ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

【速報】ネバダ州の共和党選挙人団がトランプ大統領に6票を投じる——しかしネバダ州は別に6票をバイデンにも投じる

ネバダ州の共和党選挙人団がトランプ大統領に全6票を投じる——しかしネバダ州は別に6票をバイデンにも投じる

ネバダ州の共和党選挙人団(Screenshot via Right Side)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/hsxVh (『https://』は省略可能です)

ネバダ州の共和党の選挙人団は、トランプ大統領を勝者と宣言し、トランプ大統領にネバダ州が持つ6票の選挙人票を投じた。

 

しかし、ネバダ州は、共和党の選挙人団とは別に、同州の6票をバイデン候補にも投じている。つまり、ネバダ州は選挙結果が割れたことになる。

 

【訳】速報:ネバダ州の共和党選挙人団は、ドナルド・J・トランプがネバダ州の6人の選挙人票の勝者であると宣言し、彼に票を投じた。

 

【訳】念のため、ネバダ州は別の6票がバイデンに投じられた。歴史(の教科書)の復習を!次に何が起きるか調べてみて。

 

ネバダ州の共和党選挙人団による投票の様子:

 

ミシガン州では、州知事の命令を受けて、月曜朝、州議会の建物を警官隊が取り囲み、州議会議員が入館できない状況が発生していると、カンザス州の元州司法長官であるフィル・クライン氏が語った。州議会議員は、選挙人を選ぶという、憲法で定められた義務を果たすことができない。

 

本日12月14日の選挙人団の投票を受けて、バイデン候補は米国東海岸時間の午後7時30日にスピーチを予定している。

 

しかし連邦議会が正式に選挙人票を数えるのは1月6日。

 

【更新】

同様の事態が他の州でも発生している模様。

【訳】現時点で、私が知る限りでは、以下の州の共和党の選挙人たちはトランプ大統領に票を投じた。

 

・ネバダ州(6票)

・ペンシルバニア州(20票)

・ジョージア州(16票)

合計42票の選挙人票

紛争になっている。

連邦議会が決定する。

274票、対、266票でトランプ勝利の可能性あり。

ミシガン州は?

ウィスコンシン州は?

 

トランプ大統領は、大規模な不正選挙が行われた州で、その不正に基づく選挙結果を認定することは違法であると警告している:

【訳】大規模な不正選挙が見つかったスウィング・ステート(接戦州)——その全てで不正選挙が見つかった——は、これら票を完全で正確なものとして法的に認定することはできない。そうすることは、深刻な罰則が伴う罪を犯すことになる。死亡した人々、投票年齢に達していない人々、不法移民、偽造された署名(を行った人)、囚人(の多くが違法に投票したことを)誰もが知っている。

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。