オールドメディアが伝えない海外のニュース

日本は大流行になる崖っ淵に立たされているようだと米食品医薬品局(FDA)の元長官が警鐘

日本は大流行になる崖っ淵に立たされているようだと米食品医薬品局(FDA)の元長官が警鐘

FDA元長官スコット・ゴットリーブ氏(Screenshot via CNBC)


厚生労働省の加藤勝信大臣は、世界的にその失態をさらしてしまった。全世界が注目する中、武漢コロナウィルス(COVID-19)を水際で封じ込めようとする厚生労働省の対応のお粗末さ加減が次々と明らかとなり、結局、ダイヤモンド・プリンセスに閉じ込められていた乗客・従業員たちの間で大規模感染を引き起こした。

さらに、米国、台湾、欧州など先進主要各国が中国からの訪問客を早々と全面入国禁止にしたにもかかわらず、日本政府だけは湖北省と浙江省に限定した入国禁止措置しかとっていない

災害派遣医療チームの一員として18日にダイヤモンド・プリンセスに乗船した、感染症が専門の岩田健太郎神戸大学教授が、船内の2次感染リスクの管理が不十分だったと政府の対応を批判する英語の動画(以下)を公開している(更新:本人は動画を削除したが、別のユーザが再アップロードしている)。

こうした批判を受けて、「政府関係者によると、習近平国家主席の国賓来日を控えて中国側から『大ごとにしないでほしい』と要請があったといい、これも後手に回った要因だとみられる」などという「内情」をリークする政府関係者が現れている

中国共産党の顔色をうかがうような親中政策の裏側には、そうした中国政府からの「要請」があるというのは誰もが気がついていたことだろうが、自国民の生命を守ることを二の次にして外国政府の要請を優先させたという事実は歴史に刻まれた。

こうした日本政府の失政は全世界に報じられており、世界が今後の日本政府の対応、そして感染拡大の動向を固唾を飲んで見守っている。そんな中、米食品医薬品局(FDA)の元長官であるスコット・ゴットリーブ氏は今週火曜、日本で新型コロナウィルスが大流行するという崖っ淵に立たされているように見えると語り、日本の状況を注視する必要があると発言した

東京都はこの日、業界団体の要請に応じてバスやタクシー運転手らに約15万枚のマスクを配布することを決定した。

世界は、中国国外としては初めて、日本で最初の大規模感染が起きるか見守っている。日本で「大規模感染が起き、おそらく流行病が拡大する変わり目にあるように見える」と米食品医薬品局(FDA)の元長官であるスコット・ゴットリーブ氏は火曜、CNBCに語った。日本国内における感染者数は4日で2倍に増加しているとも語った。

「もしこれ(新型コロナウィルス)が他の国々でも流行病になり始めたり、他の国々で大規模な感染拡大が起き始めると、我々は地球規模で制御することができないという非常に憂慮すべき事態になる」とゴットリーブ氏は語った。- Nikkei Asian Review

本日、ダイヤモンド・プリンセスから500人の下船が順次始まっており、彼らは順次帰宅する。しかし彼らが陰性であるという保証はない。厚生労働省は「14日間を過ぎて症状がなく、検査で陰性とわかれば感染のおそれはないと考えていると報じられているが、その14日間に感染してしまい、いまだ発症していない可能性は否定できない。また、潜伏期間は24日という情報もある。新型コロナウィルスは検査が難しく、検査結果で何度も陰性という結果になった感染者がいることも報じられている

各国の専門家の目には、厚生労働省の対応は「乗客が大規模感染するまでクルーズ船に閉じ込め、感染してから順次帰宅させている」ように見えるのではないだろうか。

 【更新】2月18日、米疾病管理センター(CDC)は声明を発表し、次のように日本政府の対応の不備を指摘している:

【訳】(日本政府による隔離政策は)クルーズ船の乗客・乗員の間での感染を防ぐには十分ではなかった可能性がある。・・・

船内での新たな感染者数の発生率、特に無症状の感染者数は、継続してリスクがあることを表している。・・・

現在、100名以上のアメリカ国民がいまだにダイヤモンド・プリンセスに乗船、もしくは日本国内の病院にいる。これらアメリカ国民は、船の他の乗客や乗員と同様、制限下に置かれている。

ダイヤモンド・プリンセスから下船しても、これらアメリカ国籍の乗客および乗員は、米国へ戻るフライトに搭乗が許可される前に、無症状の状態もしくはコロナウィルス検査で陽性が出ない状態で14日間、待機することが義務付けられる

つまり、米国CDCは、日本政府が「陰性である」と判断しダイヤモンド・プリンセスから下船させた自国民に対して、彼らが本当に陰性であるか信用しておらず、下船しても日本国内で14日間は待機し、本当にコロナウィルス検査で陰性であるかさらに14日後に調べるということである。

CNBCに出演したFDA元長官の動画はここで視聴できる:

【関連記事】

米保健福祉省(HHS)長官、日本を含むアジア各国へも渡航制限を発令することを検討していることを示唆

米疾病管理センター(CDC)長官:「感染の波はアメリカにも来る」と語り、新型コロナウィルスは全米に蔓延し、収束するのは「おそらく2020年を超える」と語る

北京が都市封鎖。中国以外の患者数は「氷山の一角」とWHO事務局長。免疫力が弱い患者は免疫不全を起こし重症化。潜伏期間は最大24日。武漢の感染者致死率は最大5%


コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: Content is protected !!