーに分類されるようになったと語ったことを受けて、ノルウェー政府がコロナウイルスの分類を間も無く変更する可能性がある。

 

ブクホルム副所長はVG紙に次のように語っている:

現在は、このコロナウイルスを季節変動のあるいくつかの呼吸器疾患の一つとして捉えなければならない新たな段階に入っています。

 

ノルウェーの保健社会福祉省は、先週、ノルウェー公衆衛生研究所(NIPH)に対し、COVID-19感染症が依然として危険な病気であるかどうかを評価するよう要請していた。

 

ノルウェー公衆衛生研究所はまだ調査結果を返答していないが、ブクホルム副所長は(新型)コロナウイルスの危険性が格下げされる予定であることを明言した。

 

ノルウェーでコロナの危険性が格下げされることになった理由を、The Local Noは次のように伝えている:

感染すると重症化する危険性の高い人々の大部分がワクチンを完全に接種しているため、コロナウイルスは風邪やインフルエンザなどの重症度と比較することができるレベルになった。

 

ブクホルム副所長はさらに次のように語っている:

これ(分類の変更)は、リスクのある人の大部分が保護されているからです。

 

また、この感染症はいまだに(市中で)循環していますが、病院の(入院患者)数は少ないままです。そのため、このコロナウイルスが医療サービスに大きな負担をもたらすことはありません。ワクチンを接種していても、感染して症状が出る可能性がありますが、大部分は軽い風邪のような症状でしょう。

 

しかし、たとえ新型コロナウイルスが他の一般的な呼吸器疾患と比較できるようになったとしても、コロナ・パンデミックはまだ終わりからは遠いと警告している:

このパンデミックは、世界に存在する限り、またワクチン接種率がまだ低い国に存在する限り、終わりません。病気が世界に広がる限り、パンデミックはまだ存在します。

 

ブクホルム副所長は、ワクチン接種率の低いインドでイベルメクチンを使った治療・予防対策により「コロナ患者ゼロ」を達成した地域があることについては触れていない。

 

VG紙は、この感染症の分類が格下げされることは、ノルウェーにおける新型コロナ規制の解除が間近に迫っていることを示しているのではないかと期待を込めて推測している。

 

本サイトでも先月ここで伝えた通り、ノルウェーの隣国デンマークでは、すでにCOVID-19感染症の分類変更を行っており、全てのコロナ関連制限が9月10日に解除されている。

 

* * *

 

一方、英国の科学者たちは、同国のほとんどの人たちにとってCOVID-19感染症は来春までに一般的な風邪に似た症状になると予想している。Sky Newsにそれぞれ出演した二人の教授が語っている。

 

オックスフォード大学医学部のサー・ジョン・ベル教授は、ワクチンや自然曝露によって人々の免疫力が高まるため、来年の春までにはこのウイルスが風邪に似てくる可能性があると語っている:

彼(ベル教授)はさらに、この国(英国)が「最悪の事態は脱した」とし、冬が過ぎれば「問題は無くなるだろう」と付け加えた。また、ワクチンを接種した人でもウイルスに曝露され続けるとも語った。

 

ベル教授がこの発言を行う数日前、英国で最も注目されている人物の一人であり、アストラ・ゼネカ社製ワクチンの開発に携わったデイム・サラ・ギルバート教授が同様の発言を行っていた。時間が経つにつれ、より多くの人が自然感染したりワクチン接種したりすることで、人々の免疫力が高まっているという証拠があるとギルバート教授は語り、また、新たな超強毒性の亜種についての懸念を否定している

通常、ウイルスは伝播しやすくなると毒性が弱くなります。そのため、Sars-CoV-2の毒性が強くなるとは考えられません。

 

ただ、そこに到達するまでにどれくらいの時間がかかるのか、またその間に私たちはどのような対策を講じる必要があるのかが問題です。

 

このギルバート教授の発言について質問されたベル教授は、次のように語っている:

現在、私たちが辿っている軌道を見ると、6ヶ月前よりもずっと良くなっています。

 

そのため、NHS(英国国民医療保健サービス)へのプレッシャーはほとんどなくなりました。新型コロナによる死亡者を見てみると、非常に高齢の方が多く、新型コロナが原因でこれらの全員が死亡したということは完全にはわかりません

 

ですので、現在、私たちは最悪の事態を脱したと思いますが、これから起こることは、デルタ株にかなりのバックグラウンド曝露が起きるだろうということです。・・・感染者数はかなり多いですが、2回のワクチンを接種した人や感染した人たちによって、より強力な集団免疫につながるでしょう。

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。