カテゴリー
社会

ケビン・スペイシーによる性的被害を訴えていたノルウェー王女の元夫がクリスマス当日に自殺:スペイシーが「優しさを持って彼らを殺そう」とツイートした翌日

映画『ユージュアル・サスペクツ』のカイザー・ソゼ役や、Netflixの人気ドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で権謀術数を駆使する大統領フランク・アンダーウッド役で有名な俳優、ケビン・スペイシーは、数々の性 […]

カテゴリー
政治 経済

世界最大の超大国は米国か中国か?:ピュー研究所が各国に世論調査を実施

アメリカはいまだに世界最大の超大国なのか?この質問に対して、すでに「否(No)」と回答する人たちがいる。中国が既に米国を抜き、世界最大の超大国であると答える人たちが多い国や地域が、米世論調査団体のピュー研究所 (ピュー・ […]

カテゴリー
経済

過去30年間の世界の株式指数を可視化して比較:世界が3桁成長をする一方で日本は1桁成長

アメリカの株式市場の動きを示す指標として、S&P500種指数は最も一般的である。そのS&P500種指数は、直近の10年間で上昇相場が続いている。先週には、再び過去最高値を更新した。

カテゴリー
政治

トランプはまだ弾劾訴追されていない:ハーバード大学ロースクール教授が弾劾手続きを規定した米国憲法を説明

今週、日本の報道機関はこぞって「トランプ大統領は弾劾訴追された」と報じている。しかし、これは大誤報に終わる可能性がある。厳密な憲法解釈によると、トランプ大統領はまだ弾劾訴追されていないからだ。

カテゴリー
経済

米レポ取引市場の流動性枯渇危機が去る:年末年始のレポ取引市場で初めて資金需要が供給を下回る

ここでも報じた、クレディ・スイス銀行のストラテジスト、ゾルタン・ポザー氏が年末に起きると予言していたレポ取引市場の破綻危機は、回避されたようだ。

カテゴリー
IT 経済

SoftBankへの融資を大手邦銀が渋り始めたとブルームバーグ紙が報道:投資先Oyoの問題はインドから中国へも拡大し課題は山積

三菱UFJ銀行、三井住友銀行(SMBC)、みずほ銀行の大手邦銀3行は、これまで長年の優良顧客であったSoftBankグループ(以下SoftBank)へ追加融資を行うことを渋っていると、今週ブルームバーグがその詳細を報じた […]

カテゴリー
IT 経済

世界のテレビ広告売上が2009年レベルにまで急減:視聴者の間で「コード・カッティング」が広まっていることや景気減速リスクが高まっていることが背景

アメリカの広告会社Interpublic Group of Companiesの調査部門Magnaは、2019年における世界のテレビ広告売上が約4%下落し、2008〜2009年に起きた世界金融危機以来、最大の下げ幅を記録 […]

カテゴリー
IT 司法 経済

中国政府が米市場に上場しているP2P融資企業FinceraのCEOを拘束

中国政府は、ニューヨークの市場に上場しているP2P融資(ソーシャル・レンディング)企業Finceraの北京オフィスに強制捜査を行い、同社の会長を金融犯罪の容疑で拘束したとフィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。中国政 […]

カテゴリー
政治

世界銀行が台湾出身の職員たちに対して中国のパスポートを取得することを義務化していた

世界銀行は、今年、台湾国籍を持つ現職および将来の世界銀行職員に対して、中華人民共和国が発行した旅券を提示することを義務付けていたことが明らかとなったとAxiosが報じた。

カテゴリー
経済

ニューヨーク連銀が過去最大5000億ドルという超巨額資金を市場に供給すると発表:年末に向けレポ取引市場で流動性が枯渇する危険を回避するため

本日12月12日、ニューヨーク連銀の公開市場取引デスクは、最新の週間「レポ・オペレーションに関する声明(Statement Regarding Repurchase Operations)」を発表し、12月13日〜1月1 […]