最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

トランプ元大統領は2022年に下院議長になりカマラ・ハリス大統領を弾劾する?

トランプ元大統領は2022年に下院議長になりカマラ・ハリス大統領を弾劾する?

資料写真:Photo via Flickr

この記事をシェアする

トランプ政権でホワイトハウス主席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏、彼が司会を務めるネット番組War Room: Pandemicの1月21日(木曜)配信分で、番組に出演したローガン・オハンドリー氏がトランプ元大統領の今後の動きを大胆に予想した。

 

オハンドリー氏は、この期待を込めた予想を、ツイッターにも投稿している:

【訳】オーケー、これはクレイジーな考えだけど、聞いてくれ・・・

 

トランプは2022年にフロリダ州から下院議員に立候補する

 

レッド・ウェーブが起き、共和党が多数派を占める

 

トランプは、下院議長に選任される

 

ボン(爆発音)、こうして彼は連邦政府の一つの府(立法府)を再びコントロールすることになり、カマラを弾劾することができる

 

最高の部分は?

 

彼はそれでも2024年に大統領選挙に出馬できるということだ

 

【訳】

1.トランプはフロリダ州で下院議員に立候補する

2.レッド・ウェーブ ― 共和党が下院と上院で過半数を占める

3.トランプは下院議長として選任され、テッド・クルーズが上院院内総務に

4.バイデンとカマラを同時に弾劾

5.両方とも罷免される

6.下院議長が(大統領、副大統領に次いで)3番目の地位。つまりトランプ政権は2023年に始まることになる

 

スティーブ・バノン氏も、トランプ氏がフロリダ州から下院議員に立候補する案に賛成している。

 

この時の番組はここで視聴できる:

 

 

 

 

 

 

 

Gab(ギャブ)でフォロー
この記事をシェアする
error: コンテンツは保護されています。