最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

新型コロナウイルスを開発し654万8,093人を死亡させたとしてエコヘルス・アライアンス他に10億ドルの損害賠償請求訴訟——「この訴訟から世間の目を逸らすようにウクライナで核戦争の脅威が高まっているのは都合が良すぎる」とレンツ弁護士【インタビュー】

トマス・レンツ弁護士(Screenshot via InfoWars)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/VNVPz (『https://』は省略可能です)

レンツ弁護士:まず、私たちには直接目撃した告発者がいます。数週間前に私たちは報告書を公表しました。その報告書には様々なことが書かれています。まず、これ(ウイルス)がチャイナ武漢の実験室で開発されたということはほぼ疑いようがないということ。そしてアンソニー・ファウチは連邦議会で嘘をつき、偽証罪を犯したことはほぼ確実であること。彼は機能獲得研究に助成金を出資していないと言ったことがそれに該当します。彼ら(米国政府)が私たちに提供した文書がそれを示しています。私たちは彼らの文書を入手しています。

このように、あらゆることが明るみになろうとしています。これら(証拠資料)は、様々な種類のウイルスについて(武漢の)研究者たちが実験することにファウチが資金提供していたということ、そしてその実験の結果出現したのがSARS-CoV-2であり、それが実験室から飛び出して世界中に広まり人々を殺害し、それ以降は誰もがよく知る人類史となった・・・ということを基本的に示しています。

ですので、あなた方がこんなことを実施し、ウイルスが実験室から漏れ出たと私たちが証明できるのであれば、現在ある全法律に基づいて責任を負うべきだ、つまり民事責任を負うべきだ、というのが私たちがこの訴訟で行っていることです。

ちなみに、このようなことで政府を訴えることはとても難しいことです。民間団体・個人を訴えることはずっと簡単です。なのでそうしました。ですので、私たちはそれが属すると思われる場所で訴訟を起こしました。私たちには素晴らしい弁護人たちがついています。原告は匿名で1000人います。もし証拠があり、この訴訟に加わるべき人がいれば、私たちは(原告を)追加することができます。

ジョーンズ司会者:つまり集団訴訟ですね。

レンツ弁護士:(果たしてそうなるかは)これから見ていくことになります。これから証拠が私たちをどういう方向に導いていくかは見ていくことになります。私たちは本案件について、非常に規律をもって、細心の注意を払って取り組まないといけません。非常に正確に、そしてベストを尽くさなければいけません・・・(略)・・・私たちは興奮を覚えています。というのも、今回、もし私たちが彼らに責任を負わせることができたら、それは「堰を切る」ことになり、他の方向にも発展していくことになるからです。

ジョーンズ司会者:今現在、100万人が視聴しています。私たちのサイトBanned.Videoにこの動画をアーカイブする場合、その動画タイトルはどのようなものになるでしょうか?

レンツ弁護士:「650万人の死者を引き起こしたとしてエコヘルス・アライアンスに対して10億ドルの訴訟が起こされた」です。現時点では、私たちはこれら650万人全員のために訴訟を起こしているのではありません。これからどうなるかは見ていくしかありません。しかし、もし彼らが原告の死亡に責任があるなら、彼らは残り全員に対しても同じ法の原則に基いて責任があるのだと思います。

つまるところ、法律の下でもしあなたが人の健康に有害で超危険な行為を行ったのであれば、それがどんな理由であれ、多くの死人を生じさせてしまったのなら、通常、あなたはその行為に対して責任を負います。

そしてこのケースでは、機能獲得研究がいたるところで行われていました。アレックスさん、ここで「懲罰的損害賠償」について話をしましょう。「懲罰的損害賠償(punitive damage)」は、法廷で「(悪事に対する)処罰としての損害賠償(punishment damage)」と呼ばれます。これは法廷が好んで行うことではありませんし、私たち弁護士も常にそれを請求するわけではありません。しかしこの人たちは、パンデミックを引き起こす種類のウイルスであることを知りながら機能獲得研究を行っていました。彼らはそれをより危険なものにし、そしてそれは(実験室から)逃げ出した。これらはすべて、この訴訟ケースのなかで私たちが主張し、そして証明していることです。

さてここでですが、世界中で650万人の死者が発生したことに対して、これで十分でしょうか?アンソニー・ファウチは、最近、また新たに武漢でコロナウイルスの研究をさせるためにエコヘルス・アライアンスのピーター・ダザックに助成金を提供しました。同じことがさらに行われているのです!

ジョーンズ司会者:続きはコマーシャルの後です。・・・これはあまりにビッグ・ニュースです。また、本ケースは犯罪情報(刑事事件を構成する情報)を具体化するものでもあります。

* * *

ジョーンズ司会者:・・・トマス・レンツさん、これはあまりにビッグな案件です。CIAのフロント組織であるエコヘルス・アライアンスとそのピーター・ダザックらに対して10億ドルの損害賠償請求訴訟・・・そして(アンソニー・ファウチが)連邦議会で虚偽答弁を行った証拠を掴んだ。再度、これがいかに大きなことなのか要約していただけますか。

レンツ弁護士:これはとてもクリティカルなことです。起きたことを見てみると、今日のあなたの(切り抜き動画の)ヘッドラインは(これまで起きた中で)最も重要なことだと思います。今のウクライナとの戦争で米国側にいる人間たちと同じ者たちに、私たちは反撃しています。ちなみに、私たち(米国)は(ノルドストリームの)パイプラインを攻撃したところです。米国がパイプラインを攻撃したように見える、そうですよね?米国は(ロシアとの戦争を)エスカレートさせることに関与しているように見えます。彼らは、SARS-CoV-2の開発に資金提供したのと同じ人たちです。彼らはこれに資金提供した。これを支援した。米国国際開発庁(USAID=国務省配下の省庁。CIAのフロント組織として知られる)、In-Q-Tel(CIAのベンチャーキャピタル部門)、これらの一団がこれに関与しています。私たちはこのことを知っています。(証拠の)文書を入手しています。書類(ペーパーワーク)を入手しています。私たちはこれを論証・説明することができます。

・・・本質的に生物兵器であるもの、つまりSARS-CoV-2を開発するために、私たちは取引してその技術をチャイナ武漢に与えた。遺伝子操作を行い、そのような危険な病原体を作り出すために。私たち(米国)がこうしたことを実行しながら、軍産複合体や諜報機関がそれについて知らなかったなどと信じる人たちが地球上の人間でいるでしょうか?果たしてそんなことを信じる人がいるでしょうか?

In-Q-TelやCIAがこれに関与していることなどを私たちは論証・説明することができます。これについて証言している証人もいます。これに反論することは困難です。なので彼らは今パニックに陥っています。これにおける彼らの役割が明かされる可能性があります。

「だから今ウクライナで起きていることに私たちは直面している」、と私は言っているのか?いいえ、私はそれを証明することはできません。しかし、そのタイミングが奇妙で不審だということは確実です。・・・

ジョーンズ司会者:私にあなたの主張の後押しをさせてください。私は2年前にこう言いました。接○による大虐○が広まることになるだろう、と。ウイルスが世に放たれたということは、そのクライシスから人々の注意を逸らすために、次は戦争か何かが起きるだろう、と。あなたが訴訟を起こすよりもずっと前に、一般の人々は目覚めていた。だから彼らは前のクライシスから注意を逸らすために次のクライシスを用意していたと思います。彼らによる工作活動はこのようにして行われます。

レンツ弁護士:全くその通りです。聞いてください。彼らはこれ(ウイルス開発に関与したことからの責任回避)について何かをしなければいけない。この地球上で、あなたと同じくらい主流メディアによって厳しい情報検閲を受けている人物は、私くらいじゃないでしょうか?これは信じ難いレベルです。

アンソニー・ファウチは議会の前でおそらく偽証罪を犯したということを論証・説明するために、私たちは可能な限りの(証拠)資料を作成しました。ハンター・バイデンは捜査されるべきです。ジョー・バイデンは捜査されるべきです。これ(ウイルス)はアンソニー・ファウチが資金提供した研究所で作成されました。私たちは彼ら(司法、検察、議会関係者たち)に必要なものを全てを提供しました。それにもかかわらず、聞こえてくるのは沈黙です。

私たちの報告書を無視したいのであればそれでも構いません。しかしあなた方は、今度は訴訟を無視しようとしています。せいぜい頑張ってください。なぜなら、私たちはこうした人間たちに絶対に責任を取らせるからです。あと、彼らの間で互いへの忠誠をどれくらい持ち続けることができるかということにとても興味があります。ファウチ、ダザック、その他の人間たちの間で、実験室がウイルス発生源であるという事実を隠蔽するために話し合ったりコラボするeメールを私たちは入手しています。私たちが請求している損害賠償金額を考えたとき、これらの人間たちが法廷に引きずり出された後、彼らがどれほど互いに忠誠を持ち続けるかということに非常に興味があります。・・・

ジョーンズ司会者:私も同意します。レンツ弁護士、あなたが起こした訴訟の内容をどこで読むことができますか?昨日、あなたが(動画共有サイト)Rumble上で制作された素晴らしい動画を見ました。・・・この訴訟が国民の意識に上るようにプッシュするために、私たちはどのように協力することができますか?

レンツ弁護士Renz-law.comです。

あと、TRUTH Social、Gettr、CloudHubなどいろんなプラットフォーム上で発信しています。・・・私たちのSubstackも見てください。

ジョーンズ司会者:あなたはニューワールド・オーダー(NWO)に真っ直ぐ狙いを定める照準に入っています。皆さん、これは戦争です。そしてあなたは私たちを勝利に導いてくれる可能性があります。・・・

さてここで話題を変えます。良いニュースです。フロリダ州の公衆衛生局長官であるジョセフ・ラダポ博士についてどう思いますか?mR○Aワ○○ン接種を受けた18歳~39歳の男性の間で心臓関連死が起きる確率が84%高まるという大規模研究結果を彼は発表しました。これが明らかになるということはとてもエキサイティングなことです。

3ページ目を読む>>

合計4ページ

BonaFidrをフォロー

執筆者

error: コンテンツは保護されています。