オールドメディアが伝えない海外のニュース

WHOのアドバイザーが、世界で46億人以上が新型コロナウィルスに感染する可能性があると予測

WHOのアドバイザーが、世界で46億人以上が新型コロナウィルスに感染する可能性があると予測

アイラ・ロンギーニ教授(Photo via the University of Florida)

世界保健機関(WHO)で最高位の疫学者であり同機関へのアドバイザーであるアイラ・ロンギーニ氏は、木曜、新型コロナウィルスを早急に封じ込めることができなければ、世界の人口の60%、つまり46億人以上が感染する可能性があると発言した。これは、2002年〜2003年にかけて発生したSARSに対して、最前線で戦った香港の科学者による予測とも合致している。

WHOのアドバイザーであるアイラ・ロンギーニ氏は、武漢ウィルス(COVID-19)の伝達性についての研究を終了し、その研究結果としてこの発言を行ったとブルームバーグが報じている。ロンギーニ氏の見積もりでは、このウィルスはいずれ数十億人を感染させる可能性があることを示している。

このウィルスの致死率が本当に中国政府の発表通り2%程度(現在、各国の科学者が行っている想定値の下限)である場合、1億人以上が死亡する計算になる。

もし武漢ウィルスがこれほど広範囲に感染地域を広げることになれば、現在中国政府が行っている強権的な隔離・都市封鎖の政策は十分な効果がなかったという証明になり、さらには昨年、武漢市ですでに最初の感染例が報告されていた際、それに適切に対処できていなかった責任に改めて注目が集まることになる。

WHOのテドロス事務局長も、最近、「我々は氷山の一角を見ているに過ぎないのかもしれない」と発言しており、ヨーロッパで新たな感染例が次々と報告されていることは、ヨーロッパでも大流行につながる可能性があると警告している。

ロンギーニ氏は、感染者による基本再生産数(R0)を2〜3人と設定して感染者数の予測値を算出している。つまり、1人の感染者が病気を感染させる人数の平均は2〜3人であると想定している。

ここ数日、中国のみならず、ウィルス感染が広がっている国々(日本も含む)で信頼できるウィルス検査が不足していることにますます高い関心が寄せられている。この新型コロナウィルスを検査することが困難であるということは、突然の爆発的な感染拡大が発生する可能性を高めている

たとえ新型コロナウィルスによる感染能力を半分に抑えることに成功したとしても、世界で20億人以上が感染する計算になる。

「(ウィルスの)伝達性が変わらない限り、観察と封じ込めはそれほど機能しない。感染者を孤立化させ、他人に接触しないよう隔離することでは、このウィルスを止めることはできないだろう」と、フロリダ大学感染症統計数量センター(Center for Statistics and Quantitative Infectious Diseases)の共同ディレクターであるロンギーニ氏が、ジュネーブにあるWHO本部でのインタビューで語った。(太字強調は訳者)

感染症に科学者人生を捧げているロンギーニ氏は、悪夢のような最悪の事態を想定している唯一の科学者ではない。

イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者であるニール・ファーガソン氏は、中国国内では毎日5万人が新たに感染している可能性があると見積もっている。そして最近、我々は新型コロナウィルスの大流行の「予備段階」にしかいまだいないのかもしれないと警告している。

【訳】コロナウィルス:ニール・ファーガソン教授は、COVID-19の大流行について、「我々は、世界的パンデミックの初期段階にいる」と語っている。(BBC News)

しかし多くの科学者たちは状況は流動的であり、一般の人々は科学者による発見についてすぐにうのみにせず、パニックを起こさないようにと注意喚起している。

感染拡大の予測値は、感染が進行するにつれて明らかになる様々な可能性の一部にすぎないと、ボストンにあるノースイースタン大学の生物統計学者(biostatistician)、アレッサンドロ・ヴェスピナニ氏は語っている。この先数週間、特にこれを制御するためにさらなる方策が導入されれば、この病気が中国国外にどれほど容易に拡大するのか、さらなる情報が得られる可能性があると同氏は語っている。

「人々は(病気に対応して)行動を変える。これは最悪のシナリオである。様々ある可能性の一つにすぎない」とも語った。

今週初め、WHOのテドロス事務局長が語ったように、感染はまだ初期でしかない。中国共産党政府が国際社会に対して正直に情報を公開しなければ、感染拡大を食い止めるのに必要な対策が手遅れになる可能性がある。

【関連記事】

北京が都市封鎖。中国以外の患者数は「氷山の一角」とWHO事務局長。免疫力が弱い患者は免疫不全を起こし重症化。潜伏期間は最大24日。武漢の感染者致死率は最大5%

香港大学のコロナウィルス専門家が、感染を制御できなければ全人類の60〜80%が感染する可能性があると予測:その場合5100万人が死亡する計算になる

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: Content is protected !!