ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

シリコンバレーで大手IT企業から人材の大脱出が始まったとGabがツイート

シリコンバレーで大手IT企業から人材の大脱出が始まる——Gabのオフィシャル・アカウントがツイートを投稿
【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/sugeh (『https://』は省略可能です)

新規参入のSNS企業パーラーを潰そうと、アマゾン、グーグル、アップルというシリコンバレーの巨人たちから連携された総攻撃が行われている中、パーラーと同様に人気が急上昇しているSNSサービスのGab(ギャブ)が、1月9日(土曜)、興味深いメッセージをツイッターに投稿した。

 

【訳】我々は、複数の巨大IT企業で働くシニア・レベルの社員たちから、履歴書を受け取っている。

 

多くの人たちが、2週間ノーティス(退社する2週間前に辞表を提出するというアメリカの習慣)を行なっているとも聞いている。スタッフや幹部たちの間で社内の内戦(南北戦争)が起きている。

 

シリコンバレーでパニック発生。

 

砂上の楼閣が崩壊。

 

大脱出が始まった。

 

この日、リン・ウッド弁護士はアップル社について次の投稿をパーラーに行なっている:

       

Apple is going to do an update on all phones to shut off the emergency broadcast system. This is Nazi Germany 1938 Turn your auto update toggle off.

— LLinWood linwood                     Saturday, January 9, 2021                

       

   

【訳】アップルは、(トランプ大統領による)緊急放送システムを停止するために全てのiPhoneにアップデートを行うつもりだ。これは1938年のナチス・ドイツだ。

 

皆さんの自動アップデートのボタンをオフにしておくように。

 

【更新】Gabからの更新メッセージ:

【訳】今日(1月10日)、50万人以上の新規ユーザ。

1800万人の訪問者数。

このサイトを使うのにアカウントは不要です。

シリコンバレーの大脱出が始まった。

ノアの方舟に乗ってください:https://gab.com/

これからますますいいことが起こる。

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。