ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【動画】ドイツの化学工業団地で大規模爆発——住民へ屋内避難指示

ドイツ西部の都市レバクーゼンの工業団地爆発(Screenshot via @haverkamp_wiebe/Twitter)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/vmlQ7 (『https://』は省略可能です)

現地時間の7月27日(火曜)、ドイツ西部の都市レバクーゼンにある化学会社の工業団地で大規模な爆発が起こり、黒煙の柱が空高く立ち上った。数名の負傷者と5名の行方不明者が出ており、地元当局は住民に屋内への避難を呼びかけている。

 

ロイター通信によると、爆発は現地時間午前9時40分頃に発生し、工業団地「Chempark」にある燃料貯蔵庫に引火し大規模な火災が発生した。この化学工業団地には、バイエル社やランクセス社などの企業が入居している。

 

工業団地Chemparkを運営するCurrenta社によると、従業員数名が負傷し、そのうち少なくとも2名が重傷で、5名が行方不明になっている。

 

工業団地Chemparkは次の投稿を行なっている:

レバクーゼンのChemparkで原因不明の爆発が発生しました。工場の消防隊と大気測定車両が出動しています。住民の皆さんは、閉め切った屋内に入り、ドアや窓を閉めておいてください。

 

住民は爆発の衝撃を体感したといい、中には爆発で家が揺れたという人もいる。一部の住民たちは爆発のシーンを撮影した動画をネットにアップしている。

 

 

 

 

 

 

 

本原稿執筆時点で、工業団地Chemparkで操業している企業がどのような影響を受けたかについての公式発表はまだない。

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。