最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

日本のメディアが一斉に誤報:モラー特別検察官の議会証言をめぐる報道

先週、モラー特別検察官(現在は退任)が7時間以上かけて行なった議会証言は生中継され、全米で1300万人以上の人が視聴したと言われている。(参照:「モラー特別検察官が連邦議会で7時間の証言:マイケル・ムーア監督もウンザリ」。)日本でもそのことが大々的に報道されたが、日本のメディアは横並びで誤報を行っている。日本のメディアによる決定的に間違った報道内容は、「大統領退任後に訴追の可能性があるとモラー特別検察官が証言した」という点だ。

 

以下はこのことを誤って報じた日本のメディア(その一部):

 

【テレ朝】“大統領退任後に訴追も”ロシア疑惑巡りミュラー氏

ミュラー元特別検察官:「(Q.トランプ氏は大統領退任後に司法妨害で訴追され得るか?)その通りだ」

 

【報ステ】「大統領退任後に訴追も」ロシア疑惑

「現職の大統領は起訴できない」として、大統領が退任した後に訴追されることもあり得るという見解を明らかにした。

 

NHK総合 おはよう日本

一方、捜査結果をまとめた報告書で大統領を訴追すべきかどうか明確な結論を示さなかった理由を質されたのに対して、「現職の大統領は刑事訴追できないという司法省の見解があるためだ」とした。
そのうえで「大統領が退任したあとは、司法妨害の罪で訴追されうるのか」と問われると、「そのとおりだ」と答え、トランプ大統領が退任後に訴追されることもありうるという見解を明らかにした。

 

【朝日新聞】トランプ氏の潔白証明されず、モラー元特別検察官が議会証言

大統領が退任後に訴追される可能性はあるとも述べた。

 

 

【産経新聞】露の干渉、「来年の大統領選でも」 元特別検察官が下院委で証言

また、トランプ氏による捜査への司法妨害については、完全に潔白だと判断したわけではないとの認識を改めて示す一方で、大統領退任後に訴追される可能性があるとした。

 

 

【TBS】モラー元特別検察官、トランプ氏の潔白証明されずとの認識改めて示す

さらに、モラー氏は、大統領が退任した後に訴追されることはあり得るかという質問に対し、「その通りだ」と答えました。

 

 

【時事】米大統領の潔白意味せず=元特別検察官が下院委で証言-トランプ政権のロシア疑惑

 

また、大統領が退任後に訴追されることはあり得るかとの質問に対しては、「その通りだ」と肯定した。
 捜査終結後、モラー氏の議会証言は初めて。モラー氏は冒頭、準備した書面を読み上げ、2016年米大統領選でのトランプ陣営とロシアとの共謀を「立証するには至らなかった」と説明。トランプ氏の司法妨害の疑いについて、現職大統領を訴追しない司法省の慣例に従い「罪を犯したかどうかの判断を見送った」と語った。

 

 

* * *

 

 

モラー特別検察官が実際に証言した内容を以下に翻訳して紹介する。(モラー証言の全文は文字起こしされており、NBC Newsのサイトに掲載されている。

 

 

LIEU:

 

I believe any reasonable person looking at these facts could conclude that all three elements of the crime of obstruction of justice have been met. And I’d like to ask you the reason, again, that you did not indict Donald Trump is because of OLC opinion stating that you cannot indict a sitting president, correct?

MUELLER:

That is correct.

(訳)

リュー議員(カリフォルニア州選出・民主党):

 

これらの事実を目にしたいかなる合理的な人物は、司法妨害という犯罪を構成する3つの要素の全てが満たされていると結論づけることができると私は信じる。そして再び私はあなたに理由を質問したい。ドナルド・トランプを訴追しなかった理由は、OLC(司法省の内規)であなた(特別検察官)は現職の大統領を訴追できないと記しているためというのは正しいですね?

 

モラー特別検察官:

 

その通り、正しいです。

 

 

この証言が行われた場面の動画を、リュー議員がツイッターで投稿している:

 

 

 

 

 

以上の証言は午前中に行われ、休憩を挟んで行われた後半の部、その冒頭でモラー特別検察官は次のように午前中の発言内容を訂正した。

 

 

MUELLER:

 

Now, before we go to questions I want to add one correction to my testimony this morning. I wanted to go back to one thing that was said this morning by Mr. Lieu. It was said, and I quote, “you didn’t charge the president because of the OLC opinion.” That is not the correct way to say it.

 

As we say in the report and as I said in the opening, we did not reach a determination as to whether the president committed a crime.

 

(訳)

 

モラー特別検察官:

 

ここで、質問に移る前に、今朝、私が行った証言について1箇所修正したい。リュー議員が今朝発言した1点に立ち返りたいと思います。彼の発言内容を引用しますと、「あなた(モラー特別検察官)はOLC(司法省の内規)が理由で大統領を訴追しなかった」と発言されました。しかしこれは正しい言い方ではありません。

 

我々が報告書の中で記し、また私が今朝のオープニングで述べたように、大統領が犯罪を犯したかどうかに関して、我々は決定に至らなかった。

 

 

 

つまり、モラー特別検察官は、「(Q.トランプ氏は大統領退任後に司法妨害で訴追され得るか?)その通りだ」という午前中に行った証言内容を撤回している。モラー氏が証言内容を直後に撤回しているにも関わらず、日本のメディアは訂正した事実を伝えず、間違った内容を報道している。

 

トランプ大統領を弾劾することをいまだに目論んでいる民主党議員らは、モラー氏が証言を撤回したことを非難するか、もしくは完全に無視している。

 

モラー氏にこの質問を行ったリュー議員は次のようにツイートしている:

 

 

 

(訳)

例え話:モラーは私たちに1枚のパンを渡し、そこにハムをのせ、それからもう1枚パンをのせた。私たちはそれをハムサンドと言うが、モラーは、「私はそれをそう呼んではいけないと指導されているため、それがハムサンドであるかどうかを結論付けなかった」と言う。

 

 

一方、民主党の大物議員で、モラー氏が証言を行った下院司法委員会の議長を務めているナドラー議員(ニューヨーク州選出)は、トランプ大統領を弾劾に追い込もうとする勢力のリーダー格的存在である。ナドラー議員は、モラー氏が証言を訂正したことを完全に無視して、都合の良い証言だけを引用していることがすでに指摘されている。

 

 

 

(訳)

ナドラーは、モラー氏がその後訂正した、テッド・リューと交わした証言をそのまま引用しており、その証言が後に訂正されたことを説明していない。

 

 

 

日本のメディアは、前回の大統領選挙で、民主党から出馬したヒラリー候補を推す左派メディアが報じることをそのまま日本国内でも報道した。その結果、トランプの当選を全く予想できなかった。今回の誤報は、当時から全くメディアの健全性も中立性も変わっていない証左と言える。日本の新聞やテレビはいつまでアメリカの偏った左派メディアの代弁を続けるのだろうか。

 

一方、モラー氏が証言内容を撤回したり、疑惑の中枢となるFusion GPS社について知らないと証言するなどの事実から、モラー氏は実際には捜査をほとんど行っていないのではないかと言われ始めた。民主党支持派のFBI捜査員のみによって構成された捜査チームに権威付けを行うために、モラー氏は「名前貸し」しただけではないかという可能性が指摘されている。

Gab(ギャブ)でフォロー
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。