最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

新型コロナウイルスを開発し654万8,093人を死亡させたとしてエコヘルス・アライアンス他に10億ドルの損害賠償請求訴訟——「この訴訟から世間の目を逸らすようにウクライナで核戦争の脅威が高まっているのは都合が良すぎる」とレンツ弁護士【インタビュー】

トマス・レンツ弁護士(Screenshot via InfoWars)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/VNVPz (『https://』は省略可能です)

新型コロナウイルスの開発とその隠蔽を行ったとして、エコヘルス・アライアンスとその社長ピーター・ダザック、そしてノースカロライナ大学のラルフ・バリック教授を相手取り、トム・レンツ弁護士が10億ドル(約1450億円)の損害賠償請求訴訟をニューヨーク州で提起した。米国現地時間の10月6日(木曜)、レンツ弁護士が自身のHP上で明らかにした。

訴状は、被告が開発に関与したSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)が、その後チャイナの武漢にある研究所から放出されたことにより、原告が負傷または死亡したことに彼らは責任があると主張している。

先月25日にもトム・レンツ弁護士へのインタビューをここで紹介した。レンツ弁護士は、米国政府によるパンデミック対策が原因で被害を受けた人たちを救済するため、アンソニー・ファウチら米国政府およびその関係者らを相手取り、2021年6月10日、アラバマ州連邦地裁でも集団訴訟を起こしている。今回、ニューヨーク州で提訴された10億ドルの損害賠償請求訴訟はこれとは別の新たな民事訴訟となる。

そして10月10日(月曜)、レンツ弁護士は人気ネット番組InfoWarsに出演し、新たに起こしたこの損害賠償請求訴訟について詳しく説明した。ライブ配信されたこの番組は、100万人以上がリアルタイムで視聴した。また、コロナ・パンデミックの発生にはハンター・バイデンや米国諜報機関などが深く関わっていることを示す証言が得られたこの訴訟から、世間の目を逸らすようなタイミングで、突然ウクライナで核戦争の脅威が高まっているのは「都合が良すぎる」と、レンツ弁護士は見解を語った。

以下はこのインタビューを抄訳したもの。(録画されたインタビュー動画は記事末尾でご確認いただけます。)

* * *

アレックス・ジョーンズ司会者:速報です。たった今、ロシアがドイツ領事館を爆破しました。(ウクライナ)全土で爆撃が行われています。これは偽旗作戦(ロシアの攻撃に見せかけたウクライナの自作自演)の可能性がありますが、おそらくそうではないのでしょう。プーチンはウクライナ国内にあるNATOの標的をターゲットにし始めたと発言しましたから。・・・(略)・・・

戦争に関するこのニュース速報が入ってくる中、ポジティブなニュースもあります。・・・素晴らしい愛国者であるトム・レンツ氏とのインタビューを1時間予定していましたが、30分に短縮しないといけなくなりました。お詫びします。ですがこの戦争に関するビッグ・ニュースが入ってきたのでご理解ください。

さて良いニュースです。今ある悪夢に明るい兆しです。ドイツ、英国、カナダ、オックスフォード大学、米国などで行われた様々な研究、そして(フロリダ州政府の)公衆衛生局長官が1年間にわたって行った研究の結果、(mR○Aワ○○ンを接○した)18歳~39歳の男性の間で心臓発作が起きる確率(正確には「心臓関連死」の確率)が84%高まることが示されました。私たちはすでにこのこと(心筋炎や心膜炎のリスクが高まること)を知っています。これ自体は悪いニュースですが、良いニュースは、推進派の人間たちが「いやそんなことはない」と否定している中、この研究結果は文字通りグローバリストたちを心底震え上がらせているということです。

【補足】フロリダ州の公衆衛生局長官であるジョセフ・ラダポ博士(医師資格も持つ)が10月7日にこの研究結果をツイッターに投稿した(以下)。ツイッター社はラダポ博士の公式アカウントを凍結し、この投稿を削除したが、「科学的事実をツイッターは言論封殺するのか」との大批判が起き、ツイッター社は検閲を撤回している。

【訳】本日、私たちは一般の方が知っておくべきCOVID-19 mR○Aワ○○ンに関する分析結果を発表しました。この分析では、18~39歳の男性において、心臓関連の死亡リスクが増加することが示されました。フロリダ州は、真実について沈黙することは絶対にありません。

ガイダンス:https://t.co/DcWZLoMU5E

プレス発表:https://content.govdelivery.com/accounts/FLDOH/bulletins/3312697

ジョーンズ司会者:機能獲得研究など、あまりにも多くの「戦線」が展開されていますが、人々は目覚め始めています。

トム・レンツ氏は有名かつ優秀な弁護士であり、ビッグ・ファー○に立ち向かう槍の先端として突き進んでいます。Renz-law.comです。これまでにもすでに成果をあげられているほか、とても雄弁な方でもあります。・・・彼をご紹介する前に、私がとてもポジティブな兆候だと思っているのは、全米での(1日の?)接○者数が、ピーク時から90%以上、下落しているということです。地域によっては99%も下落していて、新しい、いわゆる「ブー○ター」を接○していないということです・・・人々はやっと目覚め始めています。

レンツ弁護士、どこから話を始めますか?

レンツ弁護士:私がこうして登場する前にあなたの番組を見させて頂きました。これを話すつもりはなかったのですが、コロナと戦争について少し話をさせてください。

・・・中国人らとともにチャイナ武漢の研究所でSARS-CoV-2を開発したとして、エコヘルス・アライアンスと他数名に対して私たちは10億ドルの損害賠償請求訴訟を起こしました。彼らはこれをそこで作ったと私たちは主張しています。私たちは法廷でそのことを証明できると確信しています。私たちはそれを明らかにするつもりです。そして私たちは勝訴するつもりです。私たちには直接目撃した内部告発者やその他(の証拠)があります。

この件は、人類に対して起こされた史上最大の謀略です。彼らの試算でも650万人が亡くなっているのです。650万人もの人々が殺害されたことに対して、様々な「逸らし」が行われているのを皆さんは目撃されています。まもなく(米国では)中間選挙が行われることなど・・・私たちはこのような事案としては過去最大の訴訟を起こしました。すると突然、戦争についての大きな話題が(メディアを)席巻しています。・・・大々的な戦争の話題、大々的な混沌とした状況が席巻しています。

私が問いたいのはこういうことです・・・私たちは今回の訴訟を起こしたという事実があります・・・そして私たちが公開したこの訴訟に関係する(調査)報告書は、このこと(コロナ・パンデミック)がハンター・バイデンとつながりがあり、アメリカ諜報機関とつながりがあり、軍産複合体とつながりがあることを示しています。こうした関係者たちとのつながりが示される中、突然、私たちは(核)戦争について話題にするようになったというのは都合が良すぎやしませんか?

ジョーンズ司会者:私も全く同じ意見です。今朝、職場に向かって運転している時、核戦争の状況ですら「逸らし」なのではないかと思いました。・・・まずはあなたが今回起こされた訴訟について視聴者に説明してください。

レンツ弁護士:わかりました。・・・もしあなたがダイナマイト工場を建設して、それが爆発し、周囲にいた人たちを死なせてしまった場合、あなたは訴えられることになります。あなたのダイナマイト工場が爆発したことで亡くなった人たちに賠償をしなければいけません。今回のケースでは、彼らは生物兵器を作ったと私たちは主張しています。彼らはSARS-CoV-2を実験室で作ったと私たちは主張しています。彼らは、歴史上、最も危険な生物剤(生物兵器)を作ったと私たちは主張しています。そしてそれが外界に出てしまい、何百万人もの命を奪ったと私たちは主張しています。

こんなことが起こってしまった場合、誰がその死に対して賠償を払うことになるでしょうか?大虐○やロックダウンに対して、誰が賠償することになるでしょうか?650万人もの犠牲者です。その中にはワ○○ンによる死亡者や、その他の死因の(超過)死亡者はカウントされていません。ですので、今回の訴訟は説明責任を求める第一歩と考えています。私はこれにとても期待しています。

ジョーンズ司会者:私も同感です。・・・私は撮影クルーにこのインタビュー動画を切り抜きして、いち早く投稿するよう指示しました。あなたがお話しされたことは非常にパワフルな内容です。・・・

あなたはこれまでにも多くの訴訟案件に携わり成果をあげてこられました。そして今回、あなたはピーター・ダザックおよびその他の犯罪カバールたち(陰謀団)に対して10億ドルの訴訟を起こした。

この訴訟がどれほど巨大なものか順を追って説明してください。

2ページ目を読む>>

合計4ページ

BonaFidrをフォロー

執筆者

error: コンテンツは保護されています。