カテゴリー
IT 司法 政治 言論

ツイッター社は、シドニー・パウウェル弁護士が起こした不正選挙訴訟を検閲

ツイッター社は、科学のみならず、法的文書も検閲するようになった。

カテゴリー
政治

ジョー・バイデンは負けることを察知しミッチ・マコーネル上院議長に助けを求める?|路徳社からの情報をGNewsが報道

全米が感謝祭の休暇となる日の前夜(11月25日)、以下の情報が掲載された。これはニュース・チャンネルの路徳社からの情報を、GNewsが英語に翻訳して掲載したものである。情報の確認は取れていないためこれをそのまま事実であると鵜呑みにすることはできないが、GNewsはハンター・バイデンの「地獄からのラップトップ」から見つかったプライベート画像や動画をインターネット上で最初に暴露したサイトである。GNewsは、スティーブ・バノン氏と交流がある郭文貴氏が立ち上げたニュースサイト。少なくともチャイナがからむ裏情報に関しては定評があると言えるかもしれない。

カテゴリー
司法 政治

【訴状要旨】パウウェル弁護士がジョージア州とミシガン州で「クラーケン」を放つ——ドミニオン社の投票システムは「イランやチャイナといったならず者によって確実にセキュリティー侵害を受けていた」

シドニー・パウウェル弁護士が、ついに「クラーケン」を解放した。11月25日(水曜)遅くに、予告されていたジョージア州だけでなく、ミシガン州でも訴訟を起こした。その訴訟内容は、ジョー・バイデン候補のために大規模なスキーム(計画・構想)の不正選挙が行われたというもの。

カテゴリー
政治

【速報】民主党側は全ての証拠を隠滅した。選挙結果を法的に証明することができない|ペシルバニア州公聴会での証言

現在も行われているペンシルバニア州議会の公聴会で、民主党側は証拠を全て廃棄したという証言がおこなわれた。これにより、選挙結果を法的に証明することができないという。

カテゴリー
コラム 司法 政治

ウィキリークスが2017年に公開したCIA文書が「クラーケン」を詳細に説明——フランスで行われた2012年大統領選挙でサルコジ大統領など主要候補者たちを盗聴する命令も下されていた

ジョセフ・ヒッポリト筆|2020年11月25日|Frontpage MAG掲載

 

なぜトランプが勝つことになるのか

「全くもって恐ろしい」確立された証拠

カテゴリー
政治

習近平がジョー・バイデンに初の祝意を伝える=新華社通信

米国現地時間の11月25日(水曜)、チャイナの習近平首席が、次期大統領に当選したと主流メディアによって報じられたジョー・バイデン候補に、初の祝意を伝えた。チャイナの国営通信社、新華社通信が報じた

カテゴリー
政治 社会

WHOのテドロス事務局長、新型コロナ・ワクチンが普及しても生活への制限は継続する

WHOのテドロス事務局長は、新型コロナのワクチンが普及しても、移動や生活への制限は継続するだろうと示唆する投稿をツイッターに行った。

カテゴリー
政治

「米国政府はチャイナの『興隆』を支援するべき」——バイデンが指名した国家安全保障担当補佐官・候補のジェイク・サリバン氏、その過去の発言に注目が集まる

ジョー・バイデン候補は、自らが政権を取った場合の国家安全保障担当補佐官として、ジェイク・サリバン氏を指名したと発表した。しかしサリバン氏が過去数年間に行った発言に注目が集まっている。

カテゴリー
司法 政治

シドニー・パウウェル弁護士が言う「クラーケン」とは、国防総省のサイバー戦争プログラム|The Marshall Report

ダイアン・マーシャル・筆|11月25日|The Marshall Report掲載

 

なんてことだ——これが「クラーケン」だった。それが国防総省のサイバー戦争プログラムだと誰が想像しただろう?ここはシステムを追跡し、ディープ・ステートが犯した悪意ある活動や犯罪行為の証拠を入手する組織だ!

カテゴリー
IT 司法 政治

ドミニオン社の投票システムを使った不正選挙は主に5都市で行われ、「ドロップ・アンド・ロール」という手法が使われた|Overstock社の元CEOが不正選挙の証拠を持っていると語る

Overstock社(20億ドル規模のeコマース企業)の設立者であるパトリック・バーン(Patrick Byrne)氏が、11月22日(日曜)ネット番組のThe Mc Filesに出演し次のように語った(録画された動画がRumbleに公開されたのは23日)。