オールドメディアが伝えない海外のニュース

オバマ政権時代の北京駐在・アメリカ大使マックス・ボーカス氏がチャイナの国営テレビでトランプをヒットラーに例える発言を行う

オバマ政権時代の北京駐在・アメリカ大使であるマックス・ボーカス氏がチャイナの国営テレビでトランプをヒットラーに例える発言を行う

マックス・ボーカス氏(Photo via Flickr)

オバマ政権時代にアメリカ大使として北京に駐在したマックス・ボーカス(Max Baucus)氏は、チャイナの国営テレビでトランプ大統領をヒットラーに例える発言を行った。ボーカス氏は1978年〜2014年までモンタナ州選出の上院議員を務め、オバマ政権時代の2014年〜2017年にアメリカ大使として任命され北京に駐在した

アメリカ政界の民主党(左派)は、ロシアゲート疑惑による弾劾裁判が不発に終わり、逆に「オバマゲート」と言われる自分たちの不正行為が次々と明るみになっていることから、自暴自棄の行動に走っているようだ。

そしてさらに、新型コロナウイルス(武漢ウイルス)が発生して以来、日本のみならずアメリカの左派勢力も、中共政府によるプロパガンダ発表を繰り返し代弁している。トランプ大統領が武漢ウイルスのことを「チャイニーズ・ウイルス」と呼んだとき、アメリカの左派は、それは人種差別だと中共政府の反応をそのまま繰り返した。そして、アメリカ国内で発生したコロナウイルスの死者は全員、トランプ大統領1人の責任であると非難している。しかし、チャイナ政府は武漢ウイルスが人から人に感染することを12月中には把握していたにもかかわらず、1月22日まで公表しなかったという事実を忘れてはいけない。

しかし日本のメディアは、米国では民主・共和両党そろって対中強行姿勢と報じているところがある。実際は、民主党の議員たちは親中発言を繰り返している。トランプ大統領がますますタカ派の対中発言を行っていることとは対照的だ。

その最も直近の例が、オバマ政権時代にアメリカ大使として北京に駐在したマックス・ボーカス(Max Baucus)氏の今回の発言だ。

■ 5月6日

CNNの番組に出演したボーカス氏は、トランプ大統領がチャイナに対して行っているタカ派の発言をヒットラーやマッカーシーの発言のようだと非難した。

■ 5月12日

ボーカス氏は、チャイナの国営テレビ局であるCGTNに出演し、次のように発言している

ジョー・マッカーシーやアドルフ・ヒットラーは・・・人々を呼び集め、本当は真実ではないことを人々に信じ込ませた・・・ホワイトハウスとアメリカ連邦議会の中の数人は、チャイナに対してあまりにやり過ぎで、あまりに酷評する発言を行っている。彼らは事実を根拠にしておらず、たとえ事実を根拠にしていても、完全なデマであり、これこそマッカーシーが1950年代に行ったことだ。

■ 5月14日

共産党の機関紙である環球時報の英語版Global Timesは、ボーカス氏の発言をまとめ、次のように報じている:

オバマ政権時代の駐チャイナ・元米国大使は、チャイナの国営テレビでトランプ大統領をアドルフ・ヒットラーやジョセフ・マッカーシーになぞらえた

マックス・ボーカスは、北京駐在の大使として任命されるまで、1978年〜2014年までモンタナ州選出の上院議員として務めた。彼は、5月6日にCNNで行われたインタビューの中で、トランプによるチャイナについての弁舌を、ヒットラーやマッカーシーの弁舌にたとえた。その後、ボーカスはチャイナの国営テレビに出演し、同じ主張を繰り返している。

「ジョー・マッカーシーやアドルフ・ヒットラーは・・・人々を呼び集め、本当は真実ではないことを人々に信じ込ませた・・・ホワイトハウスとアメリカ連邦議会の中の数人は、チャイナに対してあまりにやり過ぎで、あまりに酷評する発言を行っている。彼らは事実を根拠にしておらず、たとえ事実を根拠にしていても、完全なデマであり、これこそマッカーシーが1950年代に行ったことだ」とボーカスは5月12日にCGTNに語った。

反トランプを隠さないプロパガンダ機関と化してしまったCNNに出演するのはまだしも、アメリカの元上院議員で大使まで務めたことのある人物が、チャイナの国営テレビに出演し、中共政府のプロパガンダを繰り返すというのはどのような動機によるものなのだろうか?

この5月14日に掲載されたGlobal Timesの記事はさらに次のように報じている:

チャイナのテレビで、トランプ大統領を批判することに加えて、ボーカスは差し迫ったアメリカの凋落について熱弁をふるい、さらに不吉な反アメリカ主義という話題にまで言及した。

5月14日、ボーカスはチャイナ国営のGlobal Timesに次のように語った。「我々アメリカ人は、ナンバー・ワンであることにあまりに慣れてしまっている。我々は世界のリーダーであることにあまりに慣れてしまっている。今はそれが変わる時なのかもしれない」。

ボーカス氏は上院議員時代、上院財政委員会の議長を務め、オバマ政権時代に導入された医療保険制度改革「オバマケア」を主導して設計したと言われている。(「オバマケア」は、オバマ大統領の数少ない実績の一つと言われている。)その一方で、ボーカス氏の公式の経歴には、チャイナのeコマース最大手アリババの社外取締役(Board of Advisors)と記載されているだけでなく、CIAの外部諮問委員(External Advisor)とも記載されている

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。