ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

「フォース・ターニング」の著者ニール・ハウ氏:「私たちの社会は破綻局面に突入した」【インタビュー動画】

「フォース・ターニング」の著者ニール・ハウ氏:「私たちの社会は破綻局面に突入した」【インタビュー動画】

ニール・ハウ氏(Photo via Life Course Associates)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/LRFAv (『https://』は省略可能です)

人口統計学者であり、ベストセラー書籍「フォース・ターニング 第四の節目」の共著者の一人であるニール・ハウ氏は、社会が現在の周期において「破綻(bust)」局面に突入したと語った。破綻局面では、現状(体制)がしばしば無秩序に崩壊し、新たな秩序に取って代わられる。

 

Wealthionと行われた以下のインタビューで、ハウ氏は今後10年以上にわたって起こるであろうディスラプション(混乱、崩壊)から私たちは何を予期すべきかについて、詳細に説明している。

 

  • この混乱期に私たちは何を予期すべきか?
  • 状況はどのくらい悪化するのか?それはどのくらい続くのか?
  • この混乱期を耐え抜く確率を高めるために、私たちに今できることはあるだろうか?

 

長い歴史が示すように、私たちの政治、経済、金融、社会のシステムを一変させる、10年以上にわたる経済的・社会的混乱の時代に向かっていると、ハウ氏は説明する。

 

現在は、不安定さ(ボラティリティー)が支配し、破滅的なインフレが起きそうな状況となっている。株式市場は暴落し、失業者が続出するかもしれない。戦争が起きる可能性すらある。

 

現在の権力構造が崩壊し始めたとき、私たちはどのようにしてその混乱を乗り越えることができるだろうか?

 

インタビュー動画のPart 2(以下)では、これから非常に深刻な困難が私たちを待ち受けているとしつつ、これまでの「第4の転換期(フォース・ターニング)」と同様に、私たちは無事に立ち直ることができると彼が予想する理由を説明している。もちろん無傷では終わらないが、総合的に見た場合、社会にとってはプラスの改善がもたらされるだろうとハウ氏は予想する。

 

ニール・ハウ氏へ昨年6月に行われたインタビュー動画についてはここで紹介した:

【インタビュー動画】「フォース・ターニング」の著者ニール・ハウ氏、「私たちのシステムは限界点に近い」

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。