オールドメディアが伝えない海外のニュース

【続報】「ジェフリー・エプスティーンは絞殺された」と有名な法医学専門家がテレビで証言

「ジェフリー・エプスティーンは絞殺された」と有名な法医学専門家がテレビで証言

有名な法医学専門家で、ニューヨーク市の元検察医でもあるマイケル・ベイデン医師が、今週水曜、テレビ番組のFox and Friendsに出演し、ジェフリー・エプスティーンの兄弟による依頼で彼が行った検死の結果、首吊りによる自殺というよりも絞殺による他殺を示す一貫した結果が得られた語った

 

司法省のウィリアム・バー長官は、エプスティーンの死因は「明らかに自殺」と説明しており、ニューヨーク氏の正式な検死結果でも自殺と発表されている。

 

エプスティーンの兄弟により依頼を受け、検死に参加したマイケル・ベイデン医師は、エプスティーン(当時66歳)には彼の咽頭(喉仏)の左右両側に合計2箇所の骨折があり、喉仏の上部にある舌骨の左側にも1箇所の骨折があったと語った。

 

「首吊りによる自殺でこれら3箇所に骨折が起きるというのは非常に稀です。むしろ、絞殺による他殺で、より頻繁に発生します。骨折した箇所に接した、首の柔らかい組織の中で目立った出血が起きていることは、首を圧迫したことが死因である可能性を示す証拠です。私は50年のキャリアの中で、首吊りによる自殺のケースでこうしたことが起きた事例を見たことがありません」と、85歳の伝説的検察医であるベイデン医師は語った。

 

しかし、ベイデン医師の見解は、ニューヨーク市の主幹検察医であるバーバラ・サンプソン医師の検死結果と真っ向から対立する。サンプソン医師は、エプスティーンの死因は首吊りによる自殺であると結論づけている。

 

公式の検死結果について、ベイデン医師は次のように語っている:

 

これ(サンプソン医師による公式発表)は間違いであるように見える。他殺である証拠があり、これが本当に他殺なのかそれともそうではないのかを判断するために捜査されるべきだ。

 

ジェフリー・エプスティーンが今年再逮捕された時から、彼を取り巻くスキャンダルが全て明るみになる前に、彼は暗殺されるだろうと多くの一般市民やメディアが予言していた。ニューヨーク市の主幹検察医による早急な「自殺」という判定も、単なる「間違い」と言い切ることはできない。

 

ベイデン医師が出演したテレビ番組はここで視聴できる:

 

Photo via FOX News

 

【関連記事】

【連載】エプスティーン事件Part 1:司法と政界を揺るがす全米史上最大のスキャンダルに発展か

【連載】エプスティーン事件Part 2:単なる性的搾取事件ではなくスパイ事件

エプスティーン被告、NYの留置場で自殺

 

 

 


最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: Content is protected !!