カテゴリー
社会

米疾病管理予防センター所長、マスクのほうがワクチンよりも新型コロナの予防に有効と連邦議会で証言

米国現地時間の9月16日(水曜)、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は上院予算委員会の公聴会に呼ばれ、連邦政府による新型コロナ対策について上院議員たちからの質問に応じた。その質疑応答の中で、レッドフィールド所長は、マスクを着用するほうが現在開発中のワクチンよりも新型コロナの予防に有効であると発言した。

カテゴリー
IT コラム 社会 言論

ツイッター社、香港から米国へ亡命したヤン博士のアカウントを凍結|新型コロナウイルスは人工的に作られたものであることを実証する論文を投稿した翌日

香港から米国へ亡命したリ・メン・ヤン(閻麗夢)博士は、新規開設した自身のツイッター上で、9月14日(火曜)新型コロナ(武漢ウイルス)は人工的に作られたものであることを実証する論文を発表した。しかしその翌日、ツイッター社はこのヤン博士のツイッター・アカウントを突然凍結した。

カテゴリー
社会

香港から米国へ亡命したウイルス学者のヤン博士、新型コロナウイルスは研究所で人工的に作られたものであることを実証する論文を発表

今年4月、香港大学公衆衛生学院でウイルス学と免疫学の専門家だったリ・メン・ヤン(閻麗夢)博士が米国に亡命した。彼女が勤務していた香港大学の研究所は、WHOのレファレンス・ラボ(参照試験所)という立場にあり、世界に新型ウイルスについて最新の情報を伝える義務を負っている。

カテゴリー
IT 社会 言論

ユーチューブがまたもや検閲|今度はホワイトハウス公衆衛生アドバイザーのインタビュー動画を削除

8月末、スタンフォード大学のフーバー研究所は、ホワイトハウスで公衆衛生アドバイザーのトップを務めるDr.スコット・アトラスへの1時間近いインタビュー動画をユーチューブに投稿した。Dr.アトラスは、同じくホワイトハウスで公衆衛生アドバイザーを務めてきたDr.ファウチの後任といわれる人物。

カテゴリー
社会

ユネスコ関連機関WABTのトップを務めるイタリア人科学者、新型コロナはチャイナの研究所で人工的に作られたと結論付ける書籍を出版。効果的な単一ワクチンは「可能性が低い」

バイオテクノロジーおよびナノテクノロジーの分野で国際的に有名なイタリア人科学者のジュゼッペ・トリット(Giuseppe Tritto)教授が、8月4日、イタリアの大手出版社エディツィオニ・カンタガッリ(Edizioni Cantagalli)から『Cina COVID-19: La Chimera che ha cambiato il Mondo (訳:チャイナCOVID-19:世界を変えたキメラ)』というタイトルの書籍を出版した(現在はイタリア語のみ)。トリット教授は、国際機関ユネスコの支援を受けて1997年に設立されたWorld Academy of Biomedical Sciences and Technologies (WABT) (世界生物医学サイエンス&テクノロジー・アカデミー)の現職のプレジデントでもある。

カテゴリー
社会

米CDCが衝撃の事実を発表|全米の新型コロナ死亡者数のわずか6%しか新型コロナのみによる死亡ではない

先週末、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は新型コロナ(武漢ウイルス)による死亡者数について衝撃の発表を行った。

カテゴリー
IT 社会 言論

抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンは新型コロナの治療と予防に有効と声を上げる医師や専門家が、次々とメディアによって言論封殺される|Dr.ファウチや既得権益がその有効性を否定する理由とは?

抗マラリア薬として60年以上も広く使われ、適量を守れば妊婦や児童が服用しても安全であることが証明されている薬ヒドロキシクロロキンの議論が米国内で激化し、情報戦争の様相を呈してきている。どちらの意見が正しいかという以前に、一方の意見がメディアによって過剰なまでに言論封殺されるという異常事態となっている。

カテゴリー
司法 政治

米上院司法委員会は米国民が新型コロナに関してチャイナを訴えることを可能にする法案を可決|「チャイナ・クイーン」の異名をとる民主党のファインスタイン議員は、「チャイナは尊敬に値する国に成長している・・・これは大きな誤り」と反対票を投じる

アメリカ連邦議会の上院司法委員会は、7月30日、コロナウイルス・パンデミックを防ぐことを怠った責任で、アメリカ国民がチャイナを訴えることを可能にする法案『COVID犠牲者のための市民正義法:Civil Justice for Victims of COVID Act (S. 4212)』を可決した。同法案の審議は1ヶ月以上前から行われていた。

カテゴリー
政治

「チャイナはWHOのテドロス事務局長を買収しており、それを裏付ける機密情報はある」とポンペオ国務長官が英国の国会議員たちに語る

訪英中のマイク・ポンペオ米国務長官は、英国国会議員の一団に対してチャイナがWHOのテドロス事務局長を「買収している」と語った。本件を知る複数の人物の話としてデイリー・テレグラフ紙やブルームバーグ通信など複数のメディアが報じた

カテゴリー
社会

米国政府はファイザーから1億回服用分のCOVID-19ワクチンを約20億ドルで購入する契約に合意

アメリカの保健社会福祉省(HHS)と国防総省(DOD)は、製薬会社のファイザー(Pfizer)から1億回服用分の新型コロナ用ワクチンを19億5000万ドル(約2000億円)で購入することに合意したと発表した。実際に購入するのは、ワクチンが試験を終え承認された場合という条件が付帯している。これをフィナンシャル・タイムズ紙が報じた