ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

CIA長官のジーナ・ハスペルが、ロシアゲート疑惑の証拠資料を機密解除することを妨害している|ザ・フェデラリストのショーン・デービス氏がFoxニュースで語る

CIA長官のジーナ・ハスペルが、ロシアゲート疑惑の証拠資料を機密解除することを妨害

ジーナ・ハスペルCIA長官(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/uVjZ6 (『https://』は省略可能です)

ロシアゲート疑惑について、今週次々と新たな情報が明らかにされる中、「実際何が行われたのか」を証明する機密資料を公開することを、現職のCIA長官であるジーナ・ハスペル本人が妨害していると、9月30日(水曜)にFoxニュースに出演したショーン・デービス氏が語った。

 

デービス氏は、保守寄りの独立系ニュース・サイト『ザ・フェデラリスト』の共同設立者。今年6月、ザ・フェデラリストは、左派メディアであるNBCニュースの記者がグーグルに働きかけたことよって、突然サイトの収益化が無効にされ全米でニュースになっていた。

 

Foxニュースの人気司会者タッカー・カールソン氏の番組に出演したデービス氏は、次のように語っている:

 

これは単に民主党が計画していたことに関するスキャンダルではない。これは、(政府の)最高レベルの人たちによる、新政権に対して計画されたクーデターというスキャンダルだ。今晩ここで、私はこれら公表されたばかりの機密解除について報告することができる。これら公表された情報は、機密を解除することが容易ではなかった。しかも、これよりずっと多くの情報がいまだに公表されるのを待っている状況だ。

 

私が話をした複数の情報筋によると、残念ながらこれらの機密を解除し公表することを、CIA長官のジーナ・ハスペルが妨害している。彼女自身、ワシントンDCとロンドンをつなぐ主要なリンクだった。2016年の大統領選挙中、ジョン・ブレナンがCIA長官だった時代のロンドン支局長として。

 

思い出して欲しい。(MI6の元スパイである)クリストファー・スティールが(ゴシップ話を集めただけの『スティール文書』を作成するために)活動を行なっていたのがロンドンだった。そして、実際何が行われたのか、アメリカ国民に真実を示すことになるこれら資料を引き続き機密解除することを妨害しているのはジーナ・ハスペル本人であると私は聞いている。

【訳】速報:CIA長官のジーナ・ハスペルが、残りのロシアゲート資料の機密解除を妨害している。

 

「これら資料(の機密解除)を妨害している人たちの多くは、これら資料によって自らの犯罪への関与が明らかになってしまう可能性が高い。これら資料に記されている事実によって、キャリアが終わってしまうキャリア官僚たちがいる」とデービス氏は語った。

 

ジーナ・ハスペル氏は、CIA初となる女性長官。テロ容疑者への残忍な尋問に関わったと言われており、「水責めの女王」「血まみれのジーナ」の異名を持っている。彼女がCIA長官に指名された際、6人の元CIA長官を含め50人以上のCIA元幹部が彼女を支持するなど、諜報機関からの信頼が篤い。

 

デービス氏がFoxニュースに出演した際の動画はここで視聴できる:

 

https://youtu.be/lNpyziX2BD4

 

【関連記事】

オバマゲートの首謀者はヒラリーだったという情報を入手|ラトクリフ国家情報長官が書簡で公表

オバマゲート疑惑に関わった全ての人間の証拠をテープに録ってある|トランプ大統領がテレビ討論会で暴露

NBCニュースの記者がグーグルに働きかけ保守系ニュースサイトの収益化を停止させる|米共和党上院議員らは政治的発言を検閲する大手IT企業を提訴できる権利をユーザに与える法案を提出

 

グーグルは邪悪な存在となってしまった|保守派のニュース・サイトの収益化を無効にした事件はグーグルの身勝手なダブルスタンダードとワシントンDCで暗躍するロビイストの存在に改めて焦点を当てる

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。