ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

イスラエルの新型コロナ重症患者の95%が完全にワクチン接種済み:オーストラリアNSW州では新型コロナのICU入院患者全員がワクチン接種済み

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/zGAmr (『https://』は省略可能です)

新型コロナワクチンの接種が進む各国で、ワクチン未接種者ではなく、接種済みの人々が重症化し入院するというデータが次々と報じられるようになっている。

 

まず、国民の間で新型コロナワクチンの接種が最も進む国の一つであり、世界で初めて3度目の接種「ブースターショット」を開始したイスラエルで、「重症化した患者の95%がワクチン接種済み」、「入院した患者の85%~90%は完全にワクチン接種を終えた人」というデータが8月5日(木曜)に報じられた。

【訳】「重症化した患者の95%がワクチン接種済み」。

入院した患者の85%~90%は完全にワクチン接種を終えた人」。

「我々は、新型コロナ病棟をどんどん開設している」。

「ワクチンの効果が薄れてきている/消えてきている」

(Dr.コビ・ハビブが今朝チャンネル13に出演して語った@ニュース・イスラエル13)

(原文の大文字強調を太字で表示。)

 

このイスラエルからの報告に、mRNAワクチン技術を発明した米国のロバート・マローン博士は次のように投稿している:

【訳】知っておいて損はない:イスラエルで真実が報道された

+++

もしこれが事実であり、検証されれば、現状はますます抗体依存性感染増強(AED)のように見えてきている。

 

入院患者のほとんどがワクチン接種済みの人たちという現象は、オーストラリアでも報告されている。7月25日(日曜)に投稿されたテレビのニュース速報の動画で、シドニーがあるニューサウスウェールズ(NSW)州の新規感染者データを次のように発表している。

 

【訳】これら141人の新規感染者のうち、60人が55歳前後、28人が35歳以下です。43人がICUに入院中です。1人はティーン(10代)。7人は20代。3人は30代。4人が50代。12人が60代。6人が70代。

ですので、これは全ての年齢層に影響している、非常に深刻な病気です。

1人を除く全員が、ワクチン接種済みです。この1人は1回だけワクチン接種を受けていました。

1人を除く全員が、ワクチン接種済みです。この1人は1回だけワクチン接種を受けていました。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。