最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

最低でも140人の共和党下院議員がバイデン票に異議を唱える計画——これに参加すると表明したジョッシュ・ホーリー上院議員をウォルマートが「痛い負け犬」とツイートし炎上

最低でも140人の共和党下院議員がバイデン票に 異議を唱える計画——これに参加すると表明したジョッシュ・ホーリー上院議員をウォルマートが「痛い負け犬」とツイートし炎上

ジョッシュ・ホーリー上院議員(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

2人の共和党下院議員は、少なくとも140人の共和党下院議員が、バイデンに投じられた選挙人票に異議を唱える計画であることをCNNのジェイク・タッパー氏に語った。米国時間の12月31日、タッパー氏が自身の番組で明かした。

 

【訳】CNN:2人の共和党下院議員は、少なくとも140人の共和党下院議員がバイデンに投じられた選挙人票に異議を唱えることが期待されるとCNNに語った。

 

すでに異議を唱えることが確認された議員たちのリスト:

 

 

そして上記リストはすべて下院議員である中、ジョッシュ・ホーリー上院議員が、唯一、上院のメンバーとして異議を申し立てることを表明している。

【訳】追加:ジョッシュ・ホーリー上院議員

 

■ ホーリー上院議員に噛み付くウォルマートとクロブッシャー上院議員

 

12月30日にホーリー上院議員が異議申し立てする意思を表明すると、小売大手ウォルマートの公式ツイッター・アカウントが、ホーリー議員を「痛い負け犬(sore loser)」と投稿し、後に同社が謝罪する事態となっている。

【訳】

(引用されたホーリー議員のツイート)選挙の完全性を懸念している数百万人の投票者、彼らの声は聞き入れられる必要がある。私は、彼らを代表して1月6日に異議を唱えることにする。

 

(ウォルマートの公式ツイート)どうぞ勝手に。せいぜい2時間の議論でもしろ。

 

#痛い負け犬

 

当然、ホーリー議員も反論ツイートを行っている。

【訳】あなた方の人を見下す侮蔑発言をありがとう。あなた方は7500万人のアメリカ人を侮辱したのだから、少なくとも奴隷労働を使っていることを謝罪してはどうですか?

 

もしくは、あなた方は、従業員たちに惨めすぎて見ていられないほどの低賃金しか支払っていないことや、家族経営の店舗を倒産に追いやっていることを謝罪してはどうでしょうか。

 

ウォルマートは、後にこの投稿を削除し、謝罪ツイートを投稿している。

【訳】先に投稿されたツイートは、私たちのSNSチームのメンバーにより誤って投稿されていました。私たちはこの投稿を削除しました。私たちは、選挙人団の選出証明に関する話題についてコメントするつもりはありません。私たちは、この誤りと私たちの立場についていかなる誤解を招いたことを、ホーリー上院議員に謝罪します。

 

触れられたくない他の話題をスルーしているウォルマートを皮肉るツイートも行われている:

【訳】ということは、奴隷労働についてのウォルマートの立場は変更なしってことか?

 

保守系メディア、ザ・フェデラリストのジャック・ポソビエック記者もウォルマートを批判するツイートを行なっている:

【訳】ウォルマートのツイッター・アカウントがホーリー上院議員を攻撃した

 

ウォルマートの全ビジネス・モデルはチャイナに依存している

 

しかし異議申し立てする意思を表明したホーリー上院議員を攻撃したのは、ウォルマートの社員だけではない。大統領選挙にも出馬したエイミー・クロブッシャー上院議員(ミネソタ州選出・民主党)は、ホーリー議員の行動が「クーデターの試みだ」と過激な批判を行なっている:

【訳】これが、共和党が2024年の大統領選挙に出馬するやり方だ。あなたはクーデターの試みに加わっている。

 

民主主義は勝利するだろう。議院運営委員会の指導的立場にいる民主党議員として、私はそれを保証する。私たちの国を第1に考える超党派の議員グループがいる。1月6日に会おう!

 

■ 共和党内部からも否定的な意見

 

各州から送られてくる選挙人票を審議に持ち込むためには、上下院から少なくとも1人ずつ、議員が異議申し立てを行う必要がある。州の選挙人票に対して上下院議員が少なくとも1人づつ異議申し立てを行うと、その州の選挙人票を受け付けるか否かについて、上院と下院でそれぞれ議論が行われる。その時間は最大2時間と決まっている。もし2つ以上の州に対して異議申し立てが行われると、この手続きには最大4時間かかる可能性がある。

 

しかし一部の共和党上院議員たちから、こうした140人以上の共和党議員たちによる異議申し立ての試みは失敗するだろうという声が報じられている

 

今週木曜、リンゼー・グラム上院議員(サウスカロライナ州選出・共和党)は、FOXニュースに出演し次のように語っている:

ホーリー上院議員には異議申し立てを行う当然の権利がある。しかし、州の選挙結果を覆すというのは、それとは別の話だ。・・・

 

もし亡くなった人たちが投票したのであれば、私は彼らの名前を知りたい。もし連邦裁判所で既に審理された案件を上院議会で再審理しようとしているとしたら、連邦裁判所の役割を私に果たせというのは難しいことだ。しかし、私は、話は聞くつもりだ。それからそれがどのような結果となるのか、私たちは分かることとなるだろう。

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。