BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

DNA検査の結果、ハンター・バイデンがアーカンソー州在住の子供の父親であることが判明

Hunter Biden

バイデン元副大統領の息子ハンター・バイデンは、様々な疑惑の渦中の人物となっている。ウクライナや中国と大々的な投資事業を行ってきた国際的なビジネスマンである一方、コカイン中毒者であるという報道もある。そして、最近行われたDNA検査の結果、アーカンソー州の子供の生物学的父親であることも判明した。子供の母親であるルンデン・アレクシス・ロバーツさんが水曜、法廷に提出した書類で明らかとなった。

 

地元新聞のアーカンソー・デモクラット・ガゼット(Arkansas Democrat Gazette)紙によると、この検査の結果、ハンター・バイデンが親であることは「科学的に確実となった」。また、ハンター・バイデンは「検査結果に異議を唱える見込みはない」と思われていると、法廷に提出された文書は記している。

 

アーカンソー・デモクラット・ガゼット紙は次のように報じている:

 

赤ん坊の「祖父、ジョー・バイデンは、アメリカ合衆国大統領候補として民主党からの候補者指名を争っている。彼は、民主党の候補者指名を勝ち取る可能性が最も高い人物であり、2020年の大統領選挙でトランプ大統領に挑戦する人物だと一部の人たちには思われている」と母親は記している。

 

ロバーツさんの弁護士であるクリント・ランカスター氏が提出した文書によると、ハンター・バイデン氏は、ロバーツさんとの性的関係を当初否定していたが、最終的にDNA検査を受けることに合意した。Arkansas Democrat Gazette

 

Screenshot via Arkansas Democrat Gazette

 

【関連記事】

ウクライナの国会議員が記者会見で発表:オバマ政権が関わる74億ドルの資金洗浄が行われ、バイデンたちは1650万ドルを受け取った

ハンター・バイデン氏が関わる怪しい外国企業とのビジネス案件一覧:FT紙が報道

バイデン元副大統領、息子を隠れみのに中国とウクライナから資金受領か:汚職関連訴訟が進行中

ジョー・バイデン元副大統領が「ブリズマ社から個人的に90万ドルを受け取っていた」とウクライナの国会議員が認める発言を行う

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。