ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

全米で再び暴動が広がる——「ミネソタ暴動」は3夜目に突入しポートランドにも飛び火 警察は催涙ガスを発射 州兵も出動

「ミネソタ暴動」は3夜目に突入しポートランドにも飛び火 警察は催涙ガスを発射 ミネソタでは州兵も出動

ミネソタ州ブルックリンセンターで警察を取り囲む群衆|4月12日撮影(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

ミネソタ州ブルックリンセンター市で4月11日(日曜)午後、交通違反で取り締まりを受けたドンテ・ライトさん(20歳)が白人女性警官に銃で撃たれ死亡する事件が発生した。この事件が報じられると同市ではデモ抗議が発生し、それはすぐさま破壊行為や略奪行為へと発展している。この「ミネソタ暴動」は3夜連続で発生しており、ポートランドやシアトルなどに飛び火している

 

事件発生から2日後の13日(火曜)、銃を撃った警官のキム・ポッターとブルックリンセンター警察のティム・ガンノン署長は辞任したと報じられた。ブルックリンセンターは、ミネアポリスの郊外にある。

ミネソタ州ブルックリンセンターで4月11日(日曜)に発生した「デモ抗議」の様子。

【訳】1人の警官が銃撃に関与した後、暴動がミネソタ州ブルックリンセンターの各地で発生している。

 

暴動鎮圧警察が登場。

 

 

 

デモ抗議は暴動や略奪行為へと発展している。

【訳】ブルックリンセンターで、BLMの社会正義活動家たちは、さらなる商品解放活動を実行中。

 

【訳】最新:ブルックリンセンターで略奪行為

 

【訳】ブルックリンセンターにあるCVS(ドラッグストア・チェーン)が略奪されている。Foot Locker(靴の小売店)とウォルマートも略奪。略奪騒ぎがやり放題!

 

【訳】速報:ブルックリンセンター近くのウォルマートとFoot Lockerで大規模な略奪行為が発生していることの報道

 

#ミネソタ

 

20歳のドンテ・ライト殺害について、ミネソタ警察と抗議デモとの間では依然として緊張状態。彼はミネソタ警察に交通違反で取り締まりを受けていた。#ブルックリンセンター #ミネアポリス

 

このミネソタ州で発生した抗議デモや暴動、略奪は、翌日4月12日(月曜)になるとポートランドにも飛び火している。

【訳】約200人の群衆がケリー・ペナンブラ・ビル近くに集合している。瓶、石、そして大きな花火などが警察に向かって投げつけられている。(警察車両の)窓ガラスが割られている。1/2

 

この夜、ポートランド警察は、「犯罪行為が発生しているため不法集会を宣言」している。

 

【訳】ポートランドの抗議デモは、ドンテ・ライトのための夜の祈りを行った後、ペナンブラ・ケリー警察管区まで行進。ドンテ・ライトはミネソタ警察の警官に殺害された。

 

抗議デモ参加者たちは、「すべての市。すべての町。警察署を焼き尽くせ」と掛け声を上げた。

【訳】「すべての市。すべての町。警察署を焼き尽くせ」。

 

【訳】この警察管区で、警官たちが群衆たちに向かって出動。群衆の中の数人が花火を投げつける。

 

 

ポートランドのデモ参加者はゴミ箱に火を放っている。

 

12日(月曜)、ミネソタ州では2000人以上の州兵が出動し、市長は外出禁止令を発令した。

 

そして3夜目となる13日(火曜)、雪が舞い冷え込み、いまだ夜間外出禁止令が出されているにもかかわらず、数千人のBLM活動家たちがミネソタ州ブルックリンセンターに現れた。

 

この夜、デモ参加者たちは「ACAB(All Cops Are Bastards=すべての警官はろくでなし)」と書かれた盾を持ち、死亡したドンテ・ライトさんの名前と「Black Lives Matter」と掛け声を上げながら警察官たちを取り囲んだ。

 

【訳】ここブルックリンセンターでの現在の様子。警察は催涙ガスと特殊閃光手りゅう弾を使って、ドンテ・ライトさんのための抗議デモを離散させようとしている。

 

警察は、「今すぐここから立ち去りなさい」と命じ、それに応じなかった群衆に催涙ガスを発射している。

 

警官に対して物を投げつける抗議デモ隊たちを、皮肉を込めて「平和な」抗議デモとコメントする投稿。

【訳】今晩のブルックリンセンターでの平和な抗議デモから。

 

このように全米に広がる暴動や抗議デモについて、某大手検索エンジンでは「暴動 今日」と検索してもミネソタ州の暴動を報じる記事が表示されず、シャドーバンが行われていると報じられている

 

独立系検索エンジンのDuckDuckGoと大手検索エンジンとの検索結果を比較する投稿:

 

某大手検索エンジンでは、1月6日の議事堂襲撃を報じる記事や、40年前に発生したブリックストン暴動が検索結果に表示された。 それに対して、DuckDuckGoはミネソタ暴動に関する最新記事が検索結果に表示されている。

 

マイクロソフト社の検索エンジンBingも、ミネソタ暴動に関する最新記事が表示されると報じられている。


サミットニュースのポール・ジョセフ・ワトソン記者は次のように報じている

ツイッター社はまたしても、(ミネソタ暴動の)混沌とした状況を「抗議デモ」と言い続けている。ジョー・バイデン自身は、略奪行為や建物への襲撃は正当な抗議の形態ではないと断言しているにもかかわらず。

 

「正義」や「平和的抗議」とは無関係の凶悪犯が、このタイミンに便乗してライト氏の殺害事件を利用していることは明白であるにもかかわらず、メディアやビッグテックのエスタブリッシュメントは、BLMに触発された暴力的な卑劣な人間たちを擁護し続けている。

 

「暴動」や「略奪」ではなく、「抗議デモ」と報じるニュースがツイッターではトレンド入りしている:

 

一方、南カリフォルニアのハンチントンビーチでは、4月11日(日曜)、「White Lives Matter(白人の命は大切)」という抗議デモが発生し、それに反対するグループと衝突する事態が発生している。

 

 

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。