オールドメディアが伝えない海外のニュース

英アンドリュー王子が引退後初の声明を発表:エプスティーン事件で新たな動画が公開され容疑が深まる中

9年前の2010年12月6日、英アンドリュー王子がニューヨークにあるエプスティーンの豪邸にいる場面を撮影した動画が昨日公開された(冒頭の写真はその動画から)。英Daily Mail紙がこの動画を報じた。この動画には、エプスティーンが若いブロンドの女性と徒歩で豪邸を出た後、1時間も経たずしてアンドリュー王子が入り口のドアから顔を覗かせている。

これが公開された動画の一部:

 

 

 

エプスティーンの豪邸からわずかに顔を覗かせ、若い女性を見送っているアンドリュー王子の姿が撮影されている。

 

アンドリュー王子は、誰にも見られていないか確認しているように見える。

 

 

2010年というのは、エプスティーンがフロリダ州で未成年の少女に対する性犯罪で有罪判決を受けた2年後。英国王室の王子が、未成年への性犯罪で有罪になった人物と深い親交があった証拠が流出したことで、アンドリュー王子への非難が一層、高まっている。

 

エプスティーンに性的搾取をされていたと主張しているバージニア・ジフレ(旧姓バージニア・ロバーツ)さんは、彼女が17歳の時にアンドリュー王子とエプスティーンのニューヨークの豪邸で性的関係を強要され、実際に性的関係があったと主張している。バッキンガム宮殿は、アンドリュー王子は誤った行為は一切行っていないと容疑を否定。さらに、先週日曜、エリザベス女王とアンドリュー王子が隣同士で車に座り、バルモラル城の近くにある教会へ向かう様子を一般に公開している。これはエリザベス女王が、アンドリュー王子をサポートする姿勢を示したパフォーマンスだと指摘されている

 

 

すでにアンドリュー王子とエプスティーンの間に深い親交があったことは知られており、アンドリュー王子もエプスティーン事件に関わった加害者なのではないかという疑いが報じられていた。その嫌疑が深まる中、アンドリュー王子はエプスティーンから距離を取るコメントを続けていた。そして先日、ついに公務からの引退を発表したアンドリュー王子ではあるが、昨日、さらに容疑を深める動画が公開されたことで、ますます世間の非難にさらされている。

 

英アンドリュー王子が公務から引退:エプスティーン事件に絡み未成年の少女と性的関係を持った嫌疑の最中

 

アンドリュー王子は、1999年中頃、エプスティーンをスコットランドのバルモラル城に招待していたことも明らかとなっている。そこに同行した若い女性がDaily Mailに語った内容によると、アンドリュー王子が直々に出迎えてくれたという。当時、エプスティーンはすでに若い女性を性的搾取するために勧誘活動を行っていた。エプスティーンがバルモラル城を訪問した際、エリザベス女王もそこに滞在中であったと報じられている。

 

昨日の動画公表を受け、昨晩アンドリュー王子は自分にかけられた容疑について「愕然とする」と声明を発表。

 

バッキンガム宮殿は次の声明を発表している:

 

アンドリュー王子は、ジェフリー・エプスティーンにかけられている容疑に関する最近の報道について愕然としている。アンドリュー王子は、いかなる人間を搾取することを遺憾に思っている。そして彼がそのような行動を容赦し、自ら関わり、もしくは強く促したと示唆することは、嫌悪する許しがたいことだ。

 

(原文:’The Duke of York has been appalled by the recent reports of Jeffrey Epstein’s alleged crimes.

 

His Royal Highness deplores the exploitation of any human being and the suggestion he would condone, participate in or encourage any such behaviour is abhorrent.’)

 

アンドリュー王子がエプスティーンをバルモラル城に招待してから約1年後、2000年6月に、エプスティーンと彼の共犯者という容疑がかけられているマックスウェルの二人は、エリザベス女王がウィンザー城で開いたパーティーに参加している。そのパーティーは、アンドリュー王子の40歳、アン妃の50歳、マーガレット妃の70歳、ウィリアム王子の18歳を祝うためのものであった。

 

2001年、アンドリュー王子は、ロンドンでエプスティーンの犠牲者の一人であるバージニア・ジフレさんに会っている。ジフレさんによると、エプスティーンとロンドンに旅行に行った際、アンドリュー王子と初めて面会し、バスルームでアンドリュー王子と性的関係を持ったと証言している。

 

ジフレさんは、アンドリュー王子と、ロンドンとニューヨークで合計3回、性的関係を持ったと主張している。当時、彼女は17歳だった。

 

ジフレさんによるアンドリュー王子に関する主張は、2014年に法廷に提出されたが、判事は「実体がなく無関係」と却下している。

 

アンドリュー王子は、彼女との性的関係を完全に否定している。

 

バッキンガム宮殿は、声明で次のように発表している:

 

未成年との不適切な行為に関するいかなる主張は、完全に虚偽である。アンドリュー王子がいかなる性的接触や関係をバージニア・ロバーツと持ったということを断固として否定する。

 

(原文:’Any suggestion of impropriety with underage minors is categorically untrue. It is emphatically denied that the Duke of York had any form of sexual contact or relationship with Virginia Roberts.’)

 

しかし、アンドリュー王子がジフレ(ロバーツ)さんの腰に手を回して撮られた写真が存在する。アンドリュー王子は、この写真に対して説明を行っていない。

 

アンドリュー王子のスポークスパーソンは、エプスティーンがバルモラル城を訪問したことに関してコメントを拒否している。

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録