オールドメディアが伝えない海外のニュース

LCCのノルウェー・エアシャトルが4000便を停止し社員の半数を解雇すると発表:未曾有の利用者減少に苦しむ世界の航空業界

LCCのノルウェー・エアシャトルが4000便を停止し社員を半数解雇:世界の航空業界が未曾有の利用減で存続の危機

ノルウェー・エアシャトル(Photo via Pixabay)

アメリカのトランプ大統領が、欧州26か国から米国への渡航を全面的に30日間停止すると発表してから一夜開け、ノルウェーのLCC航空会社であるノルウェー・エアシャトル(Norwegian Air)が、4000便を停止し、少なくとも半数の社員を解雇する発表した

 

ノルウェー・エアシャトルは、5月末までに長距離便の40%を運行停止にし、短距離便の最大25%を運行停止にする決定を行った。

 

ノルウェー・エアシャトルのCEOであるジェイコブ・シュラム氏は、次のように語っている:

 

これは未曾有の状況だが、当社の最優先事項は、引き続き当社の顧客と社員に対して寄り添う姿勢と安全性を提供することだ。

 

この新たに導入される制限(訳者注:米国による渡航制限)は、すでに困難に直面していた状況にさらなる圧力をかけることになった。私たちは、世界各国の政府に対して、航空業界が雇用を守り続け、世界経済の回復にとって重要な一部であり続けられるよう、今行動を起こすよう要請する。

 

世界各国の政府による渡航制限と需要の低迷により、これまでに世界では20万便以上のフライトがキャンセルされている。

 

実際、世界で機体そして空港はガラガラである現状が報告されている。

 

【訳】世界中で、飛行機は実質的に空(から)の状態で飛行している。これは空港の利用枠を維持するために航空会社が行っている対策。

 

欧州の法律では、航空会社は主要空港の利用枠を維持するために最低80%の枠を利用し続けなければ、その利用枠を失うリスクがある。

 

【訳】サンフランシスコ空港(SFO)の職員は、これほどガラガラの状況は9・11以降、見たことがないと語った。

 

【訳】土曜午後、メルボルン空港。かなりガラガラ。

 

【訳】ウィルスと経済をどう考えればいいか?今晩夜7時のラッシュアワー時のシカゴ・オーヘアー空港・・・

 

【関連記事】

2019年、航空業界における倒産発生ペースが「史上最速」

【速報】トランプ大統領が欧州26か国から米国への渡航を全て停止すると発表。米CDCは欧州29か国への渡航を警戒最高のレベル3に:俳優のトム・ハンクスさんも新型コロナウィルスに感染

 

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。