カテゴリー
司法 政治

シドニー・パウウェル弁護士は明日ジョージア州で提訴|米国時間の11月25日(水曜)

「クラーケン(黒幕に関する大いなる秘密国防総省のサイバー戦争プログラム、その特殊部隊)」は、明日、ジョージア州で完全に放たれることになる。

カテゴリー
コラム 司法 政治

【全訳】シドニー・パウウェル弁護士が独立法務官(軍弁護士)として登録|The Marshall Report

ダイアン・マーシャル・筆|11月23日|The Marshall Report掲載

 

『シドニー・パウウェルが、独立法務官として登録。法廷で国家反逆罪を訴追できる唯一の存在!』

カテゴリー
ニュース

米連邦地検が共和党のランド・ポール議員を襲ったANTIFA支援組織を無罪放免——連邦検察と裁判官の間にも広がる左翼活動家たち

今年8月、ランド・ポール上院議員(ケンタッキー州選出・共和党)と彼の妻は、トランプ大統領がホワイトハウスで主催したバレット氏の連邦最高裁判事指名受諾セレモニーに参加した。その閉幕後、帰路についたポール夫妻を、ANTIFAの暴漢たちが路上で襲ったことがニュースになっていた。そして11月23日(月曜)、米連邦地検 ワシントンDC地区は、ポール議員夫妻を襲った暴漢たちが、誰に資金提供を受けていたのかについて捜査要請を却下する決断を下したことを明らかにした。

カテゴリー
IT コラム 社会 言論

ビル・ゲイツ氏、「気が狂ったものが好きな人にはパーラーがお似合い」——パーラー(Parler)のような新興SNSプラットフォームは「民主主義にとって脅威」と主流メディアとエリート層が批判キャンペーン

全米で保守の視聴者たちが「裏切り者」のFOXニュースからNewsMax TVに大脱出しているように、長年フェースブックやツイッター、ユーチューブなどで言論検閲を受けてきたアメリカの保守派や、個人的な自由を重んじるリバタリアン(リバタリアン党はアメリカの第三極)の人々は、言論の自由を求めて新しいプラットフォームへ大脱出を行っている。

カテゴリー
司法 政治

【全訳】シドニー・パウウェル弁護士が長文の声明を発表

トランプ陣営の弁護団が、11月22日(日曜)夜になって突然シドニー・パウウェル弁護士をチームから除外するという声明を発表した。

カテゴリー
IT 政治

スマートマティック社の嘘が明らかに——マーク・マロック・ブラウン卿は、2015年にスマートマティック社とドミニオン社の間でライセンス契約を締結していることを認めていた【動画】

今年のアメリカ大統領選挙で、大規模な不正選挙を行うために利用されたという疑惑がかけられている投票システム会社の1つ、スマートマティック社——同社は、先週、別の投票システム会社であるドミニオン社に技術供与していたという疑惑を完全否定する声明(以下)を発表していたが、それが嘘であることが判明したとGateway Punditが報じた

カテゴリー
政治

ロシアのプーチン大統領、「バイデンを次期大統領として認める準備が整っていない」と語る=報道

主流メディアがジョー・バイデン候補を次期大統領と宣言してから、チャイナ政府が祝辞を発表するまで10日かかった。11月14日、チャイナ外交部の汪文斌(Wang Wenbin)報道官は、定例記者会見で、「Mr.バイデンとMs.ハリスに対して我々は祝辞を表明する」と語った。また、アメリカ国民の選択に敬意を表するとも語った。

カテゴリー
司法 政治

【速報】パウウェル弁護士がトランプ弁護団から除外される

11月22日(日曜)夜、トランプ陣営は突然の声明を発表し、シドニー・パウウェル弁護士(ジョージア州を最初に「爆破させる(=訴訟で不正を暴露する)」と語っていた)は、トランプ陣営の訴訟弁護団の一員ではないことを「明確」にした。(「解任」とは発表していないことからすると、そもそも正式な契約が結ばれていなかったと見られる。)

カテゴリー
IT 社会 言論

ポルトガルの裁判所が、PCR検査は信用できず強制隔離は違法という判決を下す

ポルトガルの控訴裁判所は、新型コロナ(Sars-Cov-2)のPCR検査プロセスが信頼できるものではなく、故にこうした検査結果をもとにした強制隔離は違法という判決を下した。この判決は、11月11日(水曜)に開示され、それ以降、さまざまな独立系ニュース・メディアで報じられている。しかし、当然、主流メディアはこの判決を一切報じていない。

カテゴリー
IT 司法 政治

バーニー・サンダース上院議員もドミニオン社の不正票集計ソフトについて知っていた——2016年の民主党予備選でヒラリーが勝利した時にも使われていた=シドニー・パウウェル弁護士が語る

トランプ陣営の弁護団の1人であるシドニー・パウウェル弁護士は、11月21日(土曜)、NewsMaxとのインタビューの中で、今年の大統領選挙に民主党から出馬していたバーニー・サンダース上院議員も、ドミニオン社の不正票集計ソフトについて知っていたと語った。