ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

メリンダ・ゲイツさん、離婚発表後のマスコミ取材を避けるためカリブ海のプライベートアイランド1島を丸ごと貸し切り滞在——家族全員が「ビルのことをとても怒っている」=報道

メリンダ・ゲイツさん、離婚発表後のマスコミ取材を避けるためプライベートアイランド1島を丸ごと貸し切り滞在—家族全員が「ビルのことをとても怒っている」との報道も

グレナダのカリビニー島(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/BBCim (『https://』は省略可能です)

5月3日(月曜)付けで米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、ゲイツ家のファミリー・オフィスであるCascade(カスケード)から、18億ドル分(約1964億円) のカナダ国有鉄道株(1410万株)が、メリンダ・ゲイツさんに譲渡された。Cascadeはさらに、米国で自動車販売店を展開するオートネーション社の3億900万ドル分の株式(294万株)、メキシコ最大の企業であるコカコーラ・フェムサとGrupo Televisaの合計5億ドル以上の株式もメリンダさんに譲渡した。

 

この所有権の譲渡により、メリンダさんはカナダ最大の鉄道会社であるカナダ国有鉄道で6番目の大株主となった。しかし依然として、ビル・ゲイツ氏が支配権を持つCascadeがカナダ国有鉄道の最大の株主であることに変わりはなく、同社の1億100万株(約110億ドル相当)を保有している。

 

また、カナダ国有鉄道は、Cascadeの投資先として最大であり、このファミリー・オフィスが管理・保有する総資産の24.4%を占めている。Cascadeの2番目に大きな投資先は、全米2位の廃棄物処理会社であるリパブリック・サービシズで、保有資産の23.9%を占めている。3番目に大きな投資先は世界最大の農業機械メーカーであるディア・アンド・カンパニー社で同18%を占めている。

 

ゲイツ氏は、そのファミリー・オフィスであるCascadeを通して、不動産、エネルギー関連、ホスピタリティー関連、そしてディア・アンド・カンパニー社やリパブリック・サービシズなど数十社の株式公開企業に投資している。またゲイツ夫妻は米国で最大の土地所有者にも名を連ねている。

 

* * *

 

こうして20億ドル(2182億円)以上にのぼる巨額の株式がメリンダさんに譲渡される中、ゲイツ家の内情については、米国で芸能人ゴシップ報道を行うことで定評があるTMZが先陣を切って報じている。TMZの最新の報道によると、メリンダさんはカリブ海グレナダにある1泊13万2000ドル(約1440万円)するカリビニー島をレンタルしているという。ビル・ゲイツ氏以外の家族全員がそこに滞在している可能性があるという。

 

TMZの報道によると、離婚発表後、家族内では辛辣な対立があり、家族の多くがメリンダさんの味方をしているという。家族は「ビルのことをとても怒っている」と報じられている:

ビルとメリンダの離婚は何ヶ月も前から決まっており、彼らはそのことを3月に発表する計画を立てていたことがTMZの取材でわかった。その計画には、1人を除いた家族全員がメディアを避けられるよう、人里離れたプライベートな島を借りることも含まれていた・・・そのことを直接知る情報筋がTMZに語った。

 

我々の情報筋によると、メリンダ・ゲイツはグレナダのカリビニー島を借りたという・・・そう、島全体を1泊13万2000ドルで借りたのだ。計画では、メリンダと子供たち、そして彼らの恋人たちがこの島に来ることになっていた——ビル以外の全員だ。ビルとメリンダが離婚することは、家族の誰もが知っていたと我々は聞かされた。この離婚にはかなりの辛辣な家族対立があり、家族のほぼ全員がメリンダの味方をしたと我々は聞かされている。別の言い方をすると・・・彼らはビルに対して非常に怒っており、そのため彼は(この島に)招待されなかったと我々は聞いている。

 

彼らがこの島に行く理由は・・・滞在中に離婚が発表されても、メディアの誰も彼らに接触できず、離婚について尋ねることができないようにするためだった。

 

しかし、一つ問題があった・・・ビルとメリンダ双方の弁護士が離婚調停をしようとしており、この旅行の時点でまだ解決できない未解決の問題が残っていたのだ。しかしメリンダは、そんなことはお構いなしに、ビル以外の全員とこの旅行に行くことを決めたと我々は聞いている。

 

TMZは、ゲイツ夫妻の離婚は前々から見込まれていたと報じている。2人は3月に離婚を発表する寸前のところまで来ていたが、何らかの理由で延期されていた。

 

TMZはゲイツ夫妻の離婚の原因については報じていないが、2015年以来、ビル&メリンダ・ゲイツ財団で通訳を行っている、チャイナ出身で現在はシアトル在住のジェ・“シェリー”・ワンという女性(36歳、独身)がビル・ゲイツ氏の愛人であり、離婚の原因となったとネット上で噂となっている

 

ゲイツ夫妻の間に挟まれているのがジェ・“シェリー”・ワンさんの写真(以下)。

 

この噂はチャイナのSNSプラットフォームであるWeibo(微博/ウェイボー)上で瞬く間に広がった。以下の英語によるツイートは、米国内でその噂を広めた投稿の一つと報じられている:

【訳】ビル・ゲイツの愛人は、チャイナ出身のジェ・“シェリー”・ワン。

 

この噂話があまりに広く拡散されたため、ジェ・“シェリー”・ワン本人がWeibo(微博/ウェイボー)上でその噂を否定するコメントを投稿したと報じられている

【訳】シェリー・ワンは今日、「厳密に仕事上の関係を超えた関係」をビル・ゲイツと持ったとFOXが報じた噂に返事をした。

 

彼女は、この全てを「クレイジー」と言い、「根拠のない噂話に時間を無駄」にしないようにと人々に語っている。

 

もしビル・ゲイツ氏の浮気話が単なる噂であり、離婚の原因ではないとしたら、家族のほぼ全員がメリンダさんの味方をし、「ビルのことをとても怒っている」理由とは何だろうか?

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。