ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ツイッターへ大規模攻撃をしかけたハッカーは36人のダイレクトメッセージにもアクセスしていた|政治家のアカウントも被害に

ツイッターへ大規模攻撃をしかけたハッカーは36人のダイレクトメッセージにアクセスしていた|政治家のアカウントも被害に

Photo via Flickr

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/IWgQm (『https://』は省略可能です)

 

7月15日(水曜)、ツイッターに大規模ハッキング攻撃が行われ、バラク・オバマ、ビル・ゲイツ、ジョー・バイデン、ジェフ・ベゾスなど、100人以上の有名人や富豪たちのアカウントが乗っ取られる被害が発生していた。そして7月22日(水曜)、ツイッター社はこのハッキング攻撃で被害に遭ったうち36人のアカウントで、ハッカーが彼らのダイレクトメッセージにもアクセスしていたと発表した。The Epoch Timesがこれを報じている

 

標的となった130件のアカウントのうち、攻撃者たちは最大36件の(ダイレクトメッセージの)受信箱にアクセスしたと我々は考えている。その中には、オランダの1名の政治家が含まれている。今日までに、他のいかなる元政治家もしくは現職の政治家たちの(ダイレクトメッセージに)アクセス痕跡があったことは一切確認されていない。

 

ツイッターのダイレクトメッセージは非公開コミュニケーション・ツールであり、一般には決して表示されない。ツイッター社は、ハッカーによるダイレクトメッセージへの侵入の痕跡があった具体的アカウント名については公表していない。

 

「他のいかなる元政治家もしくは現職の政治家たちの(ダイレクトメッセージに)アクセス痕跡があったことは一切確認されていない」ということは、ジョー・バイデン前副大統領やバラク・オバマ前大統領の受信箱はアクセス被害を受けていないということになる。

 

ツイッター社は、受信箱へも侵入を許してしまった事実について情報公開する前に、「標的となった全アカウントについて完全な調査」を行ったと語っている。また、同社は各アカウントの所有者に個別に連絡を取るとも語っている。

 

またこの日の発表より前に、ツイッター社は、今回のハッカーたちが8件のアカウントから全てのツイッター・データをダウンロードしていたとも発表している。ただし、これら8件のアカウントは「認証済みバッジ」がついていないと同社は発表しており、つまりそれらアカウントは有名企業の創業者や政治家のものではないことを意味している。

 

FBIは今回のハッキング事件に対する捜査に着手している。ツイッター社は捜査当局に協力していると語っている。

 

ツイッター社は、これまでにも度々セキュリティー上の問題を経験している。2017年には、悪意あるツイッター社員が一時的にトランプ大統領のツイッター・アカウントを閉鎖する事件が発生していた。また、昨年には、ツイッターのジャック・ドーシーCEOのアカウントにハッカーが侵入し、人種差別的なメッセージを複数投稿する事件が発生していた。しかし7月15日に発生したハッキング攻撃は、これまでで最大規模かつ最も大胆な犯行となっている。

 

しかし今回の不正アクセス事件のニュースは、これまでのところツイッター社の株価に影響を与えていない。

 

 

【関連記事】

ツイッター社が「シャドーバン」を行うため利用している社内管理ツール画像が漏洩?|ハッカーがスクリーンショット画像をメディアにリーク

ツイッターが「シャドーバン」を行うことを正式に利用規約に追加

ツイッター社が中共のプロパガンダ活動を擁護|米国務省が特定したチャイナの情報工作網によるアカウントを閉鎖することを拒否

ツイッター社の取締役に新たに就任した中華系AI専門家は『千人計画』に名を連ねる人物か?|ホワイトハウスに調査を要求する嘆願書が提出される

 

 

 

 

 

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。