最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

封鎖(ロックダウン)はどれくらい続くのか?感染の第2波、第3波はいつ来るのか?:欧米の大手金融機関が予想モデルを発表

封鎖(ロックダウン)はどれくらい続くのか?感染の第2波、第3波はいつ来るのか?:欧米の大手金融機関が予想モデルを発表

ロサンゼルス市のエリック・ガーセッティ市長(右)(Screenshot via YouTube)

この記事をシェアする

ホワイトハウスが利用している新規感染者数の予測モデルによると、ニューヨーク州では今週、感染者数のピークを迎える(以下のグラフ)

ピークが過ぎた後、いつになったら経済活動や社会活動の封鎖は解除されるのだろうか?というのが多くの人たちの関心事となっている。停滞してしまった経済活動をなるべく早く復活させることは、ウイルスの封じ込めと同じくらい重要な課題となっている。

この問いに、ドイツ銀行のルーク・テンプルマン氏がざっくりとではあるが見積もり値を算出している。ただし、あくまで封鎖を解除する政府判断のタイミングは、各国における感染者数の増加曲線がどのようなものであったかによって異なるという点は留意する必要がある。

武漢ウイルスの発生源である湖北省の事例を見ると、都市封鎖が行われる直前、新規感染者数の増加率は3日間で200%だった。それが都市封鎖が行われてから14日後には63%へと減少している。そして都市封鎖が行われてから63日後に解除されている。このデータを元に、ドイツ銀行のテンプルマン氏は、主要各国で予想される封鎖の解除日を以下のように見積もっている。

(Chart via Deutsche Bank)

ただし、湖北省では、一党独裁国家だからこそ可能である厳しい都市封鎖を実施できたことに留意する必要がある。ソーシャルディスタンシング(他人との一定の距離)を保ったり、自宅待機命令を守らない人たちが続出している民主主義国家で、湖北省と同じ封じ込めの結果が期待できるかは未知数である。その一方で、チャイナによる都市封鎖の解除は時期尚早であるという分析が行われていることも忘れてはいけない。

しかしこのドイツ銀行のテンプルマン氏の見積もりはあながち外れていないのかもしれない。4月6日、ロサンゼルス市長がテレビ出演し、「(封鎖は)少なくとも2ヶ月間は続く」と語り、6月まで封鎖は続くと答えている(以下はその動画)。また、「第1回目の封鎖に成功しても、感染の第2波は、秋もしくは初冬にやってくる。ウイルスとはそういうものだ」とも語っている。

* * *

感染の第2波、第3波がいつどれくらいの規模で発生するかについては、JPモルガンが今週、予想分析を発表している。

スペイン風邪が発生した時の死者数の推移(以下のグラフ)を見ると、感染の第2波による死者数は第1波のときの5倍以上になっている。武漢ウイルスも、スペイン風邪と同じ経緯をたどるだろうか?

1918年スペイン風邪パンデミック発生時の死者数の推移

(Chart via JPMorgan)

JPモルガンは、武漢ウイルスの第2波、第3波による死者数は第1波の時よりも少なくなるだろうと予想している。その理由は、(1)このウイルスがもたらす危険性に対する意識が人々の間で高まったこと、(2)感染者数が臨界点に達した時点で政府がより早急な対応を行うことができるようになっていること、そして(3)封じ込め段階での対応マニュアルが強化されていることをその理由として挙げている。しかし、たとえ第2波(そして第3波、第4波、、、)でその感染の規模が大きくなる前に封じ込めを行うことができたとしても、経済活動の封鎖はその度に繰り返されることになる。それは数四半期、もしくは数年間、続く可能性がある。

COVID-19:世界の感染者数曲線の概念図

(Chart via JPMorgan)

もし武漢ウイルスのライフサイクルが想定されるよりも長い場合、感染の「振幅」はスペイン風邪のように大きくなる可能性がある。COVID-19の感染ライフサイクルは、2週間の潜伏期間を含めて4〜5週間であるとJPモルガンは記している。

つまり、政府が「勝利宣言」を早く出せば出すほど、国民は通常の日常生活を始めソーシャル・ディスタンシングが守られなくなり、新たな感染者クラスターが発生して再び感染拡大が繰り返されるタイミングが早まる。そして、政府はふたたびソーシャル・ディスタンシングを勧告し、封鎖プロセスが繰り返されるという「振り出し」に戻ることになる。

JPモルガンは報告書の中で次のように記している:

ワクチンが広く入手可能になるまで、世界での感染者曲線が、地震の第2波のように繰り返し(波のように)増殖をする可能性は排除できない。

ウイルスの封じ込めに成功したと「勝利宣言」したチャイナは、その1ヶ月後、さっそく新たな感染者数が増加に転じた。内陸部にある河南省コウ県では新たな感染者クラスターが複数発生し、同県(人口60万人)を都市封鎖したとロイター通信が報じている

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。