ニュースレター登録

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ナンシー・ペロシ下院議長、ロシアゲート疑惑のでっち上げに加担したCrowdStrike社に最大100万ドルを投資

ナンシー・ペロシ下院議長、ロシアゲート疑惑のでっち上げに加担したCrowdStrike社に最大100万ドルを投資

ナンシー・ペロシ下院議長(左)と夫のポール・ペロシ氏(Photo via Paul Pelosi's Twitter)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/C1V1I (『https://』は省略可能です)

サイバーセキュリティ企業のCrowdStrike社は、2016年中頃、民主党全国委員会(DNC)のサーバにロシアがハッキングを行い、ヒラリー・クリントン選挙陣営のデータを盗んだと発表したことで世界的に知名度を高めた。

 

それまで知名度のなかったCrowdStrike社が発表したこの衝撃的なニュースは、アメリカ政界に激震を走らせた。ヒラリー・クリントン陣営は、CrowdStrike社の発表を根拠に、ロシア政府がトランプを当選させるためにアメリカ大統領選挙に介入したと非難した。いわゆる「ロシアゲート疑惑」の誕生である。(しかし実際は、ヒラリー陣営が意図的にロシアゲート疑惑を仕組むためにCrowdStrike社を利用していたことが判明している。)

 

アメリカ諜報機関の高官たちも即、CrowdStrike社の発表を支持し、その後、複数年にわたってモラー特別捜査官チームがロシアゲート疑惑について大規模捜査を行った。そして今年1月、トランプ大統領が弾劾裁判にかけられることとなったのは記憶に新しい。

 

* * *

 

次の大統領選挙まで残るところ1ヶ月を切った10月4日、アメリカ民主党のトップを務めるナンシー・ペロシ下院議長と彼女の夫であるポール・ペロシ氏が、この疑惑の渦中にあるCrowdStrike社の株を最大100万ドル購入していることが、資産公開報告書で明らかとなった。独立した調査報道を行なうことで定評があるRealClearInvestigationsが10月9日付けの記事で報じた。

 

この資産公開報告書によると、ペロシ夫妻がCrowdStrike社の株式を購入したのは今年9月3日であり、購入金額は50万1ドル〜100万ドルの間と記載されている。購入時の株価は1株あたり129.25ドル。原稿執筆時の同社の株価は1株あたり143.57ドルに値上がりしている。

 

ペロシ下院議長の広報担当者、ドルー・ハミル氏は次の声明を発表している:

 

ペロシ下院議長は、彼女の夫が行なっている投資には関与しておらず、この投資についても報告義務がある資産公開が行われるまで知らなかった。夫のペロシ氏は私人の投資家であり、一般株式公開されている多数の企業に投資を行っている。下院議長は、下院議会規則および関連する法定要件を完全に遵守している。

 

しかしペロシ下院議長とその家族に汚職疑惑がかけられたのはこれが初めてではない。ペロシ下院議長の息子であるポール・ペロシJr.は、2017年にウクライナを訪れ、Viscoil社の役員に就任しているほか、同社と関連したエネルギー事業会社NRGLabの幹部に就任していたことが既に報じられている。ナンシー・ペロシ氏自身、NRGLabのPR動画に息子とともに出演している(以下の動画)。

 

 

【訳】@OANNは、民主党のドブネズミたちと彼らのウクライナとの関係を暴露した。ジョーとバイデン(バイデン親子)、そしてナンシーとポール(ペロシ親子);家族ビジネスが行われているようだ。

 

「夫が勝手に投資している」という言い訳をしている民主党の大物政治家はナンシー・ペロシ氏だけではない。ペロシ氏と同じカリフォルニア州選出のダイアン・ファインスタイン上院議員もまた、夫がチャイナに対して巨額の投資を行なっている。しかし夫婦の間には「ファイヤー・ウォールがある」とファインスタイン上院議員は発言している。ファインスタイン上院議員は、チャイナのスパイを約20年間も運転手として雇用していたことも発覚しているが無言を貫いている。

 

民主党の副大統領候補であるカマラ・ハリス上院議員もまた、夫がチャイナと巨額のビジネス取引を行なっている一人。偶然にも、ハリス上院議員もまたカリフォルニア州選出である:

大紀元:『カマラ・ハリス氏の夫、中国投資を促す国際法律事務所のパートナー 保守系メディアが問題視

 

* * *

 

2016年当時、ヒラリー・クリントンを筆頭に民主党全国委員会(DNC)がロシアゲート疑惑をでっちあげるためにCrowdStrike社をコントラクターとして採用した経緯については、ここで詳しく紹介している:

【新刊】民主党全国委員会(DNC)はメールサーバがハッキングされたのはロシアの仕業とでっちあげるためにCrowdStrike社を採用|ロシアゲート疑惑の真実

 

 

 

【関連記事】

ジュリアーニ氏、ウクライナ汚職は「オバマ政権の最上位」から起きていたと語る:ペロシ下院議長の息子もウクライナのエネルギー事業に関わっていたことが判明

米ナンシー・ペロシ下院議長は米国史上最悪の政治判断ミスを犯したのか?:トランプ大統領を弾劾する手続きを正式に発表

 

米上院司法委員会は米国民が新型コロナに関してチャイナを訴えることを可能にする法案を可決|「チャイナ・クイーン」の異名をとる民主党のファインスタイン議員は、「チャイナは尊敬に値する国に成長している・・・これは大きな誤り」と反対票を投じる

米国内の反政権勢力が再びトランプ大統領を引きずり落とそうと画策:WSJの記者が批判

 

【論説記事】トランプ政権はディープ・ステートの一掃を始めた|ニューヨーク州のジェフリー・バーマン検事をバー司法長官が突然解任。これと関連して欧州司法裁判所はハンガリーの反ソロス法を無効化し資金洗浄の隠蔽を図る

トランプ大統領は「JFK以来ディープステートの存在を暴露しようとている」|元CIA職員が語る

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。