ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

完全にワクチン接種を終えていたコリン・パウエル元国務長官が新型コロナの合併症で死亡

コリン・パウエル元国務長官(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/n6OU1 (『https://』は省略可能です)

米国時間の10月18日(月曜)、黒人初の国務長官を務めたコリン・パウエル氏が新型コロナの合併症で亡くなったと報じられた。享年84歳。

 

パウエル氏の遺族は、彼の公式フェースブック・ページで、同氏が完全にワクチン接種を受け終えていたことを明かしている:

元アメリカ国務長官で統合参謀本部議長を務めたコリン・L・パウエル将軍は、COVID-19感染症の合併症のために今朝亡くなりました。

 

彼は完全にワクチン接種を受け終えていました。私たちは、ウォルター・リード・ナショナル・メディカル・センターの医療スタッフによる心のこもった治療に感謝したいと思います。私たちは、卓越した愛すべき夫、父、祖父、そして偉大なアメリカ人を失いました。

 

パウエル氏がブースターショット(追加のワクチン接種)を受けていたかは不明。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。