ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【オピニオン記事】「チャイナは国家安全保障にとって最大の脅威」——そして「スーパー・ソルジャー」開発実験を行なっている——ラトクリフ国家情報長官

【オピニオン記事】「チャイナは国家安全保障にとって最大の脅威」——そして「スーパー・ソルジャー」開発実験を行なっている——ラトクリフ国家情報長官

ラトクリフ国家情報長官(Photo via Flickr)

この記事をシェアする

ジョン・ラトクリフ国家情報長官は、チャイナが米国の国家安全保障、民主主義、そして第2次世界大戦後の自由にとってNo. 1の脅威であると発表し、チャイナ政府が世界の形を「自らが思い描くよう」変更しようとする活動に抵抗するために、アメリカは「一世代に一度の課題」に直面していると警告した。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙に投稿したオピニオン記事の中で、ラトクリフ長官は次のように記している:

(収集された)諜報から明らかなこと:北京(チャイナ政府)は、米国そして地球上の残る全てを、経済的、軍事的、そして技術的に支配しようとしている。チャイナの主要な公共事業および著名企業の多くが、中国共産党による活動をカモフラージュするための「層」にしかすぎない。

 

ラトクリフ長官によると、チャイナは「窃盗、複製、置換」という経済スパイ戦略を実施している。この戦略に沿って、チャイナ政府は、米国企業から知的財産を盗み、それを複製し、そして世界市場で米国企業に取って変わっている。

 

ラトクリフ長官は、チャイナの風力タービン製造業社である華鋭風電(英語名:Sinovel)の事例を挙げている。2018年、連邦陪審は、アメリカン・スーパーコンダクター(American Superconductor)社から企業秘密を盗んだ罪で華鋭風電に有罪判決を下している。華鋭風電によって知的財産が盗まれたことで、アメリカン・スーパーコンダクター社は700人以上の職と、10億ドル以上の株主価値を失った。現在、華鋭風電(Sinovel)は、「窃盗ではなく、あたかも同社が創造力と企業努力によって正当な事業を構築したかのように」、世界中で風力タービンを販売している。

 

一方、米国の各種諜報機関は、チャイナを必死に追尾している:

FBIは、研究開発の秘密を盗んだ罪で、チャイナ国籍者を頻繁に逮捕している。今年初めにハーバード大学化学部の学部長が逮捕されるまで、チャイナは彼に毎月5万ドルを支払っていたと言われている。これは、最高レベルの科学者たちを惹き寄せ、彼らが情報を盗むことに報償を与える計画の一部だった。この教授は、米国当局に対して嘘の発言を行ったことに対して、無罪を主張している。2019年には、チャイナがガン研究を盗んでいるという懸念から、3人の科学者がヒューストンにあるテキサス大学附属MDアンダーソンがんセンターから追放されている。米国政府は、チャイナによる知的財産の窃盗により、アメリカは年間5000億ドル、米国1世帯あたり4000ドル〜6000ドルの被害に遭っていると見積もっているWSJ

 

チャイナはまた、米国の機密の軍事技術を盗んだことも判明している。こうした軍事技術の窃盗は、「習近平主席による、チャイナを世界で最大の軍事パワーにするというアグレッシブな計画を加速させるためである」とラトクリフ長官は記している。

 

スーパー・ソルジャー

 

ラトクリフ長官は、さらにチャイナによる尋常ではない軍事開発についても言及しており、「米国による諜報活動は、チャイナが人民解放軍の隊員たちに対して人体実験すら行なっていることを示しており、生物学的に能力が増強された兵士を開発しようとしている・・・北京(チャイナ政府)による権力の追求には倫理的な境界線がない」と記している。

 

昨年8月、Defense Oneに掲載された報告書によると、チャイナは生物学を軍事的優先事項にしており、「人民解放軍は、この(生物学の)知識を拡大利用する最前線に立っている可能性がある」と指摘している。

 

その証拠として、Defense Oneの筆者たちはいくつかの事例を紹介しており、人民解放軍による戦略に関する文献や研究は、明らかに彼らが「衝突の形態や性質を変化」させようとしていると分析している(太字強調は編集部):

・2010年の『製生權戰爭(簡体字:制生权战争)=生物学的優位性のための戦争』の中で、中国人民解放軍第三軍医大学の郭継衛(簡体字:郭继卫)教授は、将来の戦争において生物学の影響力を強調している

 

・2015年、軍事医学アカデミー(Academy of Military Medical Sciences)の当時学院長だった賀福初(簡体字:贺福初)は、生体材料から「脳を操る」兵器にいたるまで、生命工学は国防にとって新たな「戦略的に(有利な)眺望の高み」となるだろう論じている。賀福初 少将は、この後、チャイナにおける軍事科学活動を主導している軍事科学院の副学長に就任している。

 

・2017年に張仕波(簡体字:张仕波)が執筆した書籍の中で、生物学は、7つの「新たな戦闘領域」の一つであると議論している。張仕波は、退役将軍であり、国防大学の元学長。同氏は、「近代の生命工学の発展は、徐々に防衛能力としての特質を強力に示すようになっている」と結論づけており、その中には「特定の民族の遺伝子を攻撃する(特定種族基因攻擊=簡体字:特定种族基因攻击)」可能性を含めている。

 

・人民解放軍の国防大学(比較的権威があるとみなされている)が出版した教科書、「戦略学(簡体字:战略学)」の2017年版は、軍事的格闘の一つの領域として生物学のセクションを初めて掲載した。ここでも同様に、「特定の民族の遺伝子への攻撃」を含む新たな生物戦争の可能性について言及している。

 

特にチャイナは、CRISPER(クリスパー)技術を使った人間の遺伝子編集に多大なる労力を費やしている。すでに12件以上の臨床実験が行われていることが知られており、その一つは、中国人科学者である賀建奎(He Jiankui)博士が行った、「HIV/エイズに免疫を持った」遺伝子操作されたヒトを複製(クローン)するというものがある。当然、この実験は世界中で論争を巻き起こしている。

 

2016年には、「人間の能力を増強する技術に関する評価研究」というタイトルがつけられた人民解放軍の博士論文が発表されている。この論文は、CRISPR-Cas(クリスパーキャス)が軍隊の戦闘能力を強化するために利用可能な3つの主要技術のうちの一つであることを説明している。同論文には次のように記されているとDefense Oneは報告している:

この裏付けを行なっている研究は、(睡眠障害の治療薬の一つである)モダフィニルの効果(これは認知力の強化に応用できる)や、一種の脳への刺激である経頭蓋磁気刺激(TMSについて調べている。そして、一種の軍事抑止技術としてCRISPR-Cas(クリスパーキャス)には「大きな可能性」があり、チャイナは(これらを)開発する「イニシアチブを握る」べきであると強く主張している。

 

ジョン・ラトクリフ国家情報長官のオピニオン記事はここで購読できる(有料記事)。

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。